最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『印泥足し油』のこと。




LinseedOil01

ペインティングオイル。
ざっくりした名前だが、おもにリンシードオイルとペトロールの混合物。
言い換えると、亜麻仁油と石油。
まぎれもなく臭い。
おまけにシミになる。
そんなものを瓶詰めて、だれに売るかといえば、絵描きだ。
油彩画に必須。
いろいろな油を混ぜ、自分好みにするひとも多いが、面倒なのでだれもが調合済み油を一本は持っている。
これは松田油絵具さんの。
東京の老舗である。
生まれも育ちも関西な私が、自分でこれを買ったおぼえはない。
しかし私の道具箱に入っている。
だれかにもらったのであろう。
こだわるひとは、気に入らんとひとにあげ、気に入ってもひとにあげたりする。
こだわらない私はなんでももらう。
いや、それにしても。
こいつは完全に変色している。
もとは薄い金色透明な感じのはず。
それにデザインがおかしい。
ググっても出てこない。
私が生まれる前のもののようだ。
そうしてみると。
私が頂戴したときにはすでに、変色していた可能性が高い。あげるほうももらうほうもヘンだ。と、考えてみると。
この瓶のたたずまい……
私は、すごく好きである。
年配のかたのアトリエで、どう見ても使っていない長年放置されて味わい深い見た目。
この外見そのものに惹かれてしまい。
もらった……?
ちゃんとことわったのだろうか。
黙って持ってきたのでは?
あのひとのものかも……
という心当たりは、なくもない。
まったくおぼえていないというのも、自分で記憶を消したのではないのか。
……などと疑って。
好きな見た目なのだけれど、
道具箱に入れてある。
使えない。使わない。
けれど油絵は腐らない。
私が朽ちても。
正体不明のいまは私の所有物。
このペインティングオイルは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 変色しているし、あらためて一枚書き上げようかというには残量も少ないし。使い道がないということもあって棚に飾ってあったのだけれども。

 落款をしるす。

Rakkan01

 かすれている。
 印泥である。
 ラップで表面を覆ってはいるが、この激烈暑。カラッカラだ。ローションがないとキツい。印泥のローションってなんだ。たいていの場合にそれで間に合うパラフィンオイルか。いわゆるベビーローションか。

 ググってみると。
 印泥足し油、なんていうものが密林でも売っている。
 20mlで千円超。
 高価っ高価高価高価高価高価高価高価高価高価高価高価っっ!!
 と千手観音パンチでも放ってしまいそうなほど高価い。

 で、棚に目がいく。
 残り少ないが、50mlくらいはあるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○いじりかた

①印泥をぺろんと容器から剥がしてボールに入れます。
②ペインティングオイルを小さじ1くわえます。

Rakkan02

③硬化具合によりますができるようなら割り箸などでこねます。
④たいていの場合そんなものでやっていてはラチがあかないのですが、すり鉢を使ったりすると細切れにした人体を処理したかのような痕跡が鉢にもすりこぎにもついてしまうので、ラップを重ねてその内部に入れ、指でこねるのがよいでしょう。
⑤容器に戻します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そしてもういちど捺す。

Rakkan03

 まあよいのではないでしょうか。
 ちなみに「匠」の印です。流通しているなにかにこれが捺されていたら、これまでは間違いなく私の制作品でしたが、今回、印影をこの記事にアップしたせいで贋作が世に出回ることが懸念されます。ご購入のさいには、今回の写真の印泥かすれ具合と見比べ、最用心されますこと推奨いたします。

B001TI91VQ

 ※私の環境では、これをなんどもやっていて問題は起きていないのですが、ふつうに考えて、ペインティングオイルは油絵具をキャンバスに固着させるのに使うものなので、モノによって樹脂成分の量が多かったりすると印泥そのものを硬化させる危険性がともなうのではと考えます。新たに購入されるならば、純粋に揮発する油成分のみなテレピン油がよいのではないかと。なんにでも使えるベビーオイルは揮発性に乏しいので、発色はいいかもしれませんが捺印がいつまで経っても乾かずにかすれる、というようなことになるのではないかと危惧します。試してはいないんですけれども。自己責任でどうぞ。


TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/744-78fe0097