最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『自画撮り著作権』の話。



 自画撮りが問題になっている。

 といっても、世界的に有名なツイッター日本グラビアアイドル自画撮り部の活動がエスカレートしていてけしからん、といったような問題ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【公式】#グラドル自画撮り部 | Twitter

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 猿である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Monkey selfie - Wikipedia, the free encyclopedia

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 インドネシアの森に暮らす猿が自画撮りしたとされる写真がイギリスのネットニュースで取り上げられ、それをアメリカのウィキメディアが転載。しかし、その写真をそもそも自分のものとしてネット上で発表した写真家デイヴィッド・スレーター氏が、無料でコピーできる情報としてウィキに掲載されたことで金銭的被害を被ったとウィキメディアに抗議。

 そこでウィキ側は、こう表記した。

「インドネシアの森に暮らす、マカク属クロザルの女性が自画撮りした写真」

 つまり、それを撮ったカメラがスレーター氏のものであろうとも、写真の著作権はシャッターを押したマカク属クロザルの女性にある、と。

 さらに法律的な解釈が追い打ち。アメリカの法律で著作権は人間にしか与えられない。ゆえにこの場合、マカク属クロザルの女性も猿であって人間ではないので著作権は認められず、著作権はだれにも発生しない。

 それゆえの、結論。

 著作権がだれにも発生しないのだから、その写真を転載したとしても、だれにもギャラを払う必要はない!!

 ……隙のない論法である。

 対するスレーター氏の反論は、

“A monkey pressed the button, but I did all the setting up.”

 いや、シャッター押したのは彼女でも、カメラをセッティングしたのはおれだし!?

 こちらの言いぶんも、もっともである。

 大手カメラメーカーからも、純正品として、センサーでのオートシャッターは発売されている。

ML-3

 送信機と受信機のあいだを物体が横切ったらシャッターがきれる。なんに使えるかといえば、森でリスの巣穴にピントを合わせておいて、その巣穴の出口にセンサーを設置する。

 もっちりリス子ちゃんこんにちは。
 ぱちり。

 とはいえ、そんな上手くはいかない。根気のいる作業である。そういう手法で野生動物を撮る専門のかたもいらっしゃるが、世界を飛びまわっては、いつ現れるとも知れぬ動物たちの気まぐれを先読みする毎日。好きでやっているのだろうけれど、苦行であることはまぎれもない。

 でも、だけれども。
 猿の自画撮りを猿自身の作品とするならば、そういうことになる。

「シャッター切ったのはセンサーを横切ったリス子ちゃんでしょ?」

 苦心の作を、どこへ持って行っても「著作権がないから、売るとか買うとかいう以前の話だし」なんて扱いを受けるようになり、野生動物写真家は世を儚むしかなくなる。

 それならば「クジラの歌う癒しの音楽」というようなCDは、それを歌ったクジラたちにギャラが支払われるべきではないのか。

 そう考えると、残念なことに人間世界の貨幣というものは、クジラ先生たちにはなんの魅力もないものなので、もしも彼らに報酬が与えられるのならば、それは彼らにとって意味のある価値を含んだものでなければならず……突き詰めると、彼らの歌声で癒された人類が「クジラ好き」になって彼らの世界である母なる海に敬意を払う、そのことそのものが報酬として成り立っているかもしれない。

whale

 松任谷由実さんが以前インタビューで、これから、歌うたいは満足感のために歌う世になる、というようなことを話されていたのを思い出す。あらゆる情報が共有されすぎて、音楽を聴くためにCDを買う者はいなくなり、ライブに足を運ばず動画サイトでライブ動画を探す。そんな金銭的に割に合わない世界で、それでも歌いつづけられるのは、ナルシストだけだ、と。ユーミンがそういう言葉で言ったわけではないが、私はそう取った。

 スレーター氏も、それは金の問題だって大事だろうが、世界中で「なにこの猿自画撮りだってー」と話題になっているその撮影者をググったら「インドネシアの森に暮らす、マカク属クロザルの女性」となってしまうのが我慢ならないのだろう。そんなのは金銭以上に、満足感が得られない。写真家としての誇りが足蹴にされている。ナルシストとしては、自分の作品なのに、自分に視線が集まらないなんて、拷問以外のなにものでもない。

 と、モノ書く身としては、訴えた側に感情移入してしまいがちだが、逆にも考えてみる。

 スレイター氏の場合、猿を撮りに予算を使って出かけたのは事実なのだが、意図的に「猿の自画撮り」を製作しようとしたわけではない。撮影していたらカメラを猿に奪われ、その猿がカメラをオモチャにしてピンボケた写真をあまたと撮ったうち、偶然にもピントが合って猿のドアップが撮れたという。

 「偶然」という言葉はクセモノだ。

 奪われたカメラに偶然写っていた写真の創造主が「カメラの所有者」だと言うならば、ゲームセンターのプリクラ機で撮られたすべての写真が「プリクラ機をセッティングした」だれかの著作物になるという解釈をすることも難しくはない。もしもそこに権利が生じるのならば、セガサミーホールディングスは、来年こそ赤字経営をV字で脱却することだろう。

 そういえば、私はプロレス・格闘技の専門チャンネルを契約しているのだけれど、インディーな団体の中継を観ていると、いつもリングサイドに同じ人が座っているのを見る。だれかといっしょに観ながら「あの親子は、いつもあそこに座っているけれど、親子揃って仕事しないで金稼いでいるひとたちなのかねえ」などと興味を持って観察したこともある。少なからず、リング上の攻防と並行して、行けない会場の雰囲気を感じる一部として、そのひとたちのことをも、エンターテインメントとして消費しているのだった。ということは、それもあってチャンネル契約を続けているということであり、テレビ局は、赤の他人の映像を「カメラに映り込んだから」勝手に商品にしていると解釈することもできる。

 いや待て。興行ならば、プロレスであれ、アイドルのコンサートであれ「この日の興行にはカメラが入ります」映り込んだあなたがブルーレイ発売されちゃうかも。ということは書いてあるものだが。よくあるテレビの企画で、警察24時とか。ああいうモノはもっとタチが悪い。ホームを映す無人カメラの酔っぱらい、コンビニの防犯カメラに撮られた間抜けな強盗。それらで視聴率を取り、スポンサーから大枚を巻きあげる。その図式で見れば、刑務所に入っている間抜けなコンビニ強盗の彼にこそ、いくばくかのギャラが払われるべきである。

 デイヴィッド・ホックニーは、自分の作品に「これらの作品は作家ひとりで描きました」とパネルをつけた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ルンペルシュティルツヒェン』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「この作品はほとんどアシスタントが描きました」 というパネルを自作につける画家はいないだろうが、あえて。と、いうあたりが巨匠のエスプリなのだけれど。そう指摘されてみれば、某長期連載マンガ家はいまではアシスタントが描いた原稿に、最後に「黒目」だけを描くのが仕事だ、などという都市伝説もある。そこには、それで連載が成り立っていて、毎週ぼくたちがたのしくマンガを読めるのならばオールオッケーさ、というニュアンスも含まれている。

 マカク属クロザル女性の自画撮り写真は、ユーモラスだ。
 ココロがなごむ。
 アーティストの自尊心など、末端の消費者には知ったことではない。

 知ったことではないからこそ、作家の権利というものが厳格かつ厳密に定義され守られるべきだというのも、非常に大事なことである。

 冒頭でリンクしたように、いまだにウィキにはだれもが無償で見られる状態でその写真は掲載されたままだ。アメリカでは、著作権で争い、スレーター氏は実質、敗北した。

 ただし今後、スレーター氏が、新たに写真の知的所有権を主張するという方向で、最初にネットニュースで取り上げたイギリスにおいて勝負に出れば、勝つ見こみがある、という見解もある。

 知的所有権を主張するならば、争点は、それ。

 写真があるひとの「知的創造物」であるかどうか。

 ……カメラを猿に盗まれて「偶然」にもあの写真が撮れたというエピソードが、ここで問題になってくる。知的? 創造物?

 曲がりなりにもモノ作るものが、肝に銘じるべき教訓をここに見る。

「おれはあのメスザルにおれのカメラを手渡して言ったのさ、それで自分を撮ってみなよ、ってな」

 最初の最初、まだネットニュースで取り上げられる前の段階で、写真に添えて、そう書いておくべきだった。「盗まれた」とか「偶然」とか、そういう単語を、彼は話がおもしろくなるエッセンスだと思って発信したのだろうけれど、それはあきらかな誤りだった。

 拾ってきた変な形の石を、

「恋に悶えるドラゴンである」

 と言いきって初めて作家。
 言えるから作家。
 一方、「恋に悶えるドラゴンに見えない?」とブログに書いた時点で、その石の写真は1セントにもならない、ただの「変な形の石を撮った写真」に過ぎなくなる。

 知的創造物の創造主たる権利を得るには、自己主張が必要なのである。そしてその主張は、だれかに注目される以前にやっておく必要がある。作品は勝手に旅立ち成長する。創造主の焼き印を押すのは、生み落とした瞬間。確実に、手際よく。それが作法。

 肝に銘じたい。
 世界中に拡散されてから、

「それ撮ったのオレだってば」

 駄々をこねる創造主。
 それはまったく、美しくない。

B00I8MPLYW


 

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/563-3a587b3a