最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『Halo2の新機能』のこと。

halo2

 先日『Halo2』のプレイリスト更新と、ほぼ同時期にXbox360本体のアップデートも行われたのですが……一体なにが原因なのか、判然とはしないものの、どうにも納得できかねる不具合が。

 夏だしな
 ついにきたのか
 熱暴走

 そんな一句を詠んでいる時間もあるほど『Halo2』をプレイしてはフリーズ、遊び始めると硬直、再起動を待つこと数十秒。オンラインにつないで、またマッチメイクを待って……ヨシ戻ったっ、と思った次の瞬間にフリーズ……んもうっ。

 先日のプレイリスト更新で、『Halo2』のランブルピット(個人対戦)では、やたらとランブルスナイプが出現するようになっていて。それはいい。確かに私はボマー(爆弾魔)なので、物陰からスナイパーライフルで撃ち合うという試合は苦手だが、それはそれでルールなのでかまわない。でもしかし、スナイプ合戦は、たいていの場合、試合時間をフルに使った熱戦となる。『Halo2』の個人対戦は一試合十分なので、撃つか撃たれるかでも照準器をのぞき込んでいては近づいてきて後頭部を殴るヤツもいるし。接近戦の十分とは違う、息詰まる絶え間ない緊張感を強いられる試合となる。

 この更新は成功だった。だって私は小休止気味だった『Halo2』を、またプレイし始めた。殺るか殺られるか、バーチャルなものとはいえ、極限の緊張感にはスポーツと同じ充実感がある。
 でもだからこそ。

「ああなにこのおれの神がかった敵の頭を撃ち抜きまくる集中力はぁぁあっっ」

 と、混戦の中で頭ひとつ抜き出ながら試合終了をまだかまだかと待ち続けるような八分頃……フリーズ。

 虚脱状態になる。
 しかも『Halo2』では、試合の途中でケツまくって逃げ出したやつには、ひどい評価が与えられる。というわけでこの一週間ほどで、レベル20にそろそろ到達するかねと思っていた私のレベルは13にまで暴落した。
 納得いかない。
 私は逃げていなイッッ。

 クソマシン
 送り返すぞ
 ビルおじさん

 なんて気分だったのですが。
 落ち着け、落ち着くんだ、でも普通にプレイできることのほうが多いじゃないか、熱暴走なら、プレイし続ければどんどん本体が熱を持って不安定になるはずだろう?
 落ち着いて『ランブルローズXX』でもやろう。

xx

 (余談ですが、先日我が家でホームパーティーをしていて、このソフトをプレイしていたところ、背後から女性陣の「おなかがきれいだよねでも太股太いよね」というような声が聞こえ、一緒にプレイしていたゲームに詳しい某氏が「ああ、Yoshinogiでログインしているからさ」と答えてしまったので恥ずかしかった。いやそもそも『ランブルローズ』は恥ずかしいものなのだが、このゲームの女性キャラはプレイヤーの好きにカスタマイズできるので、いつの間にか画面のなかの彼女たちはそろって私好みの体型になっていたのだった。意識していたわけではなかったから、指摘されてはじめて気づく自分の嗜好。カウボーイブーツのパワーキャラでさえ、強さを犠牲にして筋肉をそぎ落とされている。腹筋は割れずに平ら、二の腕にやわらかい肉、ヒップから太股にかけては必要以上に充実させて、必須事項としては徹底した貧乳……うん。そういえばプレイしながらポイントが溜まるたび「ああこれであのキャラの胸をもっと小さくできる」と思った記憶はあった。なんてことだ。ていうか衣装が軒並み萌え系だから、だったら貧乳のほうが似合うじゃんかと思ったというのは嘘で、まったくの私の好みであり願望です。一種の深層心理テストでもある『ランブルローズXX』)

 で、やってみて。
 三十分くらいたって。
 落ち着いて、もう一回『Halo2』をプレイしてみようと試みると……

 なんとまったく問題なし。
 長時間プレイもまったく平気。
 なにこれ?
 熱暴走というよりも、むしろ冬場のバイクのエンジンに似ている。
 暖機運転したからチップがあたたまって調子が良くなった。
 ……納得いかないんだが。
 実際、そうなんだよ。
 同じ症状の方いませんか。

 ためしてみると、『ランブルローズ』に限らず、360専用ソフトはすべて問題ない。だとしたらこれはなんだろう、この前の本体のアップデートに起因しているのだろうか。常時接続オンラインマシンである強みを生かした大幅なアップデートにより、いまや360は発売のときには考えられなかった便利なマシンになっている(私の期待していた「画像の拡大機能」は盛り込まれなかったのが残念ではあるが)。でも、そのために予期せぬ不具合も出ているのかもしれない。
 私もここで何度か書いているが、360用ソフトをプレイするときには回っている冷却ファンが、初代凶箱のソフトをエミュってプレイするときには回っていないというのが非常に気になる。確かに360専用ソフトは次世代機と呼ばれる360のパワー全開なので冷やさなきゃ扇がなきゃだけどってのはわかるものの……エミュって動く『Halo2』も相当のパワープレイな気がするんですが。

 つーか、実際、フリーズ頻発しているわけよ。
 うちはもう初代を片づけちゃってるわけよ。
 そもそもエミュ互換、いろんなソフトで問題でてるし。

 初代機ソフトなのに、いまだに360オンラインプレイのトップを走る『Halo2』。
 だったらもう互換とかではなくて、きちんと安定して動く360用の対戦専用バージョン『Halo2』作ってくれませんか。買いますから。買わせろって。
 といいますか。
 『Halo』シリーズのファンの三分の二は思っていることを言うよ。

 物語はいらない。

 『Halo3』、2007年発売?
 待っていられない……期待がどうとかではなくて、安定して動かない『2』のために待ちきれない。逃げていないのにオンラインから落ちて逃げたことにされてランキングがた落ちのゲームなんてやってられない、ストーリーはあとで配信すればいい。なんなら私が書くから小説にして同梱しよう。対戦ツールとしての360専用『Halo』が欲しいんだよぉう。おぅ(泣)。

 すでに『3』のオンライン対戦プレイはテストプレイがはじまっているそうで……混ざりてえ。テスト終わったら速やかに出そうよ、ランブルピットだけマーケットプレイス(360実装の仮想商店街)で配信しようよ……

 ビルおじさんが、どの家庭のリビングにも一台ある、というモノとして世に送り出し、もう何年も経って、すっかり私の生活のなかには当たり前にXboxがある。でもだからこそ、昨日できたことが今日できないのはダメでしょう? 炊飯器は毎日ちゃんと美味しいご飯が炊けないと、たまにでも調子が悪くなったらダメなんだよ。家電ってそういうモノ。
 そういうモノであれ、箱。

 クロムハウンズを買おうかと思っていたんだ。
 そうしたら、発売日に体験版が配信されるということで。
 それが今日だったんですけれど。
 体験版、さくっと落としてやりました。
 ん…………うーん。

ch

 大味。セガらしいといえばそうだが。
 これで対戦はストレス溜まるだろう……それとも、カスタマイズで高速に動けたり高速リロードできたりするようになるんだろうか。にしても使わないボタン多すぎない? マニアックな設定のゲームなのに、なんだこの初心者向け操作感。好みじゃない。
 買うのやめました。
 常時接続でソフト買う前にお試しもできます、ってのもこういった弊害があるんですね。夢見たまま結ばれればそれなりに楽しかったのかもしれないが、結婚の前に同棲してみたら玄関の靴をそろえないのが我慢できなかったというような言いようのないやるせなさがありますね。買わせて欲しかった。なんであんな体験版なんだろう。セガの販促はいつでも謎だ。
 なので、今夜も対戦用ソフトがないのです。
 『PDZ』(←リンクはWEB上のサウンドトラック。聴いてみて。なかなかクセがあって好きな人は好きなはず)のマップパックはまだ買っていません。だってあのゲーム、ランキングが出ないんだもの。勝ち上がっていく快感がないとスポーツとしてプレイできない。

pdz

 ああ、『ランブルローズ』の対戦はラグだらけです。とても遊べない。がんばれユークス。ここはプロレスゲームとしての完成度は良いのに、いつもオンライン対戦がネック。箱用ソフトである以上、タイムラグなんて許されないことはわかっているくせに。

 愚痴、終わり。
 本気で、アップデートにより『Halo2』が安定して動くことを望んでいますが、そうこう言っているうちに『3』も出るでしょうし。なんか一対一で熱くなれる対戦ソフトないですかねえ。『カルドセプトサーガ』待ちかな。

 さて、表題の件ですが。
 『Halo2』の新機能。
 今日、『ランブルローズ』入れては『Halo2』入れるを繰り返していて見つけたんですけれど。このあいだのアップデートのときまで、初代凶箱のソフトをプレイしているときに、ハードディスクにある音楽を好き勝手に流すことってできなかったじゃないですか。それがね。

xbox360

 今回のアップデートで、起動時にトレイにディスクが入っていても読み込まないでダッシュボード画面を開くことができるようになったんですが、その設定にしておいて、ダッシュボードで普通に好きな音楽を再生します。で、その状態から「ゲームを始める」を選んで『Halo2』を始めるとですね。

 音楽、途切れないんですよ。
 もうばっちりプレイしながら好きな音楽かけっぱ。
 まあ、音楽に関してはいっさいの操作ができないのはあいかわらずなので、あらかじめ再生する曲順は決めておかなければならないし、実際にそうやってプレイすると私も叫んでしまいましたが、

「うっせえよ、足音聞こえねえよ音楽をとめろっ!!
 この腐れミュージックを切れっっ!!」

 ということになります(電源を落とす以外にその腐れた音楽をとめる方法はありません)。
 で、当然ながら、『Halo2』をエミュって動かしながら背後でハードディスクの音楽ファイルを読み込み続けるという、さらに過酷なお仕事をさせても、やっぱり冷却ファンは回らない。静かなのはいいことですが……心配でたまらない。
 最新機種のくせに、なんだか「機嫌をとってやらないと拗ねるんだ」という旧車マニアのような愛情の提供を強要されている気がして。
 でも『Halo2』が、やめられない。

 この愛から、いつ抜け出せるのでしょうか。
 Windows Vista専用『Halo2』が開発中らしいが、Vista用ということはこれも2007年ということで。なあ、だれか二匹目のドジョウ狙って『Halo』っぽいので間をつないでくれないかなあ『ブルートフォース』って確か「Halo2を待てない人たちへ」ってコピーで売っていたよね。意外に売れた記憶があるが、今回は傍観か?

bf
 

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/64-46659b0b