最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『XboxOne無線コントローラーを分解する』のこと。



 前回、時代錯誤な旧旧旧型ゲームコントローラーパッドを直すという話を繰りひろげたのでしたが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Xbox360有線コントローラーを修理する』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自己引用。

「かといって、公式は次世代機の優秀で進化したコントローラーの量産に注力していて、現行の旧世代機コントローラーは転売特別価格。リビングの棚には、すでに縦三十センチという異形のXbox Series Xのための敷地が空けてある。いま、新品の旧型コントローラーを買うというのは、あまりに間が抜けているように感じる。」

 その次世代機の詳細も明かされつつあって……というか、みんなが同じことを思って、在庫一掃セールがはかどらないというのも困るという思惑もあってのことでしょう。

 現行Xboxコントローラーは、次世代機でも使える。

 これは明言されている。だから安心して買いなさいと言う。無駄にはなりませんよ、使えますよ。新しいのは新しいので仕様が変更されてボタンも増えることが決まっているのだけれども、ボタンの数が少なくたって使えるのは使えるのだから、安心して旧型を買いなさいよ。

(ちなみに、増えるボタンは「キャプチャ」。現行、画面を撮影するには、「Xboxガイド」ボタンを押してから「Y」ボタンを押して撮影というステップを踏んでいるのが、パシャパシャ撮れるようになる)

 ……いやしかしでもその理屈って、使えないことはないから「安いので」世代末期の商品を買うという処分セールの会場にいる客に向かってなら機能するにしても。いまは世界的なステイホーム強化月間絶賛開催中。商品コントローラーは、軒並み定価よりも高かったりする。

 買うかバカ。

 次世代機でも、いまのが使えるのなら、いまのにやっておくべきことがある。

Xbox1oldC01

 アナログスティックの先が、こんなになる。すべらず、指先にやさしいと、すり切れてボロボロになる。かねあいというのはむずかしいものだ。なににつけても。

 うえの写真は、現行機でもすでに使えない、旧旧旧型コントローラーである。しかしまあ、使えないコントローラーがいくつもあるので、使える部品を寄せ集める作業で肩慣らしをしよう。

 Xbox360エリート・コントローラー。

 分解するために必要なドライバーは、ヘクスローブT8。
 トルクスとも呼ばれる。トルクスドライバーの8ください、とホームセンターで有能な店員に頼むと、真ん中に穴のないのを持ってこられる可能性大。トルクスドライバーの8の、いじり穴つき、と言わないとダメ。いじり穴なんて口にするのは恥ずかしいので、Xbox360エリート・コントローラーを持っていくと恥ずかしくない。「サンロクマルのコントローラーをまだこれからも直して使われるんですか素敵」なんて恋だって生まれること請けあい。

B002SQLDU0

(私も店員なので、これはけっこう本気で書いている。ジャンル問わず、というか、むしろわけのわからないジャンルのいちもつを、十年、二十年、それを越えて手入れしようと持ちこんでくるひとには、もれなく好感を持つ。一歳から抱いているテディ・ベアの目がとれたから似たボタンをさがしに来たひとも素敵。祖母から受け継いだ数珠が悪霊払いの最中にはじけ飛んだから次の戦いでは切れないように紐ではなく金属ワイヤーで修繕したいと相談してくるひとも素敵)

 余談だが、前回、直した有線Xbox360コントローラーは、なんの変哲もないプラスネジで留めてある。

Xbox1oldC02

 それゆえ分解が多発してトルクスネジに変えられたのだろう。そのドライバーもそこらで売っている以上、私は分解するが。おさなごのイタズラを抑止するという意味はあるかもしれない。

 電池ボックスのなか、それもシールの下に、最後のネジがある。

Xbox1oldC03

 シールを剥がしたことによって保証が効かなくなるという仕組み。家電でおなじみ。だったら開かないようにすればいいのに、という気もするが、逆説的には、保証対象外になる覚悟で開けるぶんには勝手にやれというお告げにもとれる。

 ざくっと中略して。
 直った画像。

Xbox1oldC04

 あくまでほかの「ましな」アナログスティックを付け替えただけだから、新品同様とはいかないが。延命にはなる。

 さて、コレふまえて本題。

 現行XboxOneコントローラーを延命するのが目的。
 おもにすり減るのは『Halo』のせい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Haloだけの王道』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 世界を駆けずりまわるゲーム。なので、移動する左スティックばかりが減っていく。

 XboxOneのコントローラーは、まずグリップをパキッとはずす。

Xbox1oldC05

 左右。ネジは使われていない。写真に見える、無数のツメで留まっているので、精密マイナスドライバーなどで、隙間を開けては固定するのくり返しでやがて外れる。パキッと割れてしまう可能性も否定できないが、私はいまのところ、いちども割れたことがありません。私が器用すぎるのか。それともやはり、Microsoft神ドン・フライ(仮名)による開けられたならイジってよし保証はしないけれどもね、との暗黙の表明なのか。

 グリップを外すと、ヘクスローブT8ネジ。そしてもちろん、電池ボックスのなか。シールを剥がしたところにもある。伝統。

Xbox1oldC06

 カバーを取って、アナログスティックは、引っぱると抜ける。

Xbox1oldC07

 ごらんの通り、左スティックは剥げて光って、右スティックは新品同様。だとすれば、左右上下を入れ替えれば、まったくすり減っていない部分がすり減り終わるまで、二倍の寿命を得ることになる。

 このように。

Xbox1oldC08

 左スティックにギザギザが残っている。感動。

 少なくとも、これでしばらくは、最初の写真みたいなズル剥けアナ棒になることはなく、互換性ある次世代機での活躍だってできるかもしれない。

 新しいの買ったら、新しいのを使うには決まっているが。それでも、大事にできるものを大事に使う心意気を胸に抱くひとを私は好きだ。自分もそうでありたい。自分につながったモノだって自分。爪を切ったあとにヤスリをかけない。時間があったらサクッと手入れしておく。できることをできるだけ。

 さあ闘おう。

icon
icon

(現行コントローラーの新商品もまだ出る模様。Xbox Series Xで使えるかどうかを気にする層とは別に、Windowsでも使えますし。そっちの方々にとっては、いま買おうがなんら問題なしってことだ。Windows自体が10で打ち止めという方策は、互換性を気にする文化を消した。同じMicrosoftが、ゲーム機でも同じように行こうと決めた以上、願わくは、消耗する部分は取り替えられる公式の仕様にしていただきたいというのは高望みなのか。いや、交換できる高級機もあるにはあるんだが。ふつうにな。文化としてな。ダウンロードがゲームの主要販路になったあと、自転車のパーツをホームセンターで買えるように、新しいコントローラーの部品を購入できるのがゲーム屋ということになっていてほしい)

Microsoft Store (マイクロソフトストア)




  

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/832-2b4d3a94