最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『つよくなる。』の話。




twinkle2019.jpg

 ねがいごと。
 それも個人情報かと、まわりのはモザイクかけた。
 内容的には、

「世界が平和でありますように」

 ダントツ一位。

「推しとつきあいたいです」

 名前も書いてあるようなのも多い。

「家族の健康」

 そういう場合、まず、お礼が述べてある。自分たちがここに在ることに、ありがとうございます。そのうえで、このしあわせが続きますように。

 このあいだ七五三に行った。
 お寺だったので、お坊さん。
 ありがたい注意をくれた。

「ゲーム機をください」

 そう絵馬に書くな、と。
 物欲を神に頼るな。
 というか、ねがいごと、というのは決意を表明するものである。

 そう考えると、平和とか良縁とか健康とか。それらは一種の決意ではある。自分でなにがしかの努力はできる。でも、だとすると。こう書けば許されるのではないか。

「ゲーム機が欲しい」

 神に、くれ、とは言っていない。
 自分で手に入れる決意。

 さて写真の中央。
 息子が書いた。
 ひらがなも少し書ける。
 でもこれは字に見えない。
 訊いた。これなに。
 カタカナの羅列を答えられた。

「ツノが三本あるんだ」

 ……機械生命体のたぐいらしい。
 それも字でなくイラストだった。
 私が聞いてもわからないものを、
 この絵でサンタに理解しろとは酷。
 努力をうながした。

「それがなんなのか、わかるように教えて」

 少し考えて息子は言った。

「本屋さん行ってくれる?」

 行くとも。
 完全に物欲ねがいごとだが、
 結果的に彼は学ぶ。
 他人が理解不能な夢は叶わない。
 具体的にわかりやすく伝える。
 そのうえで願ってくれないと。
 叶えさせる気があっても、間違ったの贈る可能性が高い。
 サンタがな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 正解はこちらでした。

B07XRQ9LP3

 機械生命体ゾイド。
 スティラコサウルス種。
 スティレイザー。
 そう思って見なおしてみれば、十字に見える部分が開いたトサカを抽象化して描いたように見えなくもないが……

 ぜんぜんツノ三本ではない。
 こういうことはよくある。おそらくゾイドの主役機であるツノ三本のライガーが、ゾイドの代名詞として記憶されているのが原因。

B07T4B55QG

「欲しいものの絵を描く?」
「スティレイザーってどんなだっけ」
「ゾイドだから……」

 ツノ三本。

 サンタさんから無事届く。
 私の翻訳のおかげだ。

STYLASER01.jpg

 同じ名前の獣神サンダーライガーが引退した新日本プロレスの新年大会をいっしょに観ていると、今年も間違えている。

「ぼくの好きなジェイ・ホワイト!」

 いやそれ、ウィル・オスプレイ。
 逆もよく言う。
 身長は同じだし、どっちもラグビー強豪国の出身だが、ながらくジェイ・ホワイトは長髪で、ウィル・オスプレイは短髪。大人だとまず間違えない。しかしまあ、言われてみればどちらもジーザス・イエス・キリスト役で主演できそうな風貌ではあるので、彼のなかでは「新日本プロレスの痩せマッチョコーカソイド系選手」ということで記号化されてしまっているのだろう。

 日本人選手では、2020年現在放送中の仮面ライダーが仮面ライダーゼロワンであるという一点によってのみ、プロレスリングZERO1という団体の代名詞である大谷晋二郎が記号化され、その得意技である顔面ウォッシュ(相手選手をコーナーポストに固定して顔をなんども蹴る技)とイコールになっている。結果、プロレスリングZERO1のロゴが大きく入ったブルゾンを着て出てくる選手全員に「ゼロワン! 顔蹴るひと!」という声援を送る。ちなみに大谷晋二郎も、非常に独創的な髪型をしているので、大人はまずほかの選手と間違えることはない。

 前述の、七五三で、絵馬を書いた。
 自分で書くかと訊くと、首をひねる。
 じゃあ書いてやるよ、なに書く、と訊くと。

「ピーたん」

 ちなみに、それは『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に登場する機械生命体ヨクリュウオーの一形態の呼称である。

B07YN5HSQC

 そうじゃない。 
 大きくなったら、なにになりたい?
 
「ガイソーグ?」

B07NGQM5RL

 疑問型で答えるあたり、質問の意図もよくわかっていない。もうひとつちなみにガイソーグもジェイ・ホワイトも、役柄的には圧倒的にヒール。パイプ椅子を振り下ろすジェイ・ホワイトに会場全体でブーイングしているのに、うちの子だけジェイ・ホワイト・ガンバレーと黄色い歓声を贈っていたりする。リュウソウジャーをボコボコにするガイソーグに目を輝かせる。ある種、心配にはなる。

 それはなに。
 ガイソーグのどこが好き?

「つよいやん」

 明確だ。

 というわけで、絵馬には「つよくなる」と書いた。

 強くなりたいのでも、強くしてくださいでもない。
 強くなる。
 そんなの神さまの存在意義がないようだけれど、だれかに宣言すれば実現させる言霊のチカラというのは、ヒト同士でもあるものだし、神さまはヒトと違って、最近メール来ないなあ、とか、こっちから連絡しているのに既読つかないよ、私のこともう忘れちゃったのかなあ、なんて心配がない。

 物欲ねがいごとではない、自分自身へのそれだって、他人にわかるように書けなければ、自分でだってわからない。私は彼の願いを、彼にちゃんと翻訳できたろうか。

 願わくば、つよさとはやさしさである、ということもプロレスとスーパー戦隊から学べ。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/815-bdcc9c3a