最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『虫タコスの精神にのっとるトルティーヤ』の話。



・「夢眠姉妹のわくわくキュイジンヌ」という番組を観はじめた。初回が、かたやきせんべいって。ていうか私もかたやきには思い入れがありまして、レシピも用意していたのに。このタイミングでブログに書くと熱狂的ファンみたいだから今度にする。

2014/07/14

twitter / Yoshinogi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いやまあ、ファンではあるのですけれども。
 以前書いた、解散して残念なBiSのベストアルバムにも、夢眠ねむ所属、でんぱ組.incの楽曲『でんでんぱっしょん』は入っておりますし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『やわらかい器』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・





 きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅやBABYMETALがワールドツアー大成功、オタク界の綺羅星でんぱ組.incの動画には英語コメントテンコ盛り、つまり日本大政府が世界に売りつけようとしているクールジャパンはこれなわけで。

 甲高くてキンキンした少女ボイスこそが売れ筋か。そういえば洋モノのポルノムービーって日本では「イくイく」言うところが「カモンカモン」になるのが受けつけないというひとは多いけれど、興奮したときに悲鳴に似た声音になるのが、クールジャパンなのかもしれない。「カモンカモン」を甲高い声で言うのむずかしいですし。「イっくー!」というナデシコAV嬢の悲鳴と、会場をあおる少女アイドルの「イっけー!!」は同じものだ。外人の歌うたいさんはステージでしきりにこっち来いと手招きするが、神秘の国ニッポンでは、観客にどこか行っちゃえと叫ぶ。飛んでっちゃえー、バカになれー、なんてのもあります。で、それがいま世界で認知されて一定数の愛好者を獲得できているということは、「カモンカモン」と喘ぐのですよと教えられて育った世界の方々の多くも、やってみたら「イく」のは気持ちよかったということなのでしょう。

 それがどうしたということもないのですが。

 そういうアイドルブームのなか、世界の料理を紹介するフーディーズさんが、料理のできないアイドルと、その姉の料理人を組ませて番組を作ってみた。で、内容は。

 日本各地の名物を作って食べよう!!

 その初回が、かたやきせんべいかよ、という私のつぶやきが、どういう心境なのか、番組を観ていないかたには、わかっていただけないと思う。

 その番組は、ユルかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢眠ねむ&Maa 夢眠姉妹のわくわくキュイジンヌ | FOODIES TV - おいしい食のコミュニケーション

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 プロ料理人のお姉ちゃんが、がっつり料理して料理できないけれど食いしん坊な妹にふるまう、という構成ではなかったのです。思いっきりふたりで作る。でも失敗すると番組にならない。そこで、料理のできない妹のために、お姉ちゃんは、毎回、超簡単な一品を用意した。

 つまり、甲高い声で姉妹ふたりが失敗しない料理をキャイキャイ作るのを三十分観る番組なのです。あれ観て、翌日「ぼくもかたやきせんべい作りました」というのは実に恥ずかしい感じなのです。

 世界に誇る電波ボイス少女アイドル妹に用意された二回目のレシピは「ラッシー」。北海道産ヨーグルトと牛乳に砂糖を2つかみも入れて混ぜるだけ。混ぜるのさえフッドプロセッサーの電気の力。それで北海道の名物を制覇とするのだから、安く見られたものだ、日本名物。でも妹はちゃんと作れて、キャイキャイよろこぶ。うむ。だから、それは先ほど述べたとおり、ある種のプレイ。ケツ揉んで気持ちいいなら発酵させたパン生地のほうがやわらかくてあたたかなのに、それにはもよおさない。なぜか。パン生地は反応しないから。可愛らしい声を聞かせてくれないし。恥ずかしい顔もしない、というか顔がない。でも世界に向けて料理成功をあえぐでんぱ組.incにはそれがある。私は見ている、彼女は声をあげている。もよおすわ、クールじゃぱんっっ!!

 そういう歌をうたいたい。

『もよーせ、じゃぱんっ!!』

 どこへ行ってしまったのか、兎眠りおんに歌わせたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

兎眠りおん(@tonerion) | Twitter

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(私、いまでもどうしてもあのビジュアルだと彼女は桃井はるこ姐さん的な声を連想してしまうのですが。コンセプトからして世界を狙うという割に「カモンカモン」が似合いそうなちょい低めボイスだったのが「イくイく」を期待する外人オーディエンスをイかせられなかったのではないのかなと。あと出しで考えてみたりします)

 というあたりで、アイドル談義はやめにして。
 次の話題へ。

(書きながらはっと思い出したことに、フーディーズのスタッフさんが「わくわくキュイジンヌ」を検索して、引っかかったものを片っ端からツイートしているのでした。あんまり世界的信者を集めるアイドルを名指しでイジると、背後に気をつけて生活しなくてはいけないことになるので、話題をシフトする。フーディーズさんも、たぶんヒットしているでしょうが、このブログはスルーしてください。私は好きなことをくっちゃべりながら、でもそっと生きていきたい種族なのです)。

 番組、いま現在、第四回の放送を終えたところなのですけれど。
 ラッシー以外の三回の、超簡単メニューに、哲学を刺激される。

 「かたやき」は薄力粉と三温糖に重曹。
 「ちんすこう」は薄力粉と黒砂糖にラード。
 「ういろう」に至っては薄力粉と砂糖に水。

 日本の名菓は、薄力粉と砂糖で全部できるのです。
 言われてみれば、せんべいなのに釘が打てるかたやきと、殴ってもだれも死なない揉んだら気持ちいいかもしれないういろうが、原材料同じ。ぱさぱさしていて口のなかでほどける修学旅行生の定番おみやげ、ちんすこうもまた。

CHIN

 限られた食材で、いかに豊かな食生活を送るか。
 ニッポンは島国ですし、特にそういうことをつらつら考えて進化してきたんだということを、なにげに思い返すきっかけになり、そうだよな、それは誇るべき文化だよなと、きゃっきゃと乳繰りあうユルい姉妹に萌えながら心持ちを新たにしたのでありました。

 で、うちの今夜の晩ご飯。
 しょっちゅう作っている、タコス。
 何度もこの『とかげの月 / 徒然』でも取り上げている。

 でも、前回。
 たまたま妻が買い置きしていたそれに、私は手を出してしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『トマト缶でサルサソース、タコスに暮れる』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 コーングリッツ。

 粒子の粗いそれを混ぜたら、トルティーヤが劇的にのばしやすくなったからこれからうちの定番! みたいなことを語っている。

 だがしかし、タコスとは、そもそも主食。
 現代でも食べられている、虫タコスこそ正統。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

虫タコス(Worm Tacos) - Google 検索

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 屈強なトウモロコシしか生えない土地で生きる。
 でも毎日トウモロコシじゃつまんない。
 だからコーングリッツ。
 水で練って、のばして、他に食べるものはないので、トウモロコシ畑の虫たちをくるんで食べる。

 それを、ジャパンのクールなヨシノギさんが。
 成城石井で小麦粉の二倍の値段でコーングリッツを買ってきてトルティーヤを焼く?
 台にくっつかなくて、のばしやすいから?

 クソだ。
 オレはクソだ。

 プロレスの聖地で食されるタコスに憧れを持って作りはじめたはずなのに、作りやすいからなどという理由で偉大なる先人たちの精神を冒涜した。妻がたまたま買ってきていたものならまだしも、自分でスキップしながら高級スーパーへ向かうような男に、トルティーヤを焼くことなど許してはいけない。コロナも飲むな。プロレスもルチャ禁止。不思議の国の矛盾語奥義ジュードーチョップだけで戦え。

 強力粉は目の前のコンビニでも売っている。
 でもコーングリッツは売っていない。
 だったら、この地でのトルティーヤとは、小麦粉100%が魂だ。

 心を入れかえました。
 前回紹介した、トルティーヤプレスなんかも使わない。
 ありもので、作り方を考える。

 これだ!!

B003Y766KY

 ごくごくふつうの、クッキングシート。
 こやつで挟み込み、打ち粉なしで。
 強力粉100%のトルティーヤをのばしてみる。
 これでこそ虫タコスの精神。

tortillas1.jpg

 これがねえ。
 思いのほか、実に上手くできた。
 いっそ重たいプレス機でがっちゃんやるより効率良いのではなかろうか。
 まん丸にはならないけれど、上腕二頭筋とテーブルの広さが許すかぎり、あ、あと、焼くフライパンの大きさもあるけれど、それの許すかぎり、麺棒でのばせるだけのばす。細かいこと考えない。どうせちぎって包むのです(我が家のローカルルール? 春餅とか、トルティーヤとか、こういうものは焼くのが一番手間なので、大きく焼いてちぎればいいじゃないか)。

tortillas2.jpg

 本日の具材は、仕留めた動物たちの肉を炙ったのと、川原に生えていた草。土から掘り起こしたニンニクに、押し入れに生えていたキノコ。

tortillas3.jpg

 嘘です。
 近所のスーパーで買った。
 この国のこの頃では、おなかいっぱいになるだけの虫を採集するよりも、三時間くらいの時給を持って近所のスーパーへ行くほうが簡単。一日うろついたけれど、なにも獲れなかった、なんていうメキシコの昆虫採集者たちを思えば、働けばお金がもらえて、帰り道で新鮮な肉や野菜が調達できるだなんて、どういう天国でしょうか、ここは。ビールも欲しいので、もう一時間働いておくか。

 テレビつけたら、メキシカンプロレスだって観られてしまう。
 今夜のサムライTVはCMLL中継。うってつけ。

 というわけで。
 強力粉オンリーに戻った、我がトルティーヤの定番レシピなのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○材料

強力粉 300グラム
水 170CC
オリーブオイル 小さじ1
塩 小さじ1/2


○作り方

①まぜあわせこねる。
②冷蔵庫で一時間ほど寝かせる。
③ちぎってのばして焼く。

tortillas4.jpg
 
 今日のタコス、完成形。

 (これは写真のために小さく焼いたもの。だからちぎっていない。そっと書き加えておきましょう。実際には倍量で作りました。300gごときの小麦粉でおなかいっぱいになるものか。あまったら冷凍すればいいのです)

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/555-fac6b30c