最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『搾菜 / ザーサイの塩抜き』のこと。



だって、ほめてほしい人の目にうつっても、
評価されないかもしれない世界なんて、
耐えられない。

Cupid

北崎拓 『クピドの悪戯2 さくらんぼシンドローム』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こっちが最高の技を繰り出したって、相手が「ふうん」て反応なら、それまで。だから恋愛なんてしない。勉強が好き、仕事が好き、スポーツが好き、ゲームが好き。負けたとき、負けたことに納得できる世界で生きていたい。

 という文脈で上のセリフは発せられているのですが。その彼女は、このセリフの直後、自分が生まれてはじめて本気の恋をしているのだと気づくのでした。北崎拓さんの『このSを、見よ!』が完結しましたが『クピドの悪戯』シリーズを読んでいると、恋なんて概念は動物としてのハーレムを解体するため生み出された性欲の美化だったはずなのに、いつのまにかそこから切り離された、ヒトをヒトたらしめるなんらかの別要素になってしまっていて話がややこしくなってしまったなあ、と感じます。

 それはさておき、ブログの執筆は恋に似ています。
 なんのために書くのか。
 いやまあ実際的な利益もあるっちゃあるのですけれど、そこだけが重要なら、近所のパン屋で時給800円くらいで働いたほうがずっと儲かる。以前、声をかけてきた宗教関係のかたが、世界の貧困がどうとかいう問題を神の実在にからめて信仰こそが世界を救うのだとか言うから、あなたは本当にこの瞬間も飢えで死んでいる子供がいるのだということがわかっていて、そのことについてなにか行動がしたいのなら、布教活動ではなく一時間パン屋で働いてその金を送ってやったら、たぶん数十人とか数百人とかの子供が数日生き延びることができるはずじゃないですか、いや私はそれがわかったうえで私の人生のほうが大事だからこんなふうに町をふらついているのです、と表明したら話が終わってしまったことがありました。
 宗教も恋に似ています。

 恍惚できる遊戯。

 スマホ依存とか、麻薬中毒とか、ランナーズハイとかも、外から取り入れるにせよ自家中毒によるものにせよ、うっとりふらふらできるからやめられなくなるので、そういうものどもも恋に似ている。

 十代のころコンプレックスまみれで、でも好きなひとができて、そのひとを振り返らせるために自分を磨きあげて別人のようにまでなれたのだけれど、内面も外面もだれが見ても魅力的な人物になってそのひとに挑んだって、恋なんてのは。

「ああ、おれ、背が低くて貧乳の相手じゃないと……ていうか10歳越えたら女じゃないわ」

 なんてことがままあるわけで。
 趣味嗜好の相違ならまだしも、骨格とか年齢とか性別とか、そういうイジれないものによって双方向の恋は成就しない可能性が極めて高く。まだしもロリコンだとかゲイとかいうならその場であきらめておしまいなところを、自分を磨きあげて告白なんかしたばっかりに、微妙にキープされてしまっておどろおどろしい人間関係に半生をついやしたり、死ぬまで知りたくはなかった変態プレイを強要されたり、単純な暴力の犠牲になったりとか。
 そういうことになると、耐えられない。

 だから、ほめてほしい人に対しては、勝手に恋をし続けるのが良い。

 相手がなにを望むかを考えない。
 どうせ交わることなどないんだし。
 恋というオナニーで脳内麻薬に恍惚となって幸せに生きたい。
 そうなるともういっそ、相手の実在は不要でさえある。
 あのひとが実際はどんな人間であろうとも、こっちの恋には関係ない。

 そんなわけで、ザーサイの塩抜きをします。

 なぜ? 知るか。
 さっきやった作業を、写真に撮ったから、書く。
 けれど、私のなかのあなたは、その記事を楽しんで読んでいる。
 私の恋するあなたは、信じるあなたは、私のすべてを受け入れてくれるのです。
 いや、なにも言わないで。
 だからそう言っているじゃない。
 本当のあなたがどうであろうが、こっちのあずかり知るところではない。
 私は、私のあなたへ、ザーサイの塩抜きの様子を露出して恍惚となるのです。
 私は私の恋を信じて書くのであって、恋の対象たるあなたが実在しているかどうかは、あまり重要なことではないのだよ、この場合。コスチュームプレイ上のナースが実際にナースでないことなどわかっていてもこっちにとってはナースなのと似ている。コスプレも恋。ザーサイの塩抜きについて書くのもそう。

 ほら、こういうことをグダグダ書くと、せっかくザーサイの塩抜き情報を求めて検索してくださったかたのひんしゅくを買う。私にとって、それは本意ではない。恋はシンプルなほうが良い。

 まずは、中国直輸入の食材を扱っている店へ行き、500gで198円が相場のザーサイホール漬けを買ってくる。
 こういうの。

zhacai

 通販で買うと送料のほうが高くつくのでオススメしません。業務スーパーや成城石井なんかでときおり目にすることもあります。中華街に行けば確実。これに馴れてしまうと、瓶詰めのちっちゃい数百円のザーサイなんて買う気になれない。なにせ重量感がものすごい。
 買ってきたザーサイを、ボールにぶっこみます。

Zhacai1

 まわりのトウガラシが見えなくなるまで水洗いして、スライスします。
 それをまたボールにもどし、水に浸す。
 そのまま三十分。
 水を替え、もう三十分。

Zhacai2

 このあたりは、買ってきたザーサイがどの程度の塩漬けぶりかで時間を調節するところですが、うちではたいてい一時間です。一晩抜くひともいらっしゃるそうですが、ザーサイって漬け物ですし。塩辛いものですし。塩辛いからこそ、料理に生かせるのですし。

 水気を切ったら、スライスのまま、大きめのジップロックに入れて冷凍します。

Ziploc

 重ねあわせたままで大丈夫です。ザーサイは凍っても、微妙なやわらかさを保持し続け、解凍せずに包丁で刻むことができる。そこが便利。ただでさえ数ヶ月保つ漬け物を、すぐ使える状態にして冷凍可能。だから大袋。うちでも、一年に一回買うかどうかです。でもそれで絶えず冷凍庫にはザーサイ。

 大さじ一杯くらいの刻みザーサイの塩味だけで、焼きそばを作ってよく食べます。紅生姜と、卵も足して。日本でザーサイというと、ラーメン屋で食べ放題の漬け物みたいなイメージですが、ひとりぶんの食事を作るとき、味つけ不要のお手軽食材として大活躍です。チャーハンとか、ただ蒸しただけの鶏ササミにザーサイと大葉を加えたのとか、大好き。むろん、弁当箱にタクアンのかわりに隙間詰めすることも多し。タクアンと違って、弁当箱を丸ごとレンジにかけて温まってしまっても、ザーサイなら許せます。ぬるいタクアンや梅干しは、すごく嫌い。

 さっき、ザーサイを冷凍庫に詰めてきた。鶏肉、ニンニクの芽と炒めたのは、最終的にトマトとキュウリといっしょに冷麺の具になりました。からしをたっぷり添えて。美味でした。ちょっとザーサイ多すぎて辛かった。だって冷凍庫に入りきらなかったんだもの。

Zhacai3

 だからどうした?
 いえ。おしまいです。
 それだけです。
 ふへぇっ? とノンフィクションのあなたが戸惑っていても。
 ザーサイの塩抜きかあ、とニヤニヤしているあなたを夢見て眠りにつきます。
 ほめてほしいひとに必ず評価される妄想の世界をヒトの脳は得た。
 活用しなくては。
 布団のなかで届かない言葉をむにゃむにゃ言うのです。
 そして勝手に身悶えるのです。
 これがあるから耐えられる。
 愛してる。
 おやすみなさい。
 搾菜好。

 

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/500-757cfef4

グッチ 財布  グッチ 財布  2013/10/19 18:38
『とかげの月/徒然』 『搾菜 / ザーサイの塩抜き』のこと。