最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ヒトはヒフ呼吸をしない』のこと。




WhiteRack

ジェッソが家にたくさんある。
アクリル画の下塗材である。
下地なのでとにかく白い。
そして粗い。
下地というと、なめらかが良い気がするが、画用紙を思ってもらいたい。
つるつるでは絵具がのらない。
そこそこざらざらで、そこそこ吸い込んでくれなくては。

ところで写真は台所の洗剤入れ。
たぶん100均で買った。
ステンレスではない。
アルミニウムでもない。
鉄だ。
それを台所で使う私が間違っているが、すぐ錆びる。
見苦しいし、錆が進んで朽ちても困る。
ペンキを塗ろうと思った。
思って気がついた。
ジェッソがいっぱいあるのだから、
それで塗ればいいのでは。

そこそこざらざら。

汚れやすい。

そこそこ吸い込む。

水廻り使用に向かない。

でも気にしない。
汚れたらまた塗ればいい。
錆もカビもまた塗ればいい。
ジェッソはいっぱいある。
そうしていまも使っている。
あきれるほどにすぐ汚れる。
内側から錆が浮いてくる。
醤油やソースどころか、お茶くらいでも染みこむ。
だからまたジェッソを塗る。
全体にぼてっとしている。
重ね塗るから。
ひどいところはカッターで削る。
そうするとまたすぐ錆色が滲む。
また白く塗る。

ふと。
化粧だとつぶやく。
塗っても塗っても滲み出る、内なる身の錆を隠して、演じるために役者は顔を塗る。
だがしかし、隠しきるならば仮面でいい。
いやいっそ中身を替えてもいい。
化粧にとどめるのは、逆説的ではあるものの、内なる錆が滲み出す余地を残す、そのためではないのか。
捨てられない。
耐水ペンキで美しく仕上げない。

朽ちてくれればいいのに……

つや消しの白をまた塗る。
いつまで続けるつもりだ。
おまえなんか別に、愛しむものでさえない。
ならばなにを愛でているのか。
……惜しんでいるのか。
過ぎた時間をか。
惜しむのにまた重ねているのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

B00XA1Y65Q

 『とかげの月 / 表紙』を見ていただければわかるように、私は暗い画を描くことが多いので、使用頻度はブラックジェッソのほうが多いのですが。

B000XTQJ9E

 白にせよ黒にせよ、ジェッソさんは塗ったら下地の隠れることペンキの比ではなく。そりゃあもう気持ちのよい真っ白真っ黒具合。

 ジェッソはアクリル樹脂エマルションに顔料を加えたもの。余談だがホームセンター系ペンキ屋界隈ではエマルションと呼ぶが、絵描きアーティスト界隈だとなぜかみんなエマルジョンと発音するし表記も濁点がつく。と、書いてしまうとエマルジョンと発音するのがこっぱずかしくなってきたのでエマルションと書こう。エマルションとは、本来まざることのないふたつのものをまぜてしまった白濁液体のこと。ロマンチックかつエロい。マヨネーズである。水と油をちからわざで白濁させてまぜる。

 アクリル樹脂エマルションは、文字通り、アクリル樹脂を水とむりからにまぜたもの。恐ろしい話だ。アクリルですよ? アクリル板のあのアクリル。ガラスみたいなものだ。それを水にまぜる。これにより筆でアクリルをどこかへ塗りつけることが可能になり、水が乾くとアクリルだけが残る。紙に塗れば、紙の上にガラスのようなアクリルの層が残るのである。また余談だが、いまの一文、私のワープロ辞書は「神に濡れ場」と変換した。私をなんだと思っているのか。たとえ「神」も「濡れ場」も私の書くものにとてもよく関連しているにしても、どっちも直接的にはほとんど使わない単語のはずだ。予測変換に悪意を感じる。ATOK、かしこすぎて相棒としての好感度が低い。そこまでかしこいならもう一段階の気をまわせ。

B01MS75YGF

 革に絵を描くときにもジェッソは下地として使われるが、生きている革と呼んでもいいヒトの皮膚にも定着する。先日、両膝を機械に変えるために休場することになった伝説の怪奇派レスラー、グレート・ムタのペイント(最近はほぼマスクのような造形になっていたが)も、リキテックス社のアクリル絵の具だったらしい。彼もまた伝説のレスラー、ハヤブサ選手も、リキテックス以外のアクリル絵の具は目に染みる、とブログに書いていたので、なんらかの成分的な差がアクリル絵の具各社製品にもあるようだ。目に染みないから固定客がつく、ということを狙ってリキテックスさんが開発をおこなったとは思えないが、意外とプロレスラーでなくても、塗料の類を目にツンとこないとか良い匂いとかいうところで選んでいるユーザーは多いのではなかろうか。

 そんなもの肌に塗ったら毒だよと言いたくなるが、かつて舞台役者たちは、純白にしてジェッソのように肌色を覆い隠す鉛入りのどうらん(おしろい)でペイントしていた。鉛中毒でバタバタヒトが倒れても、白の発色がいいからと使い続けたのだった。

 薬屋界隈では有名な話だけれど、ステロイド剤を同じ箇所に使い続けると皮膚が薄くなるという副作用は、ほんの少し前まで、かなり多くのユーザーに化粧品的効能として利用されていた。顔に塗るのである。皮膚が薄くなる。肌色が白く抜ける。血管が透けて見えるほどにだ。毒である。副作用だ。しかしそれでもあえて顔に塗る文化というものがあった。

 肌に塗る毒というニュアンスではまったく違う事例だが、このあいだの探偵!ナイトスクープで、皮膚呼吸しないと死ぬというのは嘘だということを証明するために、首から下を土に埋めて放置されているひとを見た。

 映画『007 ゴールドフィンガー』で、ボンドの倒れている間に全身に金粉を塗られて皮膚呼吸できずに殺されるシャーリー・イートンを思い出す。

B00LSQCCWE

 撮影現場には緊急事態に備えて医師が呼ばれていたそうだが、彼女は一日中、金粉を塗られてベッドの上だったにも関わらず、映画の設定とは違って死ななかった。

 ナイトスクープで土に埋められたひとも死ななかった。

 ヒトは、皮膚呼吸なんてしていないのだ(厳密にはしているがどうでもいいくらいに微量)。

 ただ、ナイトスクープのひとは、尿意をもよおしたが、土のなかではできないことに苦しんでいた。圧力なのかなんなのか。それが事実だとすると『北斗の拳』で、首から下を埋められて、頭に不規則に一滴ずつ水滴が落ちてくるという拷問が描かれていたが、あれだって水滴にイライラして気が狂う前に、おしっこが出ないことで中毒症状を起こして気を失うだろう。

 そういえばシャーリー・イートンも、その撮影の日に関係ないひとが大挙して見学に来たことをなげいていらっしゃった。いや、たぶん彼女が金粉塗料を塗られて死ぬかどうかを見に来たのではなくて、彼女が金色にせよ裸でおっぱいが出ていたからだと思うが。

 見えている皮膚を全部ジェッソで白く塗ったプロレスラーというのは多くいる。彼らはその状態で戦うが非常に元気だ。全裸に白塗りで踊るダンサーも多くいる。むかしから、皮膚呼吸ができなくてもひとが死なないことなどみんなが知っているはずなのだが、007では死ぬ。

 なんの話かと言われると困るが、また汚れてきた白いラックをジェッソでまた純白に塗っているあいだ、私はいつもヒトの肌を塗りつぶすことを考えてしまう。皮膚呼吸を気にする必要はないのだし、あの、『アバター』みたいに。

B00I8GQGT2

 肌を好きな色にペイントするひとたちというのは、なぜ現れないのだろう。それはたぶん、そういう方向性で絵の具を開発しているひとがいないからだ。肌にきれいに定着して覆い隠せて、とある光線を当てると砂のように全身から剥がれ落ちる塗料があれば、化粧品として利用されるにちがいない。

「へえ、今日は全身ショッキングピンクだね、可愛い」

 服の話ではなくて、素肌も全部。
 さあ会議をはじめましょうか、リキテックスさん。

(私はホルベインさんのジェッソの匂いが好きです)

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/731-2d0b0d41