最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『未来的トラック』のこと。


 世の男児の多くがそうであるように、トミカとレゴが好きという個性こそ売り物という個人発信の世紀においてはいささか特徴なく育ってしまっていることを嘆いてもよさそうな情報をもとに、遠方の祖父母が息子に贈ってくれたプレゼントがこれだった。

DodgeCharger01

(レゴブロックの車。後ろのXbox界の不滅のヒーロー、マスターチーフは私の所有物)

 対象年齢七歳以上と書いているものを四歳に送ってくるところが、レゴに教育的なにかを感じているようで祖父母らしい。その意を汲んで、私は手を出さず、設計図の読みかただけを教えて本人に作らせた。

 レゴの設計図では、まず部品をさがし、その部品で小パーツを作るという工程が指示されている。小さなパーツをいくつも指示通りの数、作って、それを最終的に組み上げるという流れの繰り返しで完成を目指す。しかし四歳はこらえ性がない。ドアのようなパーツができると、車体にくっつけたがる。説明書の工程に添うならば、左右のドアができてから、座席を組み上げ、ドアをつける。当たり前だが、ドアを先につけると作業がとどこおる。

「設計図の通りにやりな」

 家電や組み立て家具も売る稼業の私なので、電話口で、部品がたりないだの、写真の形にならないなどというかたの相手で半日くらいが過ぎる毎日。そういうひとたちの99パーセントは、取扱説明書というものが存在していないかのようである。会議に会議を重ね、こういう手順でおこなえば猿でも作れますよと書いてくれている設計図を、行き詰まってもなお見ない。そんな大人にだけはなるなと、組み立てを勝手にはしょるなということを教えていたら、なるほどこれは小学校で必須になったというプラグラミングのそれだと気づいた。あれがそうなってこうなるからものごとは動く。レゴで好きなものを作る前に、パッケージ写真通りの車を作ることで、きっとカラーボックスの後ろの板が入らないとクレームの電話をかけるような大人にならないで済むのだとしたら、レゴは偉大だ。売れるわけである。

 それにしても。いまになってこれか、と思った。
 二十一世紀の子が組み立てているのは、二十世紀にマッスルカーと呼ばれた車。これはきっとアレだ。シリーズ新作が公開されるたびに、トイザらスでホットウィールが並んでいるのを見る。

B07ZPV1SSG

 映画『ワイルド・スピード』(原題『The Fast and the Furious』)。

 ミニカーが売れるのだからレゴも売れる。この黒いマッスルカーは作中でたびたび登場しては炎上大破もする車。二十一世紀に教育的レゴブロックとして新発売されたのも、映画からの知名度であろう。ただしそのことを、さだまさし好きの韓国ドラマ好きである祖父母が知っているとは思えない。息子はどうか。

「ワイルド・スピード、観たことある? この車も出てくるやつ」

 いっしょに観た記憶はないが、妻の録画フォルダに入れたことはある。妻と観ているかもしれないと思ったが、どうもぴんと来ないようだ。

 で、観た。

 いまレゴで作った車が暴走しているのだからウヒョーとなったのは当然だが、ダッジ・チャージャーが活躍するし、飛行機も出てくるということで息子を興奮させようとセレクトしたのが第七作『ワイルド・スピード SKY MISSION』だったのがいけなかった。

B01AN5NVI4

 のっけからドウェイン・ジョンソンが出てくる。プロレス好きなので、強く紹介せずにはいられない。

「ロック様です。このひと、プロレスのチャンピオン」
「チャンピオンで警察なん?」

 フィクションとノンフィクションが並列いまだ。「チャンピオンで警察なん?」のフレーズは映画『バンブルビー』のジョン・シナを紹介したときも言っていた。警察と軍隊も並列らしい。けっきょく、観終わって、ロック様の立ち位置を説明することになり、なんどもチャンピオンベルトを獲っただけでなく、怪獣とも闘ったことがあると言ってしまったがために、それも観た。

B07MZTC9KY

 『ランペイジ 巨獣大乱闘』。恐竜も好きなので、尻尾がハンマーのようになったワニ怪獣と、ロック様が闘うのに大興奮。

 しかし視聴後。特典映像で、ロック様が映画の原作について語り出してしまった。 

 『RAMPAGE』は、二十世紀のゲーセンでピコピコ動いていたゲーム。ファミコンやプレステでも出たが、当時でもマニアックな部類に入り、そうとうゲーセンに入り浸っていた私も、はっきりプレイしたかどうかを思い出すことができない。

「これやりたい!!」

 ロック様に勧められ、息子がわめくが、現状、家でさくっとどこかからダウンロードする手段はないし、あってもたぶんしないし。むかしのゲームなのだよとなだめることしかできず、いまだ彼は、やりたいのに、とグズっている。

 とある車のレゴから、めぐりめぐってひとりのレトロゲーム愛好者が生まれたという顛末。こういうことが、大人になって歯止めなくファミコンのカセットを集めるというようなことの発端になる。しかしそれも運命。少なくとも私の息子である以上、ロック様からランペイジへの接触は、避けて通れない事故だった。

 という長い前置きを踏まえて。 

B07FNW8PGR

 レゴで作るマクラーレン・セナ、という商品があるのだが、それがXbox Oneのゲーム『Forza Horizon 4』に、まんま登場する。

 

 それを記念して今年の世界最大ゲームの祭典E3で、実物大のレゴ・マクラーレン・セナをマイクロソフトは展示してみせた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

LEGO McLaren E3 - Google 検索

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 検索してみるとわかるが、それを興奮気味にニュースにしていたのは、ゲームニュース界隈よりも、車好きたちの界隈。

「ヒトが乗れるレゴのセナやってさ!」

 レゴのもレゴでないのも、まるで実写映像のように再現するXboxの代表レースゲームブランド『Forza』に、テレビゲームの進化に無頓着だったリアル車好きを結びつけるという、いやらしいマーケティング。車好きだからこそ、本物のマクラーレンのスポーツカーなど、指で触るのも躊躇するところを、もちろんXboxワールドでは、公道を走らせまくって映画『ワイルド・スピード』ばりに、壁に激突もさせまくって、超高級車をボコボコのベコベコにするのもまるで実写のごとく。違った嗜好が目覚めてしまった世界の車好きたちも、いたことでしょう。

 ひるがえっての私。
 ゲーマー寄り。
 それが、モーターショーのニュースを見て、その車のことをもっと知りたくて、オリジナルの配信動画をググった。

 トラックはみんな同じに見える。
 違うのがあってもいい。

 2019年11月21日、テスラがEV(電気自動車)ピックアップトラック『サイバートラック』を発表したとたん、同社の株が急落した。

 世界に向けて新車をライブ配信で発表したらブーイングが飛ぶとか、なかなか聞かない出来事である。

 公式サイトが日本版まである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cybertruck | Tesla

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 すごいことだ。サイトから、すでに予約可能。コンセプトカーでもなければ、未来予想図でもなく、近日中に、これの実物を売って公道を走らせる気なのである。

 セガの『バーチャレーシング』をゲームセンターでプレイしていた私に、めまいをおぼえさせる。



 テレビゲームの映像が実車を映したかのように進化して、現実と仮想のつなぎめがあいまいになるという感覚は昨今、よく味あうものになったけれど。

 まさか、逆に現実の車が、それも実用車の極みであるトラックが、昭和のポリゴン・ゲームみたいなデザインで売りに出されたことによって、ボーダレスを感じようとは。てっきり近未来で、ヒトの乗れるドローン的なものがタクシーとして認可されるなどという的な、わかりやすく「きちゃったよ未来!」なニュースで感じるはずだったものを。

 そういう投資家が多かったのだろう。
 いやいや未来ってコレ?
 爆下げ。

 非常に気になる点として、どう見てもこのトラック、サイドミラーがない。アメリカの法律でも、それでは公道を走れないはず。

 今年の仮面ライダーのバイクがそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『仮面ライダーゼロワンのオートバイ』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ゼロワンの乗るバイクは、近未来的デザインの実際に売っているバイクなのだが、番組ではそこからさらに特徴的なパーツを「取り外す」ことで、人工知能がテーマの未来コンセプト仮面ライダーにふさわしいそれに仕上げている。

 公道では走れない。

 後ろを見るミラーがなくても、電気自動車なのだし、カメラがついているということだろうか。最近では、そういう車が他にもあるが、それらの車種も、カメラはサイドミラー型に出っぱらせている。日本の国土交通省もすでにカメラを使用してミラーレスの車を売ることは容認しているが、そのカメラは従来のミラーの位置に取りつけなければならない。そうでないと車検を通らない。走ると違法。

 法律を変える気でいるのか。

 ミラーがなくても後ろが見えるのに、ミラーの位置に出っぱりがないとおかしいというのはおかしい、という議論が技術の進歩によってなされる。そういうことをいえば、このトラックが直線的なデザインなのは意識してポリゴン・ゲームのようにしたわけではなく、頑丈さを追求して、ボディを凹まないステンレス製にしたので、曲線加工が難しくて、やむなく折り曲げたデザインなのだそうだ。実用的な理由にもとづくのである。

 そういうものかもな、と考えたりする。

 なにかこう、見るからに未来的なデザインで埋め尽くされていく都市を想像しがちだが、ドラえもんの未来で、どこでもドアがあるのに車が飛んでいたり、人間が移動するためのチューブ通路が張り巡らされていたりするのはナンセンスである。

 むかしはなかった技術で、冬は発熱素材、夏は冷却素材の服を着る。そのうち、だれもが季節でデザインの変わらない全身タイツで生活するようになったら。ファッションなどというものは必要とされるだろうか。だれもがデジタルデバイスを持っている時代に、あえて腕時計をするのは、いまでも充分にファッションとしての意味しかなくなっている。

 技術が進みに進んで、シンプルも極まってきたら、それって結局、太古のむかしに、人間が裸で共同生活していたころの感覚にもどって、腰のラインが素敵とか、腕の太さが頼れるとか、もっと単純に、笑顔がすべてとか。

 そんなことになりそうな気もしてくる、カッコいいのかカッコよくないのかよくわからないけれど株価は下げた未来トラックを、私は嫌いではないなあ、と思いつつ。

DodgeCharger02

 『Forza Horizon 2 presents Fast & Furious』で疾走する私。Xbox360時代のソフトなので、実写のごとくとはいかないけれど。パッケージ販売されていないし、ダウンロード販売も現在では終了。映画『ワイルド・スピード』ファンなら、プレイしてみたいでしょう? 私はいまもプレイできる。

(と煽ったところで、だれかにダウンロード権を売ったり譲ったりはできない。二十世紀なら物理的に存在するゲームソフトを、どこのだれに高値で売りつけるかと画策できるところだが。これも技術の進歩でシンプルになった結果のひとつ。おもしろいようなおもしろくないような)

B07Y8KJBWL



TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/809-db70601f