最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『WMP11ベータ2とXbox360』の話。

 豆知識、ポン菓子製造器にインスタントラーメンを入れると、膨らまずにそのままの大きさで消し炭のように焦げて出てきます。豆類もダメ、圧力かけてもポップコーンにはならないんだね。乾燥うどんは素晴らしく膨らみます。ラーメンは膨らまないのにうどんは膨らむのはなぜだろう。麺に含まれるデンプン質量の違いなのかなあ。パスタもカリカリした硬質感ながら膨らむんですね。奥深し、加熱と圧力の不思議。

 いや、いま同じモニタのなかで『タモリ倶楽部』を観ながら、これ書いているんですね。かように私の日々はモノ書くPCのハードディスク空きを動画保存に使っていたりするため、観ては消すの繰り返し。リビングのメイン動画記録装置は東芝のRDシリーズで、PCとはLANでつながっているのですが、なにせRDからPCへは動画を動かせても不可逆。結果としてHDD空き容量があるので動画の置き場に使っていたはずのPCで、動画消費もせねばならないことになってゆくわけです。

 我が家のリビングにXbox360がある。あきらかに私がゲームをするよりも、妻がMP3音楽再生機として使っている時間のほうが長いというくらい、マルチメディアプレイヤーなマシンが。

 で、喉から手が出るほど欲しいのは「Windows XP Media Center Edition」。
 これをPC側に導入すれば、PCのハードディスクに溜まった動画をLAN経由でリビングのXbox360で再生可能。だったらこれだけ360サイトが乱立するなか、なぜにググってもその機能を活用している人がそこら中にいないのか。
 それもこれも、「Media Center Edition」がマイクロソフトの公認したメーカー製マシンにしか搭載されないからである──Xbox360を自作している人はいないが、PCは人により千差万別、だれにも彼にも「Media Center Edition」を渡して、360リペアセンターに「動画再生できないじゃんっ」というクレームが殺到することを防ぐため、マイクロソフトは事前にきっちりスペックを確認したガチガチの動作検証済みマシンにだけ「Media Center Edition」の搭載を許可することにしたのである。

 で、いま360ユーザーが喉から手が出るほど待ち望んでいるのが「Windows Vista」。マイクロソフトの明言することに、次世代Windowsでは成熟した技術によってどんなPCでも「Media Center Edition」と同等のLAN内ファイル共有ができるようになる。

「06年中には!」

 と思っていたらのビスたんの発売延期。
 マイクロソフトも、待たせてゴメンねと思ったのかどうなのか。
 まあとりあえず、ここまでは出来ているんだと公開されたのが、

「Windows Media Player 11 Beta1」

 ベータ版である。
 にもかかわらず、こいつはインストールするとしっかり現行「10」に上書きされてしまうので、公開時には被害者が続出した。私も導入した友人のマシンに触れたが、ひどいものだった。デザインこそ洗練されているものの、あきらかに「10」よりも、もっさりと動く「11」。まさしく試験運転それも初期の状態だったのだ。
 期待していた「Media Center Edition」同等の機能も、実装されていなかった。

 時は経ち。
 先月の末日。

「Windows Media Player 11 Beta2」

 ついに公開。
 「Windows Media Connect」もバージョン2で360対応になって音楽や静止画のLAN共有は出来るようになったし、もうビスたんもすぐそこに見えているのでどうでもいいってなものだが、やっぱり公開されたとなると使いたくなるのが人のサガ。で、ググって見る(いま『タモリ倶楽部』では「グーグルアース」をいじっている。日本のなかの日本、大阪の昆陽池が「犬みたい」だと盛り上がっている(池のなかに日本列島の形の人工島があるのだが、水が干あがってまあるい日本列島になっているのだ)。うちの近所だ。実に世界は狭くなったものである。ところでグーグルアースを最初触ったときって、自宅の次に北朝鮮を見てしまうよね。世界中どこへでも行けるのに、そんな場所が気になる。嫌な世界)。
 「Beta1」で懲りたのか、さっそく使ってみた、的な人も少ない。みんなそうなのだろう。そうだ、知りたいのは一点。360との連携はどうなった? どうやら動作も軽くなったようだし、「Beta1」で省かれていたLAN内ファイル共有は実装されているようだが……

 で、あなたもググってここに来たわけだ(笑)。

 (余談。グーグル本社が先日「google yoshinogi(ヨシノギをググる)」というような、グーグルの社名を動詞として使うケースを厳重に取り締まる意向を明らかにしていたが、どうも日本では日本語で「ググる」と書くのを取り締まったりはしない方針らしい(いまバラエティー番組としてはじめてグーグル日本本社に潜入している『タモリ倶楽部』のなかでも、グーグル社員自ら「ググって」と言っている)。ていうか英語みたいに社名をそのまま使っているわけではないので商標の侵害だのなんだの言えないだけかもしれませんが。しかしまあ検索=「ググる」となった昨今では「ヤフーでググる」なんて表現も意味が通じますからね。腹立たしい気持ちはよくわかる)

 結果。
 「Windows Media Player 11 Beta2」側に機能は実装されているものの、360側が対応していない──まるで意味がない──が正解。360では音楽と画像に関する限り、PCにアクセスするという操作ができるが、動画では「Media Center」という記述。つまりそれでは「WMP11」を認識できないのだった。

 で「注: Windows Media Player 11 Beta 版 はプリリリース版ソフトウェアです。ベータ製品のためマイクロソフトからの正式なサポートの対象外です。」という記述がある限り、マイクロソフト純正マシンである360に、ベータ版を認識するアップデートが行われる可能性はない。結局、製品版リリースを待つしかないってことさ。徒労だった。

 しばらくは私にとって純粋にゲーム機であり続けるXbox360。
 というわけでもないが、やっと発売にこぎ着けた↓予約しちゃった。
 どうせ買うなら、このトランプ欲しいでしょう。
 年末、XboxLiveで一緒に遊びませんか?

culdceptsaga

 ところで近日発売の、一見お得感あるコレ。

コアシステム

 新旧二代のXboxを並べて飾る生粋の凶箱人な私から言わせてもらうとね。

360

 ついてくるソフト二本に魅力を感じるならともかく、そうでなくて『ブルードラゴン』やりたいなあ、とかいうなら、絶対にハードディスク付の無線コントローラ同梱版を買ったほうがお得です。セーブするためのメモカ64MBで3000円。

純正

 ↑37000円。
 コアシステム+メモカ=33000円。
 メモカ64MBに対しハードディスク20000MB。コアシステムは廉価版じゃない。そもそも、マニアが二台目三台目として改造するための筐体(むろんマイクロソフトは明言しないが)。あと値段のインパクトを「魅せる」ための商品。賢い消費者はちゃんとハードディスク付を買うべきです。それ以前に、毎週落ちてくる新作ゲームの体験版やムービーがもったいない。ハードディスクないと初代Xboxのソフトがプレイできない。さらに声を大にして言いたいのは、ハードディスクに最初から入っている『Hexic HD』。テトリス作者の落ちモノパズルですよ、ほんと猿のように熱中できる。コレ、ダウンロード販売やってないので、コアシステム買っちゃうと一生遊べない。もったいないも極まっている。

 ああ……またマイクロソフトの販促活動をしてしまった。
 でも、ほんと使えば使うほど、何度か調子悪くなってなお、愛着が深くなる良いマシンです。だけど圧倒的に国外で売れているので、Liveにつないでもガイジンさんばっかりなのが寂しい(それでも困ることなんてないですけれど。一緒に戦場に赴くのだって、ライトとレフトとカモンとハリアップの意味さえわかっていれば、残りの怒りや喜びなんて感情は言語の壁を越えて伝わるものです。360で実感した。人間という種の根っこのところは人種も国籍も関係なく一緒。当たり前のことなんだけどさ、肌で実感できるってやっぱスゴい)。

 「Windows Media Player 11 Beta2」で360動画再生が出来るようになったら買おうかなとか思っていた人がいるかどうかは知らないが、もうここまで来たらそこに見えている未来だし、いいじゃん。
 そんなことよりも一緒に遊ぼう。
 つながりましょう。

 今日も吉秒はXboxLiveで、あなたを待っています。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/78-181c6955