最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『水溶き片栗粉で煮る大根とズッキーニのレシピ』のこと。


zucchini01.jpg

●材料

豆腐 1丁

ズッキーニ 1本
大根 1/3本
干しむきエビ 大さじ2
わかめ 大さじ2
きざみ生姜 少々

zucchini02.jpg

ごま油 大さじ1
鶏ガラスープの素 大さじ1
オイスターソース 小さじ1
水 300cc

片栗粉 大さじ1


●作り方

1 フライパンを中火にかけごま油、生姜を入れる。香りが立ったら、大根とズッキーニを軽く炒めたのち、片栗粉以外のすべてを入れ、煮る(アルミホイルやクッキングシートなどで落としぶたをすれば早い。そんなの面倒だからコトコト煮るわというかたは、少々水を足してもいいかも。鍋ではなくフライパンを推奨するのは、最終的に煮汁をトロめかすので、底が深いと片栗粉が沈殿しやすくダマを生む可能性が捨てきれないから)。大根が半透明になったら、それでよし。

zucchini03.jpg

2 冷ます。ここ超重要。大根は味が染みたほうがおいしいですし。

3 フライパンから煮汁を取り出し、片栗粉を溶かす。

zucchini04.jpg

4 煮汁をもどし、再加熱。

5 そのままフライパンで食卓へ出す。

6 そういえば豆腐もあったと思い出し皿に盛る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 前回の、水溶き片栗粉を使わない麻婆豆腐レシピの応用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『水溶き片栗粉を使わない麻婆豆腐のレシピ』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 煮て、冷ます。
 片栗粉を加える。
 トロむ。
 一連の技の流れは、敵と冷蔵庫内ストックの状況で流動的に変化させても対応可能であるということを証明する。

 冬場は豆腐もいっしょに煮込みたいところですが、煮物道からしてみると、こうした少量煮汁濃いめ味つけを大根に染みこませたいお品書きで、煮れば煮るほど水分を出す豆腐のようなものは入れたくない。というわけで夏ですし。冷えた豆腐を出して、熱いトロミをかけろとレンゲを差し出すことにした。

(写真に写り込んでいる緑の細長いのはニンニクの芽です。ニンニクの芽って、ニンニクと同じ栄養があるんですよ。そのうえ食物繊維はニンニクよりも多い。当たり前ですね、茎ですし。そして茎なので、翌日匂うこともない。天然の疲労回復サプリといったところです。冷凍を常備していて、がさっとひとつかみ、炒めものなどに入れるのがクセになっていて、分量外なのに入れてしまいました)

 最終的には、すべてがぬるくなる。
 でもまあそれでよし。
 なんで豆腐が冷たくて大根が熱いんだよ、などともっともな文句を言われたら、電子レンジを知らないの? と電磁波照射装置の位置を指さして、私は「この熱くて冷たいのが溶けあっていくトロみ加減が素敵なのに」とつぶやきながら、ダークマッチを観続けることでしょう。

 麻婆豆腐のときにも書きましたが、中華のトロミつけのなにが痙攣する腕に負担かといえば、あおれ!! とか、揺すれ!! とか、そういうところ。中華料理のひとってお玉で炒めものもやりますから。具材に豆腐が入るとお玉ではどんなに上手くまぜたって崩れまくる。

 だから揺すれ!!

 そう中華ロボのなかのひとは言うが、ここは日本なんだよ、日本ロボだよ。
 豆腐入れないで平べったいフライパンにすれば?
 揺すらないでも、入っているのが大根とズッキーニだけならば、菜箸や木ベラでまっぜまぜしてしまって大丈夫。

 トロミは好き。
 煮物の煮汁にトロミをつける正当な理由は、まったくないが。
 なんか好き。
 特にズッキーニの切り口がぬめっている感じは、食欲をそそります。

 トリートメントって意図的に精液に似せてあるという。
 リッツの焼き目はよく見ると無数のSEXの文字。

 あ、今回のこれも単品で食すメニューです。
 ごはんのおかずではなく。
 おつまみ。
 七味唐辛子とカラシを添えると味に深みが増します。

 台風でテレビが映らなくなってそれどころではありません。

(駅前なので難視聴地域で共同アンテナ。いちおうそういう作業のプロなのに、自分では直せないというのがまた苛立つ。ネット回線で地デジが見られる、ひかりTVがあったおかげでなんとか『食戟のソーマ』第15話は見逃さずに済んだのですが。我が家のひかりTVは基本プロレスを録り続けているので、夜中のアニメなどを網羅するのは無理なのだった。直せよ早く土曜日だって関係あるか!! こっちだって働いているんだ、世の人々は連休だというのに台風の後始末だ。土嚢袋が売れます。消費したので補充なのだろう……みなさまのところは大丈夫でしたか。うちは避難勧告が出ました。駅前なのに。この大きな駅が水没するとでもいうのか)

soma

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/594-42533131