最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『全粒粉トルティーヤと豆サルサソースのタコス』のこと。




Paintacos08

 まずは生地。
 トルティーヤの制作。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○材料

全粒粉 300g
水 200cc
オリーブオイル 大さじ1
塩 小さじ1/2

○作り方

Paintacos01

1. 水にオリーブオイルと塩を入れ、粉を入れます。パサパサして見えますが、パサパサで固いものを作ろうとしているので、こんな感じ(左側が白いのは、ストックの全粒粉が少し分量に足りなかったので強力粉を足した)。

Paintacos02

2. ほらまとまった。こんな程度でよし。発酵させるとかそういう食べ物でもないので、なめらかさなど必要ありません。なじませるために、乾燥防止のラップでくるんで冷蔵庫で一時間ほど寝かせます。

Paintacos05

3. 寝かせ終わったら、適当にちぎって、ラップ二枚で挟んで麺棒でのばします。固い生地なので打ち粉もなにもいりません。できるだけ薄くのばすこと(生地が固くて食べるのがしんどいので)。

Paintacos06

4. 焼きます。両面に軽く焦げがつくくらい。中火。何度も申しますが、固い生地なので、ここでも油はいりません。私は鉄フライパンを使っていますが、くっつく気配はまるでない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 次にサルサソースの制作。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○材料

トマト缶 1缶
ピーマン 1個
玉ねぎ 1/2個
豆 適宜
ニンニク ひとかけ

塩 小さじ1/2
レモン果汁 大さじ1
粗挽きブラックペッパー 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1

○作り方

Paintacos03

1.トマト缶をフライパンに開け、熱しながら実を砕き、半分くらいの量になるまで煮詰めます。

Paintacos04

2.そこへ加えるものたち。材料にはピーマンとありますが、今回は冷凍パプリカを使用。玉ねぎは微塵というより荒く。缶詰のミックスビーンズは、そのまま食べられるものなので火加減を考えずに済む。玉ねぎがシャキッとしているのがいいか、ヘタッとしているのがいいかだけを考えて、一分から五分まで、好きなように煮込んで火を止めます(それ以上煮込むと豆が崩れはじめます。どろっとしたのが好きならかまいませんが)。

Paintacos07

4.あら熱が取れたら、レモン果汁含め調味料群を投入して混ぜ、器に移して冷蔵庫へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Paintacos08

 アボカドと、キャベツの千切り。
 揚げた鶏とニンニク。
 ブラックペッパーを振って、タバスコ。
 あと、テキーラ。

B001TZ8STU

 クリスチャンエラ二千十七年の一月五日。
 つまり、今年の最初の『徒然』は、こういうのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『私のタコス』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自己引用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 正直、豆とか虫とか、彼らの昔話のように、売り物にはならないから我が家で食べていたタンパク質にすぎないわけで。肉があるなら肉でいいでしょう。豆、美味いか? 豆腐は好きだが、トルティーヤで炒めた挽肉を巻くのならば、私は、豆は、いらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 などと書いていて、一年もたたぬ十一月。

「もっさりしたタコスが喰いてええ」

 と、なりました。
 折しも、我領存亡の危機というようなことで、出張に会議というか責任のなすりつけあいというか、だれが嫌われ役になるかというような、そういう胃の痛くなる日々を過ごしているなか。

 胃が痛いのに、刺激物が食べたくなる。
 一種の自傷なのだと思う。

 しかし、心が求めるのはママの味で、でもママがぼくにタコスを作ってくれたことなんて一度もないのですけれど、なんというか、ほらそこのニュアンス。まさに上の回で、私が小説に書いているそれです。

 塩辛いミソスープを飲むとママンを想い出して泣ける。

 的な。たぶんそれって毎日のことではなく、たまたまひどくしょっぱい味噌汁になってしまったときがあったというようなことが、ズドンと記憶には撃ち込まれている。彼とは毎日のようにしまくっていたのに、彼のあれが勃たなかった一夜のことだけを、あの背中こそが彼のように記憶してしまっている、みたいな話。

 つらいと、固いトルティーヤに、豆だらけのサルサソースと、首を斬って焼いた鶏の欠片を包んだようなのが、食べたくなる。食べながら、ちくしょう、ちくしょうと言いつつ、アゴが疲れてきてもちくしょう、ちくしょう、と。

 豆、美味いか?

 違うわ一月のおれ!! 美味いとか美味くないとかじゃねえんだよ、小洒落たレストランの豆腐タコスにタマシイなんかねえと小説のなかでは言わせながら、自分は美味いか美味くねえかなのかよ!! 浅ぇよ!!

 というわけで、言っておきます。
 一月のレシピのほうがだんぜんに美味い。

 それがわかっているのに、年にいちどくらいは私が作ってしまう、豆が入っていて、精製されていない小麦粉を使う、泣きながらアゴを痛めるためのタコスのレシピを掲載した今回でした。

 指の股に塩盛って、生レモンをかじり、ただ酔うために飲み干すテキーラの作法が現すのは、口にものを入れる行為によって自身の肉体がここに在ることを確認せずにはいられないときが人生には往々にしてあるということ。味とか心とか、そんなやさしいものはそんなときどうでもよく、痛めつけるほどにアゴを疲れさせ、喉を焼いて前後不覚にさせてほしい。

 タコスとは軽食という意味だそうだ。それを思うとき、私はいつもゲーム『レッド・デッド・リデンプション』の世界にいる。

Paintacos09

(上の画像は、XboxOneでもプレイできるようになったXbox360の『レッド・デッド・リデンプション』の酒場。XboxOneで動かすにあたり、7GB越えのアップデートを組み込んである。ただ互換させるだけではない互換作業、ご苦労さまです)

 あのメキシコ。砂まじりの風に吹かれて、遠くに銃声を聞きながら、明日の自分の肉体を維持するためのタコスを喰らい、心を静めるためのテキーラを飲んでいる。だから、歯ごたえのあるトルティーヤは、余裕だ。食べる時間が確保できていて、酔いつぶれても生き延びられる状況でないと、口にはできない。それがすなわち生きていることの証明となって、なにを為すわけでもないが、ここに在りはする自分と折り合いをつけられそうな気がする。

 実際どうかは、また別としても。もがくくらいは。笑う真似くらいは。してみないと、荒野をさまよう自分で自分は救えない。

B0060G3SX4

B003VD2RAY

B00NIF0TM8



TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/712-ed5557c0