最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ハッピーセット電池交換』のこと。




HappyMealKamenRider00

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Happy Meal

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というのが英語公式サイト。
行ってみると、いまもらえるオモチャは映画『バンブルビー』絡み。
いかにもアメコミデフォルメなアクショントイ。
ちなみにこのあいだのは、DCジャスティスリーグ。
スーパーマンのフリスビー。
バットマンの潜望鏡。
渋い……
いっぽうで日本のは。
ハッピーセットと呼ばれている。
日本マクドナルド公式はこちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハッピーセット 本・おもちゃ紹介 | ファミリー | McDonald's Japan

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レゴブロック互換ミニカー。
くまのがっこう文房具。
健全……
日本の次のラインナップは。
ルパンレンジャーVSパトレンジャー。
HUGっと!プリキュア。
これがいかにもジャパンだ。
キャラクターヂカラだけで圧す。
仮面ライダーもスーパー戦隊も向こうとちがってるのは、造形がリアルなこと。
作りはいつも同じ。

「うでがうごくよ!」

「ぶきがとぶよ!」

そしてピカチュウもドラえもんも。

「ひかるよ!!」

電池が入っているのである。
子育て雑誌では悪名高い、ボタン電池。
飲み込む。
ショートする。
腸に穴があく。
みたいなニュースが毎年。
世界の子供にハッピーを売る彼らが、あえてそういうのを売る。
自信があるからだろう。
まあしっかり閉じてある。
大人でもこじ開けるには特殊工具を必要とする。
つまり。
世界標準として、電池交換を想定していない。
電池が切れたらもう光らない。
そういうオモチャなので。
フリマなどで投げ売られる。
たいてい数十円だ。
仮面ライダーウィザード。
光らないけれどリアル造形。
数十円。
ちょうどそこにハマり中の幼児など連れていれば、ガチャガチャより安いわけで。
買っちゃうよ。
で、買った以上は。
光らせちゃうんだ、これが。
すっげえ面倒くさい。
さすが世界の彼らなのだ。
開けるのも戻すのも、気が抜けない作業である。
で、息子に与えると。

「ありがとー」

と言いはするものの。
格段に興奮度アップなわけもない。
光るだけだから。
光らなくても別にいいのだろう。
いっそ無理に開けば破損する構造ならば。
大人もこうムキにはならないのに。

「電池交換できんやないか!」

というクレーム対策なのは明白。
やってできなくはない。
そのサジ加減が世界標準たる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 電池の話を続けよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『光る靴の電池』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 靴を光らせるのに使用されているのも、おそらくボタン電池だが、樹脂によって封入されていては交換しようがないし、容量がカラになっても、液漏れる隙間もない。

 ところがフリマで買ったハッピーセット玩具。

 アクリル樹脂で封入しているわけがない。だってネジで留めてある。しかしそのことは逆説的に、ボタン電池が大気にさらされているということであり、錆びたり液が漏れたりする可能性があるということだ。ていうか酸素に触れるもの、いつか朽ちるは天命である。

 光らないのはどうでもいいが、ボタン電池はできれば抜いておきたい。

 そこで使用するのが、三角ドライバー。
 マクドナルドのハッピーセット玩具には、プラスでもマイナスでもなく、デルタな凹みの刻まれたネジが使ってある。

 もちろん、そのネジに対応したドライバーのことを三角ドライバーと呼ぶのであり、開ける道具がある以上、ハッピーセット玩具を子供が分解してしまう可能性もゼロではない。だがしかし、このネジを使用していることで、使用者が開ける意思を持って開けた、ことが明確になる。子供が三角ドライバーで開けたにしても、それは一般的でもない特殊ドライバーを子供の手が届くところに置いておいたやつが悪。

 裁判で勝つためのネジといってよい。

 でもあえて開けます。
 そして、これが今回の記事のキモだが、ネット検索をかけると、ハッピーセットの三角ネジは2.0mm、という記事がアホほどヒットする。そして検索して三角ドライバーをホームセンターに買いに行ったものの、肝心の2.0mmが売っていなくて他のサイズは売っていた、というひとたちの2.0mm三角ドライバーを求めるブログ記事が散見されたりする。

(ハテナマークが頭に浮かぶひともいるだろうから補足。たとえば一般的なプラスドライバーにも、先端のサイズがいろいろある。ホームセンターで売っているようなちゃんとしたメーカーのものなら、製品に先端サイズが数字で書いてある。プラスドライバーだと+2というサイズが多い。これがサイズ違いだったり、100均さんのだとそもそもサイズが適当なドライバーというモノもあり、それらで回そうとすると……「プラスネジってすぐナメるぅ」という心当たりのあるかたは、自宅のプラスドライバーの表示を疑ったほうがいい)

HappyMealKamenRider02

 写真の通り、2.3mmを使用している。
 回ります。
 プラレールは2.2mmというのもネットで拡散されているけれど、これも2.3mmで回ります。

 2.0mm三角ドライバー難民のみなさんは、そろってホームセンターに2.3mmのはあったと書かれているのですが、三角ってさ。小さいとスカスカだけれど、大きくても入れば回るので。汎用性の面から2.3mmを置いているのではないかと。現に、我が家に2.3mmよりも小さい三角ドライバーはないのですが、ハッピーセットもプラレールも、三角ネジはすべからくこれで開いた。

 実体験て大事です。

HappyMealKamenRider03

 ネジが取れたのでバラす。
 大人のちからだとバキッといけるが、三角ネジを取りのぞいたあとも、お子様パワーでは解放できないくらいに固い。接着剤も使っている感じがする。しかし、手で開けられる固さではあるから、これもたぶん、証拠物件として解放されたハッピーセットが提出されたときに「我々は接着しておいたはずです。無理に開けたあなたの責任だ」と言い放つためだと思う。出かけるときにはドアに髪の毛かマスキングテープを忘れないというのがハードボイルドのたしなみ。

 案の定というか電池にサビが浮いている。

 細っっっい針金がリード線の代わりに使用されているので、電池のサビがそれをも腐食して点灯不能になるのも近かった。多くのハッピーセットが、屋根裏にうち捨てられたおもちゃ箱の底で、酸っぱい液体を内部から漏れ出してみずからをなかば溶かしていることだろう。『トイ・ストーリー』の新作で、流行のゾンビ仲間として採用してもいいかも。

HappyMealKamenRider01

 ボタン電池を入れ替えてみれば。
 光ったー。

 仮面ライダーウィザードは、最新作ジオウでは過去映像が一瞬のうえになかのひとは後ろ姿で、仮面ライダー観るときは自分も戦っているうちの子も「ウィザード出てこなかった」と言うから巻き戻したくらいで。ウィザード編だったのにウィザード出てこなかったおかげで「これ、これ!」と今回光らせ直したウィザードも、あらためて可愛がられておりました。数十円の玩具でも、ちゃんと姿をしている、ことが萌えを支える。仮面ライダージオウのアーマーシステムというのは、元ネタを知らないとパロディは面白がれないというのをつくづく思わせる。つまり私は面白がっているのだが。あんまり子供は食指動かないようなのでクリスマス商戦が心配。

B00BC9IFPK

B00F4MWI2W

B00ZE9TSC8


TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/758-d645362a