最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『料理リハビリテーション一週間』のこと。


 そんなこんなで。
 近ごろ『とかげの月』は料理ネタが少ない気がするというあなたの漠然とした印象は真実です。この半年ほどは妊婦となった妻が家にいたため、めっきり料理をする機会が減っていて、作るのは実際的な晩ごはんだとか、お弁当だとか、ここでネタにできそうなものがなくなってしまっていたから。

 パンやピザは週一以上の頻度で作っているのですが、ピザは前にレシピを書いたことがありますし。パンはなかったかなあ、と思っていちどネタにしてみましたものの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『きみのためにパンを焼く』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 製作工程をまったく撮っていなかったので、本域の料理ブロガーさんたちが見たら、お目汚しにもほどがあるっちゅうねん雰囲気だけで料理語ってんじゃねえぞ的なツッコミさえされない、事実、レシピとして検索ロボにも拾ってもらえないカワイソウな回になってしまいました。

 作りながら写る。
 そして新機軸。

 料理ブロガーの、初歩の初歩の初歩というか、自慰的にそんなことくらいはやっておくクセがついていなければ継続など不可能です。その大事なスキルを、半年やそこらで、どこかへやってしまった。

 こりゃまずい。

 というわけでリハビリテーション。
 というか、出産のために入院してしまった最強生物主婦が半年ほどぶりに我が家から姿を消し、ブログがどうした以前に、今夜の晩ごはんを自分で作らなくちゃならない。
 まさにリハビリ。


●第一夜。

rehabilitation01.jpg

 ……どこが料理か。
 卵がね。
 トマト味。
 ピザやタコスのソースとして常備している煮詰めたトマト缶に塩コショウバジルなどを加えたそれも、ピザを焼く頻度が減ってそろそろ冷凍しないとまずいかもな梅雨だし、なんて思っていたところだったので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『トマト缶でサルサソース、タコスに暮れる』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ドーナツは分娩室に立ちあう私に義母が差し入れで持ってきてくれたものだったのですけれど、チョコレートがけふたつにコカコーラ社のロイヤルミルクティーを添えて私に渡して、戸惑う私にやっと気づいたのが三十秒後。

「あ……タクミさん、甘いもの食べないものね、食べないわね、これ。でも持って帰って」

 初孫というわけではないのですが、そうとうとっちらかっていた。

 で、けっきょく私は自分のリュックに入っていたカロリーメイトと綾鷹で体力を維持し、あれやこれやでいろいろあったのですが、家に帰って、気づく。

 ドーナツ持って帰ってきちゃった。

 いや、甘いものを食べないわけではない。事実、ミスタードーナツのポイントカードを集めてミスドプレートをもらうくらいに通っていた時期もある。味が嫌いなのではなくて、その後、筋トレにハマって、せっかくのカロリーを甘いもので摂るという行為がたのしめなくなってしまっただけなのだ。

 なので、その夜は食べた。
 切実にカロリーを必要としていて、たのしむ気などさらさらなく、目の前にはドーナツがある。問題ない。卵をふたつ茹で、刻んだ生タマネギとあえて、米酢とトマトソースを足し、塩コショウ。クラッカーも添える。きみのために焼いた白いパンも冷凍されていたのでグリルで炙る&タバスコ&ビール&テキーラ。

 そういうわけで、上の写真が生々しい理由。
 いちど袋から出したものを袋にもどし、リュックの中で数時間。ピンクのチョコが汚れてひび割れた。ミスタードーナツのプレートに載っているけれど、これはローソンで買ったドーナツ。そのあたりの険悪な空気感も上手に写し取れているのなら、リハビリも進んでいる証拠なのだが。

 ドーナツが汚いし、卵サラダもレシピ書くほどではないし、なによりちょっとおもしろいかと思って、これ見よがしにミスドのロゴを見えるようにローソンのドーナツを配置するあたりが逆に醒める。


●第二夜。

 お弁当の具がなくなった。
 それはつまり、冷凍庫に詰めこんでいた揚げ物がなくなったということである。ありがたいことに妻が料理をすると晩ごはんの残りが見事に翌日の弁当の主役になっていたりするのだけれど、私だとそうはいかない。私は一ヶ月分をまとめて揚げて冷凍して、それを機械的に弁当箱に詰めこむ作業に悦びを感じるようなタイプなのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ロースカツをまとめてあげる』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 その肝心要の月初めの揚げ物をやっていないので、冷凍庫がカラ。自明の理。狸の心得。だったら揚げろ。いま揚げろ。

rehabilitation02.jpg

 フィッシュ&チップス。
 アジだけど。左半分はトンカツだけれど。
 トンカツは上の記事で書いたし。
 アジフライとか、別に特筆すべきこともなく。
 チップスはポテト。フライドポテトをいちから作るほどヒマではないので、買ってきたのを揚げただけです。またもや、きみのために焼いたパンを炙ってある。どんだけパンが冷凍してあるのか。邪魔なので消費します。パンなんてなくなったら焼けばいい。ほかに冷凍すべきものがいくらでもあるのだという簡単な理屈がなぜわからない。

 ……もちろんこの日は、昼間は仕事に出ているわけで。帰ってきて真夜中に、プロレス見ながらビール片手に冷凍庫が埋まるまで延々と揚げ物をしているハードワーク。写真のために皿に並べてはみましたが、本当は料理しながら食べて飲んで、食卓にもテレビの前にも座らずに、歯を磨いて寝ました。私、寝る前に食べることを禁忌としておりません。むしろちょっとでもカロリー摂って寝るようにしている。とはいえ、揚げ物づくしは肌にくるのでやっぱりダメです。リハビリはじまったばかりなので、そういうこともある。


●第三夜

 餃子。

rehabilitation03.jpg

 皮は買ってきた。
 キャベツと白菜が半分ずつで、ニラとタマネギ、ブタ挽き肉。葉物は茹でてから刻みます。以前、皮から作る餃子のレシピを書いたことがありましたが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『肉なし餃子を冷凍庫に詰め込む』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ああいうのはお客さま向け。ふだんプロレス&ビールで食すなら、皮は買ったほうが早くできていい。生地こねるくらいなら、ピザとかタコスとかのほうが好き。

 焼き餃子は偉大な発明です。
 写真の右上に見切れているのは豆板醤のビン。三秒後、スプーンで赤いのをぼちゃぼちゃぐるぐるタレに試みて、写真うつりは悪いけれど私の好きな辛いのにかえた。
 もちろん、おすすめの鉄フライパンで焼いております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『おすすめのフライパン』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 鉄がくっつくとか妄想だから。新品の鉄フライパンはくっつくけれど、前夜もこれでもかというくらいに揚げ物したそれをもってすれば、餃子などぺろんだ。

 餃子を作るときは具を三倍量くらい作って、これも冷凍します。冷凍庫を開けば一ヶ月は晩ごはんとお弁当に困らない。それが私の理想。その理想が、台所の主役から半年ほど離れていたせいで、崩れさっている。彼女の居ないまに、私好みの揚げ物と各種調理済み具材の詰めこまれた冷凍庫へと復元するのです。これぞリハビリテーション。いまふと思ったが、このタイトルだと「料理で」リハビリテーションする介護関係の記事としてヒットするおそれが高いな。でもこのままいくぞ。これが私のリハビリ。これでこそ『とかげの月』。迷い込んだあなた。ここにはたいしたものはありません、好きに通過していってください。


●第四夜

 ピザ食べたーい。
 生卵のっけ。

rehabilitation04.jpg

 なぜ焼く前の写真?
 生卵のっけピザは、食べるときには汚らしいからです。
 見とく?

rehabilitation04b.jpg

 美味いのだけれども。
 自分で自分のために、自分だけで食べるときにしか作らない。いつもはゆで卵をスライスして載せます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ピザ生地とソースのレシピ』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●第五夜

 冷凍庫の遺物を発掘中に炊きこみごはんを発見。うむ、これも新たに作りなおして記事にしたいところだ。いま冷凍されているものはすべて片付けてしまおう。

(基本。古いのが残っているのに新しい同じものを作って詰めこむと、永久に最古のワンパッケージが消費されないという事態になりかねません。いくら冷凍でも、家庭用冷凍庫では、何ヶ月も食品の品質を維持できる冷気は保てぬ。単純に開け閉めするだけで外気にたびたび触れるわけですし)

 パイ皿に敷き詰めて、二夜連続、生卵のっけ。
 余熱なしのオーブンで250度20分。
 こんな感じ。

rehabilitation05.jpg

 ちょっとこってりしたものに飽きてきて、料理なのかさえも怪しくなっています。ひとりだと、実のところプロレスとビールでいいんだ。ビールにもカロリーあるんだ。


●第六夜

 鶏の軟骨と、冷凍のニンニクの芽を焼く。
 至高のつまみ。
 これぞ料理。
 おいしい七味唐辛子でいただきたい。
 ビールと。

rehabilitation06.jpg

 あとで、冷凍の枝豆も茹でました。
 そんな写真はいらんだろう。

 で、と。
 これのどこが料理ブログだと。
 いや、料理ブログになっていないから、リハビリしているのです。
 そこのところ忘れてはいけない。


●第七夜

 お七夜、という行事があります。むかしは、産まれても一週間生き延びられない子も多かった。とあるドキュメンタリー番組で、大自然で暮らす部族の子だくさんぶりに驚いたリポーターが、彼らに問いかけた、その答えを印象深く記憶している。
 リポーターは、こう言った。

「日本では、ひとりかふたり、三兄弟以上は、現代では珍しい」

 裸で、我が子を抱いた、女性が訊き返した。

「ひとり? その子が死んだらどうするの?」

 いま、胸に、おっぱいを飲む新生児を抱えている母親が、すなおな疑問としてそう口にする。いま抱いている、その子が死ぬことも当たり前なこととして考えながら、もちろん、愛している。

 プロレスを観ているときに、よく口にする言葉だけれど。
 説得力があった。

 だれの代わりもいる。
 ヒトという種の細胞のひとつにすぎない。
 だからまあ、隣人を愛せよ。
 手の届くところのあったかい命を抱いておけよ。
 つきつめれば、私がいる、それだけ。
 いなくなればいなくなる、それだけ。

 一週間、生き延びたので、お祝いの料理。
 買ってきた。
 シャンパンのつまみ。
 それでいい。
 これが料理。
 総菜でも、プロの仕事は違うな。

rehabilitation07.jpg

 一週間、私も生き延びた。
 私はここにいて、酔って食う。
 あなたの目を気にしつつ。
 そこがリハビリテーション。
 ブロガーですもの。

 説得力が弱いという、課題を見つける。
 次回は、炊きこみごはんを作りなおします。
 ちゃんとレシピ顔になるように撮ってくる。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/589-659e2a80