最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『基礎から学ぶDIY講座 : 空いた電気ソケットを埋めよう』の話。




 以前、障子紙張りの照明器具を作ったことがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『小麦粉糊で障子を貼ってみよう』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 中身はLED電球で、どのメーカーさんも寿命は四万時間と謳っていらっしゃるから、多めに見積もって一日に八時間くらい点けたとしても、一年で三千時間。

 四万時間÷三千時間=13.33333333333333333年

 机上の理想値だと十三年ちょい。理想は理想だとしても、車だって燃費がいくら偽装されるにしたって五割六割ということはないだろうから、保てば十年は使えるかもなあ、というのが実際のところ。LED照明は蛍光灯同様、もとの70パーセントの明るさになったところを寿命と見なすので、寿命が尽きたといっても、フィラメントの電球みたいにパチンと切れて真っ暗という話ではないわけですし。

 あれから三年余りほどでは、天井の手作り照明器具を触る理由なんてまったくなく(あいかわらずその下で焼肉もするので、障子紙を貼り替える理由はあるっちゃあるものの)、事実、LED球が切れたわけでもないのですが、けっこうな頻度で、いじっていたりします。

 そういう商品売っていると、私自身もそうなので、本当にアホだなあと思うのですが「LEDに替えると電気代お安くなるのね、そのうえ十年も保つのね!!」などという知識とともにテンション高めに最先端の電球を買い物カゴに放り入れる、先端技術に触れることがいかに悦ばしいことかを理解しているひとたちにとって、それってつまり電球が、かわいこちゃんでセクシーでたまらんということなので。

 そういうひとたちこそ、十年も可愛がったりしないのです。

 もっと電気代お安いコちゃんや、もっと光の色がやさしいコちゃんや、単純に見目うるわしいコちゃんが新人デビューすると、新しいコに手を出さずにいられないのです。

 かくいう私が、三年前に作った照明器具の横に、直管LED照明などしつらえてしまいました。

 だって電気代お安いんだもの(数十円電気代が安くなるというので数千円の製品を買っている、という時点で、依存者は約束をすっぽかしたことも忘れて電話してこないの法則にあてはまる)。

 LED電球も、明るく美しい光が出るようになってきましたし(直管LEDはまだまだ色気ない商品が多いので、色味を足すのに我が家も電球器具を残して併用していますが)。それでなんでしょうか。これまであまり聞かなかった要望を、お客さんから聞くようになった。

「空いた照明のソケットを埋めたいんやけど」

 いや、別に空いたまんまで問題なくないですか?

「あぶないやん」

 お子さんが指つっこむ高さの照明なのですか?

「そうやないけど、ほこりとかたまったり」

 下向きなのにデスか。
 切れた電球を差し込んでおけばどうでしょう?

「それこそあぶないやん」

 ……なにが?

 聞いていると、どうも空いているソケットからは電流がほとばしるような「気がする」し、切れた電球を差し込んでおくと突然スパークしそうな「気がする」と、おっしゃるかた多数。

 そっすねえ。女優部屋にあるような、鏡のまわりにずらっと電球が並んだようなところを、何個か最新式に取り替えたら明るすぎて、間引いたらオシャレではない見た目になったからどうにかしたい、というのならばわからなくもない。

B014UQ8IXK

 しかして、触れられない位置にある下向きのソケットが、空いたままだろうが、切れた電球が挿さったままだろうが、問題はなにもないように思える。そう考えるのは私だけではないらしく、パナソニックさんのカタログを見ても、東芝さんのを見ても、ただ穴を埋めるような商品はない。ないのだから売れないので相談されても困る。

 ええ、ググってみるといいんじゃないでしょうかしらん。どこかの暇なひとが、自分のサイトに、そういう記事を書いていたりするかもしれないですし。

『基礎から学ぶDIY講座 : 空いた電気ソケットを埋めよう』の話。

 みたいな。

 これでどうでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○材料

・切れた電球 必要量
・シリコンコーキング 適宜

B001D7DH86

 お持ちでないなら、コーキングガンも。

B00N3TWIVE

○作り方

 電球を割って根元のネジ部だけ残す。
 コーキングを盛る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

unlightbulb

 完成。
 今回は、切れた蛍光灯電球を使用いたしました。昔ながらの電球で作った場合、ソケットにねじ込むさいに指の置きどころがありませんから、コーキングが固まらないうちに蝶ネジでも突き立ててやるとよいでしょう。もしくはお気に入りのフィギュアや使い切った口紅のケースなどをブッ挿してやると、ハリウッドミラーのまわりの空いたソケットに突っ込んでおけば「あらさすが姉さんアナーキー」と、いちもく置かれる逸品に。

 なぜコーキングか。
 絶縁性が高いからです。
 見るからにゴム。
 白いと余ったのを風呂場の補修に使えてムダが出ませんが、なんだかC4火薬のような見た目で怖い。ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞をディスったアーヴィン・ウェルシュの小説で、そんなのがありました。電球に小さな穴を開けて、ガソリンを満たして、コーキングで封をする。ターゲットの家のトイレに忍び込み、それをソケットにねじ込んでおけば……帰宅するやたまらぬ尿意にドアを開けると同時に天井照明のスイッチを入れた瞬間……ボムンッ。

 なので、グレーとか、黒がいいですね。
 突然スパークしそうにない。
 電気的に完全にふさいでいるという安心感。
 いやまあ、切れた電球をそのまま挿したって、安心のレベルはなにも変わらないのですが。そこはほら、安いスリッパに「清潔感」というような文字が添えてあるのと同じで。別になにが清潔なわけでもなく特殊な加工がなされているわけでもないのだけれど「感」。

 電球割って、なかにゴム詰め込む。
 これ以上の「絶縁感」があろうか。

 需要があるのならば、量産体制を整えてもいいですけれども。要はE26口金を尻につけたプラスチックのアヒルちゃんでよいわけで。100円均一メーカーさんが、作って売ったらよいのではないかな。空いた電気ソケットを埋める製品に対する熱い需要を、どうぞ埋めてやってください。

 そういえば、スマホのイヤホン穴を使わないから埋めるアクセサリーが、折れて取れなくなったからどうにかしてというのも、よく聞く相談なのですけれども。あれも、使わないから埋めたんだし、埋めたままにしておけばいいじゃないと思うのですが。埋めなくていいものを埋めるひとって、埋めてみたらまたそれが気になるものなんですよ、最初の話にもどるみたいになりますけれども。

 開いている穴を埋めることに心を囚われて過ごし、ついには近所の店に出向いて店員を捕まえて相談までする。あなたのことが私は心配です。とりあえずその穴の件は、そんな「感」で、コーキング打っとけば、よくないですか。



TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/658-f7de905b