最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『そして伝説へ』のこと。

 次世代機、次世代機と言われ、三世代。
 すでに歴史の出来事。
 SAGAとは、伝説という意味だ。
 ふさわしい。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「カルドセプトサーガ」に関するお知らせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というわけで公式発表がありまして。
 360ネタとしては非常に盛り上がっており、販売店に回収のFAXが流れ、同ソフトの21歳プランナーが生きる希望をなくすなど、やっぱりみんなにとって大事だったんだね『カルドセプト』というところですが。
 プレイしていない人の意見では、

「そんな不具合だらけでゲームになるのかよ」

 だの

「そんなソフトなのにファミ通で殿堂入りしたのはどうして?」

 だの言われていて、ファミ通のレビュー、そんなソフトに10点満点ってなにをプレイしてんだよ、バンナムから金もらってんの? という結論に達するのは確かに確かになのですけれど……でもここにも、ちゃんと予約して買ってプレイして楽しんでいる私のようなのがいるわけで。
 確かにプレイはじめて10分で気づく不具合の嵐。
 しかし、私の360フレンドに聞いてもらえばわかる(360では許可したオンラインフレンドには、こちらのマシンでなにが行われているかの情報が出ます)。この一ヶ月「Yoshinogiはオンラインです、カルドセプトサーガをプレイしています」の表示が出っぱなしだということを。

「そんな不具合だらけでゲームになるのかよ」

 なります。
 そして私も、逆に一、二時間プレイしただけで、致命的なバグに遭遇していなければ、ファミ通のレビュアー同様、不具合を補って余りある『カルドセプト』の魅力に高得点をつけていたでしょう。ていうかいまでも高得点をつけます。ひどいのは、メーカーの姿勢。たとえば麻雀というゲームのすばらしさが一本の麻雀ゲームソフトのひどい出来によって損なわれても、ユーザーは別の麻雀ソフトを買って遊べばいい。でも『カルドセプト』は。替えがない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

──本当にオンリー360なんですね!

鈴木 仮に『サーガ』以外のシリーズ最新作ならほかのハードでもありえますが……また発売まで4年近くかかっちゃいますよ(笑)。

武重 そのとおりですね。ですから『サーガ』が気になっているユーザーさんには、ぜひ予約特典も手に入れていただいて、長くプレイしていただきたいですね。この作品にはそれだけの自信がありますよ。ぜひご期待ください!


ファミ通Xbox360インタビュー
 鈴木英夫(有限会社大宮ソフト取締役社長)
 武重康平(有限会社ジャムズワーク取締役)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 その唯一のソフトに不具合があるからといって人生のなかで『カルドセプト』に触れないなんて損失以外のなにものでもないと、カルド信者は思うから、不具合があるがゆえに「でも」プレイしてみてと勧めたくなる。販売本数からいって、オフラインのユーザーにまで対応するとなれば(もちろんするでしょう)、バンナム的には赤字確定。怖いのは、これで『カルドセプト』というゲーム自体が歴史から名を消すこと。

「そんな不具合だらけでゲームになるのかよ」

 なります。でも、さすがにフリーズする類のバグに一度遭遇してしまったら、もうプレイはできない。パッチが当たるまで待機中です。そして、今回の公式発表は、そのパッチのリリースが「若干」遅れるというバンナムのお詫びでもあり。ひどすぎる。
 いまいちど、ちゃんと人に勧められる姿で『カルドセプト』の最新21世紀版。出して欲しい。
 回収するってことは直して再出荷するんだろうな。
 『格闘超人』みたいなことにならないよな。
 『カルドセプト』を殺すことは、許さない。
 私が許さない。
 ここまでフトコロ大きく『カルド』を褒め称える私のようなプレイヤーにまで、こんなふうに『カルド』をおとしめる文章を書かせるなんて。「12月中旬」までにはパッチを当てると言うから、まあがんばって発売日に間に合わせたけれどバグが多かったね、でも360だからパッチも当てられるし安心だね、と笑っていたけれど。とりあえずフリーズしないでプレイできるだけのパッチを出す前に、とりあえず「お詫び」って。
 バンナム(発売元)。そしてジャムズワークス(総合プロデュース及び著作権管理)。唯一無二の大宮ソフト(“Culdcept”、“カルドセプト”は有限会社大宮ソフトの登録商標です)、素直に作って出せば褒め称えられる信者を数多く持つゲームを、どうしてこんな姿にわざわざしてしまったのか。
 そして重ね重ね。

 猿楽庁
 (モニタリング、バランス調整、デバッグ)

 今回の仕事、「創る人」と「遊ぶ人」の間に立つ「磨く人」と自認する猿楽庁としては。いったいどういうコメントができるんだろう。ちゃんと磨いてくれていたら、みんなが幸せになれていたのに。今日、おあずけを食らっている私は、だれに吠えたらいいですか?
 早いトコ直してください。

 信じていたのに。

 (Amazonでの販売が止まりました。数十件のレビューが各々の『カルド』への想い、各々の「信じていたのに」に満ちていて、やるせない。もう一度、信じさせて欲しい。それでもやっぱり『カルド』を眠らせず新しい世紀に送りだしてくれたことには、感謝しているのです。許せるように、してください)
  

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/97-dac0934e