最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ダッチオーブンで牡蠣を焼く』のこと。


○材料

殻つき牡蠣 10個

○作り方

 たわしで牡蠣の殻をガシガシ洗いましょう。殻は食べませんけれども。虫とかついていたらイヤじゃないですか。洗えたら、なるべく殻が膨らんだほうを下にして(殻が開いたときに汁がこぼれにくいように)、ダッチオーブンにつめこみます。

 牡蠣以外のなにも入れない。

DutchOvenOyster01

 強火三分。中火で七分。合計十分。

DutchOvenOyster02

 炭火ではなく家庭用コンロで調理する場合、温度センサー解除機能が搭載されていない機種では自動消火されてしまって、強火三分は不可能なことも。そのときはセンサーが作動したところから火を弱めて合計十分でよし。鋳鉄ダッチオーブンの底が、コンロに熱すぎると判定されるほど熱されていれば、ダッチオーブン内部は火を弱めても強火維持されています。

 サイズによって牡蠣の殻が開くものもあれば開かないものもある。といってすべてが、ぱっかり開くまで焼くとなると加熱しすぎ。十分ほどでよいのではないかというのは私の判断です。

DutchOvenOyster03

 手づかみで、ナイフで貝柱を切って開く。
 そのままイッてもよいですし。

DutchOvenOyster04

 レモン果汁、オリーブオイル、タバスコなどで味を足しても。

 ごちそうさま。

 ダッチオーブンの底には、カップ一杯ほどの牡蠣汁が溜まっているので回収。牡蠣殻がまじっているので濾して、炊き込みごはんにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『基本の炊きこみごはん』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回は白米三合に玄米一合。椎茸と昆布ダシなしで、牡蠣汁にしょうゆとみりんを大さじ一ずつ。冷凍中華野菜ミックス刻んだのと、油揚げも冷凍庫にあったのでひとつかみ放り入れた。

DutchOvenOyster05

 朝ごはんになりました。
 残りは冷凍庫に200グラムでラップパックして備蓄。

 ありがとう牡蠣。

 ごちそうさま。

 実は今回、以前に書いた記事の補足的な。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『牡蠣を焼く』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 レシピにしては駄文が長すぎるし、タイトルに肝心の「ダッチオーブン」が入っていない。うちのようなニッチを狙うブログでは、そういうピンポイントな語句こそが重要なのに。つまるところ SEO対策がなっちゃいない。

 2010年一月の記事。
 そしていままさに来ようとする2020年。

 十年前の私が、なっちゃいない。
 なっちゃいないって、なっちゃうならなんになるのか。いやたぶん、なんにもならない。ならないままに十年経って、同じようにダッチオーブンで牡蠣を焼いている。

 この冬は、私の記憶にあるかぎり、もっとも暖房器具が売れていない。あたたかいから。あたたかいまま年を越そうとしてる。海のそばで生まれて、物心ついたときから生で食べていた牡蠣に、火を通すようになったのも、大きなくくりではそういう地球の変化に関係があるのかもしれなくて。

 万物流転。
 なにもかもながれてかわる。

 だとしたら、変わらないことをさがすのもいい。なんであれこの冬も変わらない故郷を味わった。十年前と同じあなたを想いながら、こうやって語りかけている。あなたが、大きく変わったのだとしても。もしかして、もうそこにはいないのだとしても。

 だからなに。
 変わらないものは変わらないで変わらないまま。

 言う。想う。

 よいおとしを。

 愛してる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※追陳

 これを書いているさなか、とある結婚を報じるニュースに触れる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『虫タコスの精神にのっとるトルティーヤ』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ほぼ五年前の記事。彼女は今年、引退してしまいましたけれども、引退されたからこそ、刻が止まった妹麗(まいれい・「妹麗 とかげ」でググってください)な偶像として我が脳内に刻まれた永遠の推し、ムーミン……いや、夢眠いもうと。彼女をめとったのがバカリズムのひとと聞き、まっさきに浮かんだのは、いつかテレビの『すべらない話』で、彼が話したことだった。

「ひとり暮らしのフローリングの部屋で防水のソファに座ってテレビを観ていて尿意をおぼえてあれそういえば服を着たままおしっこってしたことがないなと思ってしてみたらカラダが拒否してうまくできなかったのだけれどそこを越えて服を着たままのおしっこに成功したら逆にカラダがおぼえてしまってたいへんなことになった」

 というような話。

 で、もちろん彼女はその部屋に行って、えーこれがあのテレビで言っていたソファ、みたいな会話はあっただろうし、そういうのをおもしろがってケタケタ笑うひとだから、そうすると次には彼と彼女がならんでソファに座って着衣放尿に興じてほんとだ気持ちいいですねなんていうところも浮かんできて。ひとりで独創的なプレイに悦楽を追い求められるオタク気質なふたりが出逢って理解しあう先にあるだろう相互オナニーに近いふたりだけの行為は秘密めいてそれはそれはすてきな関係性を手に入れましたねおめでとうございますと思いながら、推しが嫁いだニュースにそういう脳内変換で自身のオナニーにしてしまう自分にほとほとほと、と、ため息をつきつつ、いまを迎えているのでした。

 ごちそうさま。

 おしあわせに。

B000PIX0TK


TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/813-5cc474f6