最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『叫び声』のこと。


 この世界ときたら、それは他人のもので、おれの本来住む所じゃないと感じる。現にいまだっておれは、他人の国の他人の夜更けに、他人の言葉でしゃべっている。明日の朝おれは他人の国の他人の朝を歩くだろう。そんな感じは欲求不満に過ぎないと思うこともあるんだが、とにかく実感ということをいえば、おれにはこの世界にぴったりして生きているという実感がないんだよ。


 大江健三郎 『叫び声』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「現実の爬虫類も好き?」

 と、とかげの指輪をしていたら訊かれた。考えてみると子供のころにカエルを飼っていたりミイラにしたりといった記憶はあるが、愛玩動物として爬虫類を飼ったこともなければ、飼おうとも思わない。でも、動物園の蛇や亀のいる建物はわくわくする。キリンよりもオポッサムよりもとかげが好きだという感じは、ある。

 自分がはめている指輪を見て考えた。
 なんでこいつらが好きなんだろう?

 じいっと考えていると、そんなことを今まで深く考えたことがなかったので、本当にどうしてなんだろうという自分自身への疑念が生まれてきた。なんだかある性癖をなぜ自分は持っているのだろうとあるとき突然考えてしまって、考え込んだがゆえにその性癖を生む原因となった過去の忌まわしい出来事を記憶の彼方から呼び起こしてしまうような……とてもポジティブだとは感じられない予感が、私の頭をよぎる。

 思い出したのは、冒頭引用の大江健三郎だった。いやそうではない。この作品のこの文章を思い出して、ああそういうことかも知れないと「思った」のだ。想像したのである。私は、私が爬虫類を愛さずにはいられない理由を。

 彼らは、変温動物だ。
 実は、そのことこそが彼らの魅力……少なくとも私が彼らに感じる魅力なのではないかと考える。

 ヒトは恒温動物である。自分のまわりが暑かろうが寒かろうが、常にそれよりも高い温度で一定している。温血動物ともいう。

 一方、彼らは自分のまわりの暑さや寒さによって、自らの体温も変える。違うな。体温というものがそもそも自分のまわりの空間の変化と同一なのであり、とかげは暑い夏には熱いとかげになり、寒い冬には自らの生命維持さえ危ぶまれる低温にも従順に逆らわず寒くて冷たいとかげになる。生きていけないくらいに寒いとかげになってしまった彼らは、体温を上げる道は選ばずに、死んだように眠る……冬眠のさなかに凍死する彼らは多いらしい。

 しかし、どちらが魅力的かと問われれば、私にはあきらかに世界にぴったりとよりそって生きている彼らの有りようのほうが、ヒトや毛の生えて血の流れた鳥だのといったイキモノよりも魅力的だ。そうやってぴったりと世界に寄り添って、世界が厳しいときにも厳しいイキモノになりながら、しかし彼らは今まで生き残り、きっと世界が完璧に滅ぶまで生き続けるのである。それに比べて、ぽっと生まれた温血動物たちの、寒かろうが暑かろうが、関係なく自分は自分でいればいいのさ、という生まれようと生きようは、どうにも浅はかな思いつきのように思えてしまうのだった。

 (余談だが、『叫び声』に出てくる黄色い人種と黒い人種のあいだに生まれた美しい少年「虎」は、自らをそうして黄色と黒のまじった美しいイキモノだと想いながらまわりの世界に流されあっけなく死んでゆく……爬虫類の美しさを考えるとき、私がこの作品を思い出したのは、もしかするとそのすばらしく魅力的で可愛らしい「虎」という名の少年のせいかもしれない)

 そういうのがきっと私が爬虫類も好きな理由で、そうもちろん私は現実の爬虫類も好きだ。愛している。そういう尊敬の念さえ抱いているんだということを答えたら、ふうん、と言われた。まあそうだろう。好きなものは好きだから好きでいいのだ。考えるということが浅はかなのだと、私はとかげに学んでいないわけで。

 今年もそろりそろりと、流れるままに終わってゆきます。

 叫び声


TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/6-bc73db2c