最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ワールドカップ・マジックアイテム』の話。

 キミもめざせ!
 ミライのワールドカップ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というPOPをつけて、大量に仕入れたワールドカップ公式レプリカボールを販売しているのだけれど、びっくりするくらい売れない。3980円の4号球が一つ売れたが、そんなもの電動自転車の売り場を犠牲にしてまでワールドカップ需要に乗ろうとした私の「売りたい欲求」を満たしてくれるものではない。

 このまま終わってしまうのかな日本のワールドカップ2006。

 終わって売れ残ったら、単なる変な模様のボールなんだけれどな、なんか今回のボールのデザインって、見つめていると『ネットフォース』に出てくるトニーのクリスを想い出す。なんていうのか、そういうアジアンな異国のナイフみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダポールという形。この波形の刃はクリス・ルクというの。必ず奇数の波になっている。まっすぐなクリスもある。刃はいろんな鋼鉄を金槌で鍛接して、ひとつに鍛えあげてつくられる。食刻するときに、レモンやライムの汁とヒ素を刃に塗って、いぶしたような色をつけて、紋様を浮き立たせる。その表面の紋様はパモールといわれる。だれがどんな方法で、刃にどんなダポールやパモールをつけるかで、いろんな意味がある」


トム・クランシー
スティーヴ・ピチェニック
『ネットフォース 国家強奪計画』

NF#2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 勝って欲しい。いちおう「この大会の記念に!」という勝利に酔った大人向けの衝動買い誘いPOPも用意はしているのだけれど。野球の世界大会のときに、売り場にあったバットもグローブも全部なくなって「もっと仕入れておけば」と歯がみしたので、かなり強気に走ったらこれだ。なんとかして欲しい。
 日本代表。

 後先のことは、いいよ。
 大会優勝とか言ってるわけじゃないじゃん。
 一回だけ、観ているものを酔わせて欲しい。
 一撃必殺。
 それで、あとはもういい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「このクリスにはどんな魔法がかかっているのだろう?」
 彼女は肩をすくめた。「まだよくわからない。持ち主がかわるたびに、魔法の効果も変わるらしいから」


トム・クランシー
スティーヴ・ピチェニック
『ネットフォース 国家強奪計画』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NF#2

 肩をすくめたトニーは、クリスに恋の魔法が宿っていることを祈るのだが。
 魔法ってさ、結局のところ、そのマジックアイテムを手にしたものの想いを増幅した結果なのだと思うのだった。
 だとしたら、同じ模様のボールを互いの想いで蹴り合うこのゲームでは。
 本当に、想いの強さが結果を左右するのかもな、と思う。
 だって、この日本国内の熱のなさってどうさ。
 自分トコの国で開催だったときは気も違わんばかりだったのに。

 そういう意味では、プレイしている人たちも。
 大会の初戦を負けて優勝したヤツらは、過去にはいないんだとか。
 前半戦はグループ内総当たりのプチリーグ戦なのだから、最初の試合で負けたかどうかなんて、数字上は関係ないはずなんだけれど。
 関係あるっていう事実。

 昔の人は、そういうのを魔法と呼んだのかもと想う。
 ほら、飛行機事故って連鎖するっていう。
 あれって「この飛行機も落ちるかも」と想うみんなの気持ちが落としたりするのかも。

 呪いの儀式って、だれかに見られて噂が広がることこそがカナメだっていうし。
 黒魔術の基本。
 情報操作が効果を生む。

 と、オカルトめいた話になりましたが。
 魔法のボール。
 どうせなら、ハッピーになる魔法を放出するべく、想いを込めて蹴ってもらいたいものだ。
 私は遠いこの地で想っているよ。
 切実に、売りたいからね。
 レプリカマジックアイテム。 

 私は小さい頃、タイガーマスクのレプリカマスクが欲しくて仕方なかった。
 母親が洋裁師だったので、そんなの買わないでも縫ってあげるといわれたものの、結局縫ってはもらえなかったのを、いまでも残念に想っている。
 あのとき、タイガーのレプリカマスクをかぶってプロレス観ていたら。
 私にとって、それはレプリカであろうがなんだろうが、正真正銘のタイガーのマスクで。
 そのマジックアイテムは、私の想いを増幅させて、私を強くする魔法を放っていたことだろう。

 いまの子供たちに、このレプリカボールが、本当のマジックアイテムだと信じさせて。
 魔法を放ちながらボールを蹴る少年少女をこの国に溢れさせて。
 それはスターと呼ばれる選手たちの、義務だ。

 魔法を使えるからこそ、魔法使いにあこがれる。
 あこがれるから、魔法を使えるようになる。

 厳然たる事実。
 魔法は、ある。
 だったら使わないでどうする。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/50-c6a834dc