最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ぎんなんを割る』のこと。


ところであなたは腕時計にどんな印象を持っていますか?
直感で答えてください。


サウンドノベル『428 ~封鎖された渋谷で~』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 時間の経つのは早い。
 小さな時間もそうだけれど、大きな時間も、そう。
 今日の午後四時頃。

「あら、まだ明るい」

 そんな驚くことでもない。
 地球は太陽のまわりを廻っているのだから。
 しかしまあ、もうすぐ春なわけですよ。
 税金とか、決算とか、そういうことでとっくに気づいてはいるんですけれど。肌で変化を(いや、変化なく今年も地球は廻っていることを)感じるのは、こういうの。

 気づいたとき、私はアボカドを生レモンであえていた。ちらし寿司の具。昨日の焼肉が余ったので、それも具に散らしてみたのだが、まだなんか足りない、もっと散らせるものはなかろうかと、棚を見て気づく。

「おお……これ、秋の」

 ぎんなん。

 ぎんなんって種だから、種がそうそう腐っては芽が出ないので、春までは保つのではなかろうかしらと信じたい一方、食品としてみれば、生ものを常温で、もうすぐ春だぞ?

 時が経つのは早いね。
 秋に山ほどもらったぎんなんを、年明けて食う。
 腐る前に。

 というわけで、ぎんなん割りセット。



Ginkgo1

 でっかいハンマーを土台に、
 ペンチで直立させたぎんなんを、
 ちっさいハンマーで、
 げいんっ。

 ぱきっ、って音がします。
 縦に立てて軽く殴るのがコツね。   

 これをフライパンで炒ります。

Ginkgo2

 濡れた封筒に入れて電子レンジで十個一分、なんてよく聞きますが、ぎんなんは殻付きのまま、殻が焦げるまで炒った、この姿が良いのです。殻の焦げた匂いだって、ぎんなんの一部。これを殻のまま、ちらし寿司の皿へ。

 いや、がつがつっと食っちゃって終わるからさ、ちらし寿司。
 殻剥いて食う、こういうつまみを添えて欲しいわけですよ。

(ところで「ぎんなん」って漢字だと「銀杏」と書きますが、それの読みって「いちょう」なわけで。「銀杏の種が銀杏」という表記は「私のひとさしゆびが私」みたいな意味深な響きがあって素敵)

 これで晩ご飯の用意はできた。
 時の流れるのは早い。
 続きを書きに行くぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

腕時計について思うこと。
それはあなたが異性に対して思うことだとか。


サウンドノベル『428 ~封鎖された渋谷で~』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 もうちょっとだけ雑談。

 任天堂さんの新型機が販売不調だとか、2月20日にプレイステーションの新型が発表されるとか、Xboxの新型は白い部屋でプレイするといいねとか。



 で、思い出したのですけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『428』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そのあとも、私は任天堂機を買うことはなく、でも、チュンソフトさんは『428』のiOS版を作ってくださったので、私も無事プレイすることができたのでした。

 名作です。
 (でも待ってる『街2』)
 そして名作であるがゆえに、このタイミングで思い出してしまう。

 上の、部屋中を画面にするXboxの機能とか、コントローラーにでっかい液晶がついている任天堂機とか、サウンドノベルが「大好きなソフトランキング」上位に記されているゲーマーの前では意味をなさない。

 あやうく『428』のために某機を買いかけた私が、いまになって「あやうく」とか書く時点で、ゲーム機戦争の限界点が見える気がする。マイクロソフトも、XboxのソフトがWindowsでプレイできるサービスをはじめましたが、あれも別にパソコンのディスクトレイにXboxのディスク入れたら動作するわけではなく、移植作にXboxと冠しているだけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Xbox Games on Windows - Xbox.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 だったらさあ、Xboxやプレイステーションは、もはや中身「安定動作が保証されたスペックのパソコン」なので、それは別にハイスペック一択でなくたっていいのにとか思うのですよ。本体売っても赤字で、ソフトが売れなくちゃ意味がないから囲い込むためのブランドなんだろうけれど、多くの場合、ユーザーはお気に入りのソフトがプレイしたくてゲーム機を買うのが自然な形。だったらサウンドノベルファンはサウンドノベルがプレイできるくらいのXboxが欲しい。部屋を文字だらけにされたって困るだけだし。

 次世代機とか、そういう売り方が、もう違うんじゃないかと。
 私は買うけれど。
 どう考えても、たとえばこのブログで、ぜんぜんゲームしないひとに向かって勧める気になれないし、勧めたって買わないだろうと思うし。パソコンでさえ、もはやスペック追いかけているの、動画編集マニアだけでしょう。

 そんなわけで。
 iOS版の『428 ~封鎖された渋谷で~』を勧めておきます。



 良いゲームです。
 気に入ったら『街~運命の交差点~』もやってみてください。
 『Halo2』と『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』に並んで、私のランキングの上位にいまだ居座る傑作です。残念ながら三本ともモバイル機用がないのですが。

 実際の役者さんを使うので、続編が作りにくいという欠点はあるものの、実写サウンドノベルというジャンルは、もっともっと作品数が増えていいと思う。やってみれば、小説好きも、映画好きも、ゲーム好きも、一定数がぜったい夢中になれる。

 『CANAAN』は『428』を先にやってしまうと「あれ?」という違和感があるのですが、これはこれで良いものでございます。ここまで広がりをみせたのに、やっぱり『428』も単発それっきりなのは、ほんと残念です。『ドアドア』から夢中でした、もっとたのしませてチュンソフト。

CANAAN

 ちなみに私は腕時計に直感印象、

「ないと困る」

 でした。困るよ。
 毎日、肌身離さず愛してる。
 落ち着くし、もちろん便利だし。
 かわりがないとは言わないけれど、やっぱり……
 時計は、ないと困る。

 
 

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/468-f5481443