最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ピザ六景』の話。


 とある締め切り間近。
 そっちの様子はどうですかとメールをくれた好敵手が「私はいまから書きはじめるところです」とか言うから、なんなの一時間を百時間にできるワームホールかなにかがどこかで発見されたのとツッこんで、ああそうではないのだと気付く、この毎年の周囲との温度差。

 黄金週間。
 多くのひとにとって、一年でいちばん自由に時間が使える季節。今年は飛び石連休だから、旅行は無理だけど近所に買い物に行こっかなあ、なんて思ったりするひとが出かける先に、営業している店があるわけで。

 店員さんにとっては、黄金週間なんてものがはじまったら、ほかのなにもできなくなる忙しさ。今年の私は、出張なども組み込まれているため、そもそも家にいる時間が恐ろしく少ない。

 というわけで、原稿は、黄金週間前に書きあがっていなければならない。そしてもちろん、このブログ記事も、黄金週間前に書いているものである。

 つまり、いまの私には、こんなもの書いているひまはない。ないのだが、忙殺されるときほど、遊びたくなるものであり、性欲はわくものであり、ブログは書きたくなるものなので、適当なことを書いて「もう今週はブログは書いただろ、逃げないで原稿と向きあえ」と、いつものように奥歯を噛みしめながら苦行にいそしめるように上げておくだけの回です。

 なに書きましょうか。
 写真から徒然てみましょうか。
 フォルダ開けました。そうそう、先日、カメラを買い換えた話をしましたが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『IXY DIGITAL L2の最期』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 リチウム電池って最初に数回、使い切っては満充電というのをくり返すことで、そろりそろりと本来のポテンシャルが発揮されだすものなのです。しかし、買い換えたときには、もう今回の原稿に手をつけていたので、外に出かけるということがない。使い切ろうにも、家のなかでなにを写せと。そんなわけでまだ言葉を話さない息子は、しかし私にレンズを向けられるとそっちを向いて笑わなくてはならないというモデル作法を会得し、カロリー管理して激しいダイエットをしているひとのように、毎夜の晩ご飯を、数十枚ずつ撮ったりしていたのでした。そんな撮りかただから、大半はゴミ箱行きなのですが。いま、フォルダを開けてみて気付いた。

 ほぼ一週間に一回のペースでピザを焼く。あまりに日常的なメニューであるがゆえ、これまで、熱心にピザを撮るということがなかった。それが、カメラを買い換えてからの二ヶ月ほど、毎回撮ってある。

 はい、それ並べてみましょう。

 一枚目。

pizza01.jpg

 エリンギですね。エリンギです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『エリンギの切りかた』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 エリンギをこう切ってピザにのせろと書いたのに、写真はオイルサーディンとコーンでキノコなしという写真と文章がアンマッチな記事でした。いや、お気づきかもしれませんが、上の記事で写されているピザは、まんまるい。つまり、ひとりで、私が私のために焼いたものでした。まんまるいピザを写せる機会はあまりないので、撮ってみた一枚だった。ひとりピザだから、ありものな缶詰サーディンや冷凍コーン。ちゃんと食事当番の日には、買い物に行って、エリンギを買う。

 そして焼く。
 半分は家族へ、半分が私の。

 なので、今回のピザは、すべてが半円です。

 二枚目。

pizza02.jpg

 エリンギですね。エリンギです。
 そして楕円。
 手で適当にちぎって生地をのばします。鉄板に敷いたクッキングシートに押しつけるようにして。天に投げ上げて回したりしませんので、楕円にもなります。

 三枚目。

pizza03.jpg

 エリンギですね。なぜこうもエリンギかというと、私の帰宅が日の変わるころで、その時間に開いているスーパーマーケットが西友さんしかないからです。西友さんはウォルマート流の毎日お買い得システムで、日によってチラシで安くなったりということがない。

 なのでいつも豚肉ブロックが安いから総菜買わずに揚げたりする話も前にしましたっけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ロースカツをまとめてあげる』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 エリンギもです。
 ほかのキノコに比べて、絶えず安い。そしてそもそも好き。私、毎日の弁当のおかずも一ヶ月単位でまとめて作って冷凍ですし、こんなふうに毎週ピザとか、基本、好きなら同じ相手が毎日でも平気なのです。むしろ落ち着く。人生観が食にも現れている気がする。

 四枚目。

pizza04.jpg

 エリンギですね。そして、食べかけのピザが皿に残っている。調理作法として、鉄板の上に敷いたクッキングシートに押しつけるようにして生地をのばす。これを三枚。クッキングシートごと、鉄板から持ち上げてテーブルに置いておく。そこで具をトッピング。そういうやりかたなので、一枚目が焼き上がったら、熱々の焼けた鉄板に、二枚目をクッキングシートごと移動させて、即座にオーブンへ戻す。だいたい、一枚17分で焼き上がる。

 17分。これ、ちょっと白熱する試合などに観入ってしまったり、予期せぬ攻撃(子供が起きた)、予期せぬ口論(そういうこともある)、などが起きると、一枚目を食べ終えていないのに二枚目が焼き上がるということが、まま起こる。

 そういうときは、横に寄せて。だからそのために、皿はでっかいほうがいい。私が使っている白皿は、直径30センチ。それでもピザは、はみ出る。あ、この写真、よく見ると肉がチキンではないな。スパムハムだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『スパムハムバーガーの売れ行き』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ニンニクの芽やパプリカといった具は冷凍モノ。キノコはたいていエリンギ。あとタマネギ、ゆで卵、ニンニク。アンチョビ。そういうところは変化がないので、肉に変化をつけることは多い。毎日同じ相手だっていいけれど、だからこそ変化させる部分も必要だと思う。深いなあ。

 五枚目。

pizza05.jpg

 あれ、これキノコがシメジだ。なんでだったか。たぶん、早番の日だったのだろう。帰りが早い日だってもちろんある。そういうときは、いつもは閉まっている店に寄ってみる。早番でもけっきょく帰りは遅いということも多いので、暮らしはじめて数年の土地だが、なかなか足を運んだことのない店が散見される。そういうわけで、知らぬ店で安いシメジを買ったのだろう。前述のように、クッキングシートにのばしたピザを鉄板へ移す作業があるから、シメジのようにばらけてポロポロ落ちるようなのは扱いにくい。

 六枚目。

pizza06.jpg

 あれ、これもシメジだ。
 冷蔵庫に残っていたのを使って、というようなことはあるが……いや、同じ日の写真かもしれない。なんだか生地がデコボコしている。これは間違いなく、最初の生地を三等分する行程で、目測を誤ったのだ。毎週作るのに、このていたらく。で、のばしても鉄板サイズにならなくて、それでもぐいぐい引っぱっていると薄くなりすぎて穴が開いて、やむなく生地が多い別のかたまりからちぎってきたのを、ぎゅっと押しつけている。よくある市販のキャラクターパンというのは、そうやって鼻や耳をつける。だが私の場合、適当なやっつけ仕事が、意味のない凹凸を仕上がりに生んでいるだけである。恥ずかしい。

 ん。写真がなくなった。いや、正確には、毎週三枚焼くから、もっとどっさりアンチョビが載ったのや、サラミスライスが載ったのとか、あるにはあるのだが。

 目的は果たした。
 文章量的に、もういいだろう。
 内容はないが、そんなものはいま必要ない。
 ブログは更新したという点が重要。

 さあ、ラストシーンへ向かおう。
 ここから体力勝負。なんのためにこの一年、今度こそ奥歯が砕かれないように、今度こそ右手が腱鞘炎にならないように、今年も腰痛にはならないように、肩こりなんて寄せつけない僧帽筋を、日々、鍛えてきたのか。今年こそ、キーボードを破裂させる勢いで殴り書く。バイク事故の傷はいまだ癒えきっていないのだけれど、それもこれも、ねじ伏せる。気は散らない。ブログも書いたし。黄金週間など知ったことか。その前に、私のすべてを使い切ってやる。

 勝負だ。

 そして今夜もピザだ。
 エリンギは、もう切った。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/634-876ef5c4