最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『下北サンデーズ』の話。

「じゃあ書評の意味がないじゃないですか」
 そんな気もする。
「意味はあるよ。書評は、先行するテクストを材料にした二次的な読み物だ。それだけだがね」


 京極夏彦 『邪魅の雫』

jyamijyami

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 近年の受賞作家は低年齢化のせいなのか妙に老成した冷たい視点を持っていたり、逆に感情の高まりを実際的に過激な暴力で表現する傾向にある──それはあたかも少年犯罪が多発する現代の様相とシンクロする──そういうくだらない文学批判や書評をそこかしこで目にすること、それ自体を嘆かわしく思う今日この頃。文学の最先端が世相を映すのは当たり前のことで、だとすればそれを批判するしかできない書評家の皆さんこそが老いて時代の感覚からずれてしまったがゆえに違和感を感じるのでしょう。一方、その賞と対をなすあれのほうも、なんというか「まだ知らないヒトに教えてあげる」的受賞者が多いと批判されていたりして。

 確かに、京極夏彦の某賞受賞作も「そこかよ」という感じですが、売れているものを後付けでもっと売ろうと受賞させた結果なのであれば、確かにそこだと納得できる。売れているんだから間違いはないんだし。まあ賞与える側としても、危険なくらい尖った超新人とか、すでにそこそこ売れている実力個性派とか、そういうのに冠を与えるのなら意見の一致をみやすいって側面もありますでしょうし。あまりにもジャンルの内部が細分化すると、統一王者とか決めにくくなるもんですからね。昨今の大量繁殖した深夜アニメとか。もうアレとソレとは同じアニメだけれどまったくの別物として論じるしかなくて、どっちが良いとか悪いとかの問題ではない。問題ではないのなら、どっちも放送して気に入った少数派がディープなファンとなり派生するCDやゲームやDVDなんかを買ってくれるのにたよってそれで成り立たせればいい。で、それで成り立つのなら、そもそも優劣なんて決める必要性がない。

 というわけで。
 ヒマだけど本持ってきていないなあ、と思えば出張先や旅行先でもケータイひとつ、パソひとつあれば読み切れない量の小説をそこかしこからダウンロードできるこの現近未来社会において、だれが読んでもおもしろいなんてものは、むしろ毒にも薬にもならないくだらないものなんじゃないかとさえ思ってしまいかねない。統一王者は、ただ単にジャンル内でもっとも破綻しなかった優等生であったりさえするのではないかと思ったり……しません?

 そう考えると、ちょっとアンダーグラウンド要素を入れたジャンプ的、と言われ、実際にコミックバンチや少年マガジンで作品がマンガされたりもする、某賞受賞者、石田衣良なんて人の小説も、確かにものすごく優等生でまとまりよく端正な印象があるけれど──最近、立て続けに石田衣良関連作品に接していて、なんだかすごく私はこの人の作品に肯定的な気分になってきたので、それについて語ってみます。
 こうも数撃たれて、それがことごとく端正だと、かえって奇形な感じがしてくるのですね。しかも愛らしい。人間を肯定して、青春賛歌を歌って、夢を応援し、加齢した女性の肌を褒めちぎり、もちろんセックスもバイオレンスもグロテスクなところを含めて美しく描く。

 つい先日終わったドラマ『下北サンデーズ』が、とても良い出来だったのに9話打ち切りという憂き目にあったことは、裏番組に『渡る世間に鬼ばかり』があったことと関係がないとは言えない。あの時間枠に石田衣良作品の、しかもセックス&バイオレンスなしのまさに直球なジャンプ的作品を置いた時点では、『渡鬼』の視聴層はそもそも『下北』みたいな熱血青春喜活劇など興味がないだろうし、だとすれば『渡鬼』をおそれて他局が勝負を逃げている時間帯に『下北』ぶつければアンチ『渡鬼』層を根こそぎ持っていけるんじゃないかという計算が立てられていたに違いなく──事実、『下北』が始まったところで『渡鬼』の視聴率になんら影響があったわけではないことから、その作戦の半分は的を射ていたと言えるのでしょうが──ただし、あとの半分は紛れもなく読み違えていた。

shimokitashimokita

 原作・石田衣良、監督・堤幸彦。
 『IWGP』の黄金コンビ、再びのタッグ。
 わくわくした──私は単純に歓声を上げて、観て、おもしろくて、打ち切りに憤慨したひとりだったのだけれど。
 ドラマの中盤から視聴率が落ちたのは、あきらかにそういうことだった。

「なにこれ、ぜんぜん期待してたのじゃない!」

 私は、わざわざ予約して待つほどではないが、石田衣良の名前が目についたら買って読む程度には石田衣良を読んでいて『下北』のドラマ化は、まさに『下北』な感じでなんの違和感も覚えなかった。でも、原作ありきでないヒトは。石田衣良が、ジャンプ的弱小少年たちの夢見る日常を描いた『4TEEN』で某賞を受賞した、なんのひねりもない恋愛小説も書く、ときには株相場師の話も書いたりする、むしろAボーイのダメさ加減のほうをこそ愛情持った視線で描く、実は『IWGP』こそが異例的にハードボイルドな作家だということを、承知のうえではなく、新ドラマを観た人は。

「上戸彩、キモっ」

 という感想しか持てなかったことだろう。
 ドラマが良い出来であるかないかということよりも前に、あまりにも「石田衣良&堤幸彦」ブランドに期待したモノとはかけ離れていたはずだから。

 4teen

 『4TEEN』でも言えることなんだけれど、なんというかそのあまりにも嘘くさい美談と、あまりにも情けない主人公たちと、あまりにも役不足で人間としてダメっぽいのに救世主や守護天使の役割を担わされたサブキャラたちが、結局のところ傷を舐めあって励まし合って明日も生きていこうねというような鼻につく物語こそが石田衣良なのであって、リストカットだのスカトロだの包帯少女やペットのスク水少女、垂れかけた肉とか白血病とか夢だけ食べても生きていけるさとか、そういうのを「それはそれとして」こういうシーンとかセリフとかってグッときたりしない? という問いかけの作風こそが。そここそが石田衣良だとするならば。あのドラマはあれでよかったと思うんですが。

 上戸彩はキモい。
 しかしまあそれはよい。
 気をつけておきたいのはDVDのタイトルに「ブルマ」とついているにもかかわらず、その回の上戸彩が履いているのはショートパンツであること。私はドラマを観ながら「ああこれでまた反感かって視聴率が……」と思っていたが、まさか打ちきりになるほどだとは思わなかった。
 劇中で座長を演じる佐々木蔵之介が、大阪で演劇をしていたことのある私にとっては『惑星ピスタチオ』の佐々木蔵之介で、その人は大阪の小劇団からスターダムにのし上がった代表格のような役者なのだが、それが東京で売れない小劇団やっているという設定で演じている(というか佐々木蔵之介が退団したせいで現実のその小劇団は解散に追い込まれたのに、その佐々木蔵之介がテレビで「売れたらおしまいだ」と信念持って演劇やってる小劇団を率いているという……その皮肉)、そういうのも私にはおもしろかったけれど、興味のない人にはキモい目と目のあいだが離れた馬面のロン毛がキモい上戸彩に説教していてなおキモい、というだけのことだったのかもしれない。ブルマも嘘だったし。もう観なくていいやと思ってしまったのかもしれない。まあ結末は見えているわけだ。石田衣良だから。アンハッピーエンドになるわけないので、だったらハッピーエンドなのである。ブルマをはかない上戸彩をどこぞの馬面が説教しているドラマなど観ても、時間の無駄である。そう結論づけられたのかもしれない。

 実際のところ、石田衣良作品はそうだ。
 そうであるということにおいて、あのドラマは良くできていた。
 ありえないまでに良くできた話なのだ。
 ものすごい美談。みんないいヤツ。
 親指立ててサイコーと涙できる人しか観てはいけない。
 『4TEEN』の第一話は何度読んでも呻いてしまう──勃たない14歳の羞恥心8割の苦悩と、ケータイの電源を切る友人たち、聖母のような腐れ女子高生──ブラボー!!
 コミックバンチや週刊少年ジャンプに確かに似ている。
 大衆演劇とか、プロレスとかにも似ている。
 まさに『下北サンデーズ』はそういう演劇界の話であり、石田衣良がプロレスファンかどうかは知らないが、いつかこの人がプロレスものを書けば、ひさびさに中島らものようなプロレス愛に満ちたプロレス小説が書けるのではなかろうかと夢想したりさえする。どっちが勝つかはわかっているが、そこまでの過程でいかに「魅せる」かということに命がけで、客を納得させ酔わす──そういう部分もそうだが、同時に──悪役は、あくまで悪い役の人である、という点も石田衣良にプロレスを感じる理由。

 怪しい人は出てくるが悪人はいない。
 石田衣良作品でどうしようもない悪人というのは、ほとんど『IWGP』シリーズにしか登場しないのである。

 ドラマ『下北サンデーズ』は大衆に支持されなかった。
 でもそれが好きだった私は、もうひとつの作品のことを憂えた。

 『アキハバラ@DEEP』

 すでにマンガ化とドラマ化がされている。
 そして石田衣良作品、初の映画化。
 比べる材料がたくさんあるぶん、石田衣良作品について考えるには絶好のモチーフである。

 というわけで観てきました。
 次回は『アキハバラ@DEEP』を材料にした二次的な読み物と致します。
 とか言って書くのが疲れてきたので先延ばしにするだけなんですが。

 いやでもほんとドラマ『下北』、良いですよ。
 藤井フミヤも良い味出してた。
 たぶん再放送もないだろうからDVDで観てください。
 いっそ深夜枠とかのほうが視聴率とったんじゃないかと思うんだがなあ……

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/83-a1aff291