最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『鶏手羽元の焼きかた』の話。



 そこらあたりが、格別に美味いお好み焼きのレシピではなく、便利なレシピ。そこそこしっかり焼いて、食べる前には温めるだけ。ここを妥協することによって、食事時間のぎりぎりまで原稿を書いていられる。

『お好み焼きの焼きかた』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 風邪ひいて、一週間あまり私のなにもかもが使い物にならなかったせいで、あっちの仕事に遅れが出て、それを取りもどすためにこっちの仕事がさらに遅れ、結果的にすべての収束の先には原稿の遅れが現れるという既定路線によって、私の食事当番日には、やたらホットプレート率が上がっている今日このごろ。

 便利さを至上命題にしているから、お好み焼き同様、なにもかもを事前に調理済みにしておく。ホットプレートは食べる前に温める道具であり、食事中に冷めないようにする道具。事前調理も、なにもかもをいっぺんに片付けてしまえる揚げ物が多くなる。

drumette06.jpg

 鶏軟骨に小麦粉と片栗粉をまぶしてあげたのと、これも先日ホットプレートで作った餃子を多めに作って冷凍してあったのを素揚げ。

drumette05.jpg

 ニンニク好きなんだけれど、接客業従事なのでふだんはニンニクの芽に限定していて、休日の前日にこれでもかと、まとめて素揚げしたニンニク。鶏唐揚げとフライドポテトは、おまけ。

drumette04.jpg

 煮物の出汁が残ると、炊き込みごはんに転じる。これも昼間に炊いてしまうので、握っておいてホットプレート晩ご飯。豆腐は火が通らなくても食べられる便利食材なので厚めに切って焼く。強火で焦げつかないようにキャベツ敷いて。ポン酢でいただきます。

 ……というようなローテーションで毎日やっていたら、さすがに肌荒れが心配なところですが、そこはうまいもので、原稿が混んでくると、こんな晩ご飯ばかりになる私と入れ替わっての食事当番=妻が、ことさらに栄養バランスを考えたメニューで攻めてくるため、なんやかんやで私はこの十年、体重も変わらず、ニキビひとつできたことがない(まわりに頼って好きに生きているのでストレスないってのも大きいのかもしれないが……)。

 そうして懲りずに今夜もホットプレート焼き鳥。冬は寒いし、夏は暑いし、窓を締め切ってのホットプレートは、部屋に匂いがつくしエアコンにもよくないので、控えている。なので、窓開け放って焼き物ができる春と秋は、ことさらに焼く。

 特に鶏。
 塩と山椒と唐辛子で、ただ焼いた鶏肉というのが、ビールのあてとしては最強だと信じてる。

 ところで、さっきも鶏軟骨の唐揚げを食べていましたが、私、あれ大好きで。フライドチキンとか、関節の軟骨の部分をコリコリやるのが骨付きである意味だろうが残すなよと(妻はこれを残すのだった。さすがにそれをもらってコリコリやったりはしない分別は備えているので、いつも横目で見ながらもったいなく思う)、せっかくの骨付きチキンを、お上品にフォークとナイフなどで切り分けられる部分だけを食べているひとを見るたびに、歯を使えと、しゃぶってねぶるんだと、叫びたい。

 好きだから、鶏手羽元が安いと、手がのびる。

 ただ、こいつ、ホットプレートに向かない。

drumette01.jpg 

 こんなのな。
 いくら焼いても、骨まわりが赤い。火が届かないのである。調理にひどく時間がかかる。そこで中華料理屋さんでは、こういう肉は骨から引っぺがしてくりんと丸めてチューリップだとか称して揚げてしまうものだけれど。

 安いったって、グラムいくらのなかに、骨の部分も入っている。そこをしゃぶってこそ、骨つきチキンを買った意味があるとなんど言わせる。ふざけるな。

 電子レンジで、肉を加熱するのは好ましくない。あれは、全体を均一に温めるので、肉自身が己を蒸す効果によって、火が通り過ぎてしまう。かといって控えめにすると、いよいよサッカーボールのような手羽元など、ホットプレート再加熱で芯まで火は通らない。

 と、いうわけで。
 こうすればいいと思う。
 いや、こうしていると、お知らせします。

 外科医気分で、ざっくり肉を切って骨を露出させる。

drumette02.jpg 

 これをガスコンロのグリルで焼く。
 骨の一部が露出していると、骨自体に熱が伝導するため、骨まわりにじんわり火が通るし、もちろんグリルの直火で焼くので、肉の表面には焼き色がつく。電子レンジがどんなに進化しても、太古からの火で炙って焼くだけの調理法にはかなわない領分がある。そして火で炙るだけの調理人のスキルとは、いかに獲物をさばくかというところによる。

drumette03.jpg

 こういうのが焼き上がり、あああああああこれを日が暮れたらホットプレートで温めなおしてねぶりしゃぶってビールを飲むぞ、そこまでキーボードの前で腱鞘炎を悪化させるぞと、やる気にもなろうというもの。 

 鶏手羽元って、火が通らないよねえ。
 だったらちょっと、さばけばいいじゃないの。
 それだけの話。

 くれぐれも、歯で骨からこそげとるたのしみを台無しにするほど、包丁で、そいでしまわないように。
 その具合に、狩人の魂を顕すのだ。

CRV-A300-T


TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/628-808037a3