最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『広島県三次市の名物』の話。





miyoshidoll

三次人形(みよしにんぎょう)。
広島県三次市に伝わる泥人形。
手前の二体だ。
うしろのはどこのか知らぬ。

父には、そういうところがある。
けして人形収集家などではないのだが、妻の生まれ故郷にそういうものがあると聞けば、行って手に入れずにいられない。

うしろのもきっと、祖父母のゆかりの土地だとか、恩師の知りあいの窯だとか、そういうなにかの縁で購入したものだろう。特にそういうものが好きなわけでもないのに、縁で飾り物を買ってくるため、古びた土人形から前衛美術作品までもが壁や棚に並ぶ。

私にはそういう気質がまるでない。
旅行に行っても土産を買わない。
まして土着のなにかを買いに、それ目的で出かけることはない。

実家に帰ったとき、三次人形を見て、女人形の左目が擦れている。それを確認するたびに、幼いときの感覚がよみがえる。

わざわざ三次人形を買いに行った。帰りの車のなかだった。家にもまだ帰らないうちにだ。

私は、その白い女の人形の顔に、触れずにいられなかった。

触れた瞬間、黒は滲んだ。
できたてを買ったのだ。
定着していない塗料が霞んだ。
そしてそのまま定着してしまった。

怒られた。

家に帰ってから父は、補修を考えたようだ。実際、少し、手も入れた様子がある。けれどいまでも、はっきり彼女の目は滲んでいる。

私の指先は記憶し続けている。

あまりにもあっけなく、紙のうえの粉が吹き飛ぶように、人形の左目は台無しになったのだ。

あのころの父の年齢になって、けれどやはり私は、たとえば妻の故郷で、なにか名産品を買ってみたりはしない。そういうのは、よくわからない。

私に幼い日の後悔を幾度となく、見るたびに伝えてくる三次人形は、モノに宿る記憶はあると語る。意味あって在るモノだと思う。だからなのかもと、考える。

想い出の品なんてモノが、家にあふれかえっていたら、こんな想いのパレードになる。

それはしんどい。
よくも彼は平気なものだ。
わざわざ重たい品を増やすなんて。
私には信じがたい。
軽くいたいわけではない。
身のまわりに執着は溢れ、
それらで、じゅうぶん重い。
生きているだけでそういうものではないか。

欠けた器は捨てる性分だ。
そう、逆に、この三次人形が、私に、捨てられないものは買うなと、教育した、たまものだったりする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 三次人形の購入できる通販サイトがあったらば、ご紹介いたそうかと考えたのだが、発見できなかった。

 広島県が直接に三次人形を推していて、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三次人形(みよしにんぎょう) - 広島県ホームページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そこから『BUYひろしま』という広島製のものを買ってみるといいよというサイトにまでリンクが巡らされているのだけれど、そのサイトから、直接買えるわけでもなく、また窯元の公式サイトに行っても、写真はあるが価格の明示はなく、通販もしていない。

 来い、そして買え、ということだ。

 私は大阪在住だが、広島県三次市在住の祖母に、二歳になる息子の顔をまだ見せたことがない。それくらい遠い。なかなかに味わい深い製品であることは認めるけれども、三次人形を買いにという動機だけでいらっしゃいませというのは、強気な勧誘であるのことよのうと感じたりするので、みなさんにはもっと取っつきやすいところからご紹介させていただこう。

 なんといっても、乳団子である。

乳団子    25個入



 正確には三次市に隣接する庄原市が元祖ということらしいが、西日本旅客鉄道のすべての路線の終着点であり、高速バスの到着するのも三次駅で、着いた途端に乳団子しか選択肢がないほどにそれがそこかしこに積まれているので、もはや三次にとっても名物以外のなにものでもない。

 乳である。
 私の幼いころには、祖父母も乳牛を飼っていた。採算がとれなくなって肉牛へシフトしてからの、祖父の私への命の教育はそれはもう熱心なものだった。読書家で、ある種の思想家でもあったひとだから、その転身は、同じ牛をあつかうにしても、心もちが大きく変わったのだろう。子供ながらに、なんだかおじいちゃんはぼくに説明することで自分を納得させているみたいなふうだなあ、と感じたのをおぼえている。

 前にもここで書いたことがあるが、長期の休みのときくらいにしか訪れることのできない遠い広島県三次市だったにもかかわらず、私の根幹は、どうもその祖父母の家で育まれたもののように、いまになれば感じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『とかげではなく』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あと、これも前に書いた気がするが、かなり歴史もできてきて、これこそ三次名物というものになった、三次ワイン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『広島三次ワイナリー』公式サイト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 と書いてみて、はっ、と、想い出した。

 乳だ。否、父だ。
 あの、妻の実家に行ったらなにか買わずにいられない父が、もちろん三次ワイナリーにも行ってワインを買って帰って、うちにも一本持ってきたような……

miyoshinowine01

 あった。
 そう高いものでもないのだが、私はワインも常飲しているので三リッターのボックスが冷蔵庫にあって、ほらこれも想い入れのあれやそれで、三次の名を冠したコルク栓のワインを開けるなら、なにか祝いでもあったときにと思いつつ、開けることはなく、たぶん……十年経ったかな、常温で。平気なものかな。ワインは寝かすものだろうが、千円そこらのコルク栓のワインでも大丈夫なものだろうか。

 賞味期限は書いていないが、ロットナンバーはあった。

miyoshinowine02

 ラベルに書いてある「http://www.miyoshi-wine.co.jp/」は現在リンク切れだ。なぜだか、いまは「http://www.miyoshi-winery.co.jp/」である。広島県公式からのリンクも切れている(2017/06/22現在)くらいなので、この変更は最近のことであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社広島三次ワイナリー - 広島県ホームページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 とはいえ、リンク切れのアドレスが印刷されたワインだ。非常に人には勧めにくい。自分で飲むか。期限を書いていないということは飲んでもいいのだろうか。いよいよ開けにくくなってしまった。

 うん。またそっと棚にもどしておこう。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/691-e4bb17fc