最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『リモコンボタン接点回復修理』のこと。


 以前、アンプのリレーを掃除した話をしましたっけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『アンプのリレーを分解して磨く』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そのなかの一文。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私が今回磨いたのは、ヤマハさんがホームシアターセットとしてアンプもスピーカーもウーファーも揃えて作っている製品だが。世界のヤマハは、世界中でアンプだけを販売もしている。世界中には、クレイジーな音マニアたちだって多い。なによりも怖いのは、世界のヤマハのアンプだからと、その先に世界の半分が買えるほど高額な他社製のスピーカーをつながれて、いざ動かしてみたらなんらかの不具合で、一瞬でスピーカーがボンッと鳴って終了、という事態だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 だから汚れて音が出なくなることだってある、リレーなんて装置を組み込むのです。万が一にも他人に負荷をかけないために、自分をキレやすくしておく。相手を壊すくらいなら自分を壊すのが、守るということ。

 良い話だ。
 その理屈はわかる。
 実に立派だ。

 ところで、そんな立派な世界のヤマハさんのアンプが、うちには何台かあって、もっとも使用頻度が高いのは、リビングでテレビにつながっているそれ。高価な商品ではない。テレビのスピーカーで映画を観るというのも物足りないので、5.1チャンネル再生ができるくらいの五台のスピーカーとウーファーにつなげてあって、ボタンひとつで簡易にモードが切り替えられるというのが売り。スポーツモードでプロレスを観戦すると、小さな後楽園ホールが東京ドームみたいな壮大な響きになるし、歓声が背後から聞こえてきたりして、うっとりできる。

 イコライザーで微妙な調整をして愉しむためのマニア向け装置ではなく、こういうふうにリビング使いで、ビールでも飲みながらボタンひとつで適当な音空間を演出するというヤマハさんの技術の粋なのである。

 そのコンセプトはまたすばらしいし、実際に毎日、愉しませていただいている。いま使っているのは、何年目だろうか。そう毎日、毎日、毎日……リモコンが薄汚れるくらいに毎日使っていたところ、そういうことになる。

「子供が寝ているんだからもうちょっと音小さくできないの」

 はいはい。そもそも大音量でテレビを観たいがために、隣人がいない家に越してきたというのに、同じ家のなかに別に文句は言わないがうるさくすると眠れなくてリビングにやって来てひとのビールをぶちまけたりする一歳児がいるのだった。はしゃいでグラスを倒すのも、悪意がないのでタチが悪い。ビールならともかく、目の前に赤ワインやケチャップや醤油ソースのたぐいがあると、あんなのに起きてこられたらプロレス観戦どころではない。

 やむなくこっちが折れる。
 リモコンで、ボリュームを下げる。
 ウーファーの重低音は抑えよう。
 なんなら小さな音で会話が聞き取りやすい、ナイトリスニングモードなどというものさえボタンひとつで使えるように、ヤマハさんは隙がない。

 隙はない、のだが。

 そのあらゆる操作が、ある日突然、できなくなったりする。

 音が小さくならない。
 えー。何度も書くが、高級な機種ではない。しかし、それゆえに売りの部分が、これも何度も書くが「ボタンひとつで」すべてを操作できるというところにある機種なのだ。それなのに。

 リモコンがチープである。

RemoCon02.jpg

 薄汚れている。
 だが、薄汚れるものだ。ビール飲みながら脂ぎったつまみをつまみ、その指で操作するのがこういう機種のリモコンである。むしろ、オーディオルームで深く椅子に腰かけて、じっくり堪能するような高級機種よりも、こういうのを汚れに強く、質実剛健に設計しなければならないものではないでしょうか。

 と、問題提起したところで、どうにもならない。
 新品を注文するか。
 もしくは学習リモコンを買って、赤外線を記憶させるか。

B0040N9MZM

 いや、まずは分解です。

 リモコンを二枚に開く。

RemoCon03.jpg

 構造は単純。
 ゴムのボタンの裏側に、黒い塗料が塗ってある。電導性塗料である。

 一方、二枚に開いた、対のほう。

RemoCon04.jpg

 クシ型の回路が描かれている。線と線がつながっていない。もうおわかりでしょうが、つまり、ゴムのボタンを押すと、このクシ型に電導性塗料を塗った電気を通す黒いのが密着して、線と線がつながり、電気が流れる。スイッチが入るということである。

 よく、ジュースをこぼしたりして基盤が腐食すると、このクシ型が溶けて剥がれてしまっていることがある。そうなるとどうしようもない。電導性塗料は、売っていないものではないが、手間と価格を考えると、純正のリモコンをもうひとつ買ったほうがいい。

 しかし、これ。
 クシ型がくっきり。
 どこにも腐食は見当たらず。

 とりあえず、双方を拭いてみる。

 ……どよーん。
 なんと、拭いたらもっと感度が悪くなった。

 つまるところ、これは、あれだ。電導性塗料そのものの劣化だ。

 風呂場や屋上のペンキを塗ったことのあるかたならご存じの通り、ペンキを塗ると、水が玉のようにはじかれる。撥水効果。それに、防カビの効果も。ただ、それも数年すれば、もとのもくあみである。

 塗料に混ぜた撥水剤も、防カビ剤も、何年も保たない。色素はずっと強いから、塗ったペンキの色が褪せることはないが、その前に、機能は消失する。

 電導性塗料も例外ではない。

 黒々とした色はそのままだが、電気の通りがひどく悪くなっているのだ。拭くと、残されたわずかな能力まで拭き取ってしまう。

 さて、どうするか。

 電導性塗料は入手しにくい。オートバイいじりや、パソコンいじりが好きなひとの家にはきっと、接点復活剤があるだろう。

B001D2CVD8

 まあ、それでもいい。
 復活はする。
 しかし、コンタクトスプレーは塗料ではない。また鈍くなってきたらまた分解して塗ればいいようなものだけれど、数ヶ月でまた同じ作業をするのかと思うと、ほかの方法を模索したくもなる。

 電気が通ればいいんでしょ。
 理科の実験。電気を通す物質といえば。豆電球につなぐ赤と青の線。リード線。銅線ともいう。

 銅? 十円玉とか。
 加工しにくいし、加工したら犯罪だし。
 却下。

 あれ? そういえばIH調理器の勉強会で、そんな話を聞いたおぼえがある。基本、磁石がつくものは、IH調理器に載せると発熱するのです。不思議だった。銅や、アルミの鍋が使えないって。ものすごく電気を通す物質なのだから、電磁調理器なんて名前の機械で、使えないなんて(厳密に言うと、最近はオールメタルIHという製品があって、銅やアルミも使えますが)。

 その話は、IH調理器は磁石で金属を震えさせて発熱させるから電気を通しても磁石につかないとダメなんですよ、ということなのですがそこは置いておいて、銅とアルミのこと。アルミは、確かに磁石にはつかないけれど、電導性としては銅の二倍も電気を通す物質である。そんなアルミがリード線に採用されないのは、逆に有能すぎて高価だからだ。

 でも、一般家庭では。

 加工された薄い銅の板はそうそうないけれど、加工された薄いアルミの板ならば、だいたいの家庭にある。それも、ものすごく薄いのが。

B0049P2UUA

 アルミホイル。
 現代の奇跡。
 超高級超電導物質のぺらぺらなのが各ご家庭の台所に。

 用意するもの。
 両面テープと、ハサミ。

B000IGZZ4M

 
 あとは、おわかりですね。
 アルミホイルに両面テープを貼ります。

RemoCon05.jpg

 適当な大きさに切ります。
 つまり電導性塗料の塗られたボタンの大きさに。
 貼ります。

RemoCon01.jpg

 直りました。
 以上です。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/676-af42565d