最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『カレーのとろみ』の話。


Summercurry.jpg

 トロめかす話ついでに。

 うちのカレーってこんな感じで、もちろんフライパンのまま出して、前回のズッキーニの残りとニンニクを揚げてトッピングにして、ナンで食べるというような。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『水溶き片栗粉で煮る大根とズッキーニのレシピ』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ルーは市販品。
 いろいろ香辛料足したりもするけれど、トロミを足したりはしない。
 トロめかすのは市販のルーにまかせています。

 そのルーのパッケージにある成分表示。
 けっこうな割合で入っているのが、それ。

「デンプン」

 あれ、片栗粉ですから。
 ですので、前回、前々回で片栗粉について供述した出来事のすべてが、市販のカレールーを使ってのカレー作りにも適用される。

 大事なのはふたつ。

●冷ましてからルーを溶かし全体にまぜて再加熱。

●味見をなんどもしない。

 なんかカレーにとろみがつかないという理由はここに尽きる。
 水溶き片栗粉で上手くトロミを出せないひとは、たぶんカレーもダマになるはず。だから焦るなって。とにかく冷ますんだって。もう冷えきるくらいに冷ましてもよし。加熱しつつトロミをつけようとするから破綻するのです。片栗粉=デンプンを、冷めた状態でまんべんなく全体へ、全体へ、すみずみへ。そのあとでおもむろに、再加熱。

 そして、もうひとつの落とし穴が、麻婆豆腐の回に言及した現象。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『水溶き片栗粉を使わない麻婆豆腐のレシピ』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 唾液。

 片栗粉って、一滴でも人間の唾液が混じると、急速にトロミを分解されてしまう。
 そう書きました。

 スプーンで味見して、もういっかい味見して。
 あ、スプーンもどしちゃダメ!! 

 というわけで、中華料理が上手なのに、なぜか彼の作ったカレーはトロめかずサラサラしているといった場合、それはあなたに自慢料理をおいしく出したいがためについついなんども味を確かめたか、真逆に憎しみまさって調理中に鍋のなかにツバを吐き捨てたか、彼が好きな娘の教室の椅子を放課後にこっそり舐めて達してしまうような変態であるかのどれかだと思われます。

 味見するのにスプーン使ってもどすってのも、悪意がないにしてもそのひとどうなのよって気はしますが。


関連記事・・・・・・・・・・・・・・

『カレーが添うナンのカロリー』の話。

『鶏レバーカレー』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/595-7f31db72