最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『XBOX360 RRoDを自己修理する』の話。



Xboxrrol

引越して職場にも慣れ、
家も配線はほぼ終了して。
さてダンボール開いていくかと、
はじめてみれば、
「360分解済」
と書かれた箱が。
サンビャクロクジュップンゲザイ
ではない。
サンロクマルブンカイズミ
である。
要は、こいつだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『生機必滅会者定離、Xbox360、RROD』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死的紅輪の果てに新型買ったから、
時間があるときに直そうと、
分解まではやったがそこで放置されていた。
それがいま目の前に。
これをまた押し入れの奥などにやってしまえば、
直そうという頃には次世代セガサターンが
発売されていることだろう。
そうだ配線もすんだし、これが直れば、
書斎とリビングでLAN対戦もできる。
友だちと隣に座ってプレイして
結果、殴り合いになったりせず、
純粋に画面だけで触れあえる。
よしやろういまやろう。
で、いよいよ本丸ヒートシンクを取り外し。
あらわになったGPUの姿に涙する。
けがされている。
泥というよりコンクリートで固められ、
見るからに息も絶え絶え。
そんな妄想を抱いてしまうほどに。
なめらかに密着度を高めるための、
いわば潤滑ローションの役割である、
そのシリコングリスが粉と化している。
そんなのでプレイしたら、
だいじな核がすりきれて熱をもち……
そしてレッドリングオブデス。
泣いていちゃだめ、おおきく深呼吸して。
私がなおしてあげる。
そうささやいて、いまからはじめます。
まずは、バイク用のパーツクリーナーで、
固着したグリスを溶かしさるところから。
私の手で癒して復活させることができたかは、
また後日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というわけで。
 わたくしごとですが、ここ数年、決算といえば〆切だったのが、この夏は数字との格闘に専念できる状況となり、引っ越しもつつがなく終了し、友人にも遊びにおいでよと言えるくらいには片付き、いまは庭を掘り返してガレージを拡張しようと奮闘している秋のはじまり。

 ああそうだ、友人といえば、『表紙』の下部にあるツイッターウィジェットがちゃんと機能していないという例の件ですが、あいかわらず、私のマシンでは問題なく見えていて(ツイートが見えないという障害が出ていると複数証言ありなのでした)、引っ越しに決算、Xboxまで直していて、ブログも更新できていないくらいなのに、表紙のガジェットなんてなんにもさわっていないのになあ、と調べてみたのですが。これねえ、きみたちがインターネットエクスプローラーを使っているからですよ。うちのせいでもツイッターのせいでもなく、マイクロソフトのせい。そのうち直るでしょうが、しばらく別のブラウザでも使っちゃどうですか。

 私、マイクロソフトは応援していますが、IEは相性が悪い。
 だったらなに使っているかは秘密ですけれど。

 そんなこんなで、マイクロソフトの見切り発車によってこの世に生みだされた自分の熱で燃えつきてしまう困ったちゃんなゲーム機を直します。
 手がかかるなあ、もう。

 結果としてはあっさり直ったのですが。
 やってみてわかったのは、いちおうパソコンの自作とか、そういうことに手を染めてきたトーシロな野郎の目から見てもあきらかなほど、設計上の問題がある初期型だという事実。正直なところ直ったものの、ひさしぶりにリビングで動かしてみたら、ディスクも入れていないのにこんな爆音だったかと。当時は平気だったのが、新型に慣れた耳ではもう耐えられない。文明の進化とはそういうものですね。クーラーなしで夏を過ごすくらいなら火星に移住する。

 というわけで、いまさら初期型直している(2005年発売)のも遅ればせながらにもほどがあるうえ、地デジ化も終了したこのヤマトの国ではHDMI端子のテレビ装着率が急上昇したあとですから、あえてうるさいし熱持つしデジタルな端子を持たない初期型のジャンク品を買ってきて直そうとか、そういうことは考えずに超新型を買うべきです。多くのデジタル機器がそうであるように、たとえばライバル社であるソニーのウォークマンはいまでも売っているけれどカセットテープではないように、マイクロソフトのXbox360もずっと同じ名前でやっていますが、去年よりも今年のがもう別物にすばらしい。だから買えばいい。

 これはあくまで、公式に修理に修理を重ねて、これ以上はお金がかかるよと言われたので新型を買って、それからだいぶんと時間も経ってから、あああの発売日に買った私の最初のXbox360はどこいっちゃったんでしょうねえおかあさーん、というレシピです。思い立ってさくっとやった仕事なので、ありものばかりの適当で申し訳ないですが。
 ではどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○材料

●グリス
(シルバーグリスがいいねなんてことが言われていますが、私は手もとに残っていたありふれたシリコングリスをつかいました。分解してみればわかるのですが、初期型の最大の問題は、粉を噴いて砂漠のようになったグリスではないのです)

Xbox360RROD

●パーツクリーナー
(バイク用。私はそもそもパソコン組むときもバイクと兼用のパーツクリーナー使いですので、Xboxだけ特別待遇なんていたしません)

Xbox360RROD

●ボルト&ナット
(M5(太さ)×12mm(長さ)が8本入っているパッケージがホームセンターで100円。実は、このセットに入っているワッシャーが今回のレシピで最重要。純正のネジのかわりに、ボルトに通したワッシャーの厚みでチップとヒートシンクの密着度を高めようというのが目論見なのですけれど、いかんせん、ワッシャーの厚みには規格というものがありません。なので、まずは初期型の分解を先におこない、その内部から取り出した純正ネジをもって店におもむくことをおすすめ。見比べてみて、なんなら店員にノギス貸してください(ぜひ敬語つかってください。対応が変わります)と言えばウエストポーチから出てくるでしょう。二枚重ねで純正ネジのブランクとほぼ同じになるワッシャーをチョイス。ミッションの内容からして純正よりも薄いブランクを作ってしまいたくなりますが、それたぶん、ボルトを締めていったら、めきっ、とチップが潰れてご臨終なされます。かといってもちろんゆるくてもダメ。無規格な国産品輸入品問わず無数に存在するワッシャーのなかから、この加減を選択するのが、このレシピが成功するか否かのかなめです。ちなみに私は、自分の工具箱から発掘したM6用のワッシャーをつかいました。径ではないのです、あくまで厚みが重要。そんなこんなで、必要なワッシャーの枚数は変動します(厚めの一枚でばっちりということもあれば、薄目三枚でびちっ、ということもありえますので)が、二枚重ねでいくならブランク用に16枚。基盤の裏側にも傷めないために噛ませるなら、プラス8枚で24枚必要です。このあたり、文字で読んでもよくわからないでしょうが、分解してみればわかります。あきらかにそこが問題だと指先で感じられる)

Xbox360RROD

●レンチ(Torx)
(俗にT8、T10と呼ばれるサイズ。分解しにくいように家電製品などに使われる特殊ネジを回すためのドライバーですね。これはホームセンターで買うと高価いので、100円ショップに行きましょう。うちの近所にあるダイソーでは200円商品なのが100円に値下げて売られていました。そういう商品です。必要な人には絶対に必要なものですが、Xbox360を分解しない人生を送るぶんには一生手にしなくてもいい)

Xbox360RROD

●買ってきたボルトを締められるドライバー
(当たり前ですが必要です。十字頭(いわゆるプラス)のボルトを買ってくるのが賢明でしょう)

○作り方

 分解します。レンチさえそろっていれば、あとは単にツメが引っかかっているだけなので、じっくり見つめれば経絡が見えてきます。さっすれば秘孔を突くだけです。ていうか、私も自己修理後は、放熱のためにカバーなんてつけずに使用していますので、面倒くさければパキッと割って開けてもいいと思います。私の友人はパソコンのケースにせんべいの入っていた一斗缶を使っていましたし(時節柄、部屋の隅に不審な一斗缶が置かれているというのは、招く友人を選ばないと通報される怖れもありましょうが)。

 ここまで書いてきてなんですが、よく考えてみたら、こういった作業の詳しいところを写真に撮っていませんでした。なので、私も参考にした動画にリンク貼っておきます。実にわかりやすい。



 というわけで、このあたりの作業は多くのサイトで紹介されておりますので、ググってよそで拾ってください。
 書くの面倒くさい。

 レシピ終わり。
 できあがりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 要は、基盤の裏側の十字バネが劣化するんですね、これ。

(上の動画で三分すぎたあたりに登場するダブルクロイツ)

 いちど外してみると、てきめんに指先でわかるくらいゆるくなる。
 板バネなんだから、また逆方向に軽く曲げてバネっぽさを取りもどせばいいようなものですが、そういうことができる時点で、また時間をおけばゆるんでくるのです。
 だからボルトナット最強。
 叡知です。
 こんなすばらしいボルトとナットがたっぷり詰まって100円とか、物々等価交換の時代だったらば、私は自分の左腕くらいは差し出さねばならなかったでしょう。100円で作れったって、できませんよ、ボルトナット。そういえば松任谷由実さんがインタビューで、これからは音楽は売るものではなく、太古のように歌いたいヒトが歌い、聴きたいヒトがそれを聴いて拍手する、それだけに悦びを見出すような形に回帰していくのかも、とおっしゃっていたのが頭に残っています。もしくは、京極夏彦さんの新刊が、電子、ノベルス、文庫、単行本の四形態同時発売だという発表に問われて「文庫が単行本の廉価版だと考えるのは送り手側の幻想」だと断じたのにも、うなずいてしまう。私自身、電車で本読む人なので、単行本と文庫が同じ値段でも文庫を選ぶヒトですから。そういうのを幻想をもってコントロールするのが、かえってデフレだなんだとややこしいことにしてしまうのかもしれません。拍手とともに、すばらしい歌を作ったヒトへ、パンも酒も届けられるのが自然なことなのです。

 ボルトナットが100円では作ったヒトに申し訳ないほど安すぎないかと私が思うのも、いまXbox360に必要なM5×12mmなんていう精巧なネジを、自分で作るのは無理だし、手に入れられるならもっと出したっていいのにと感じることの裏返し。文庫どころか、読みたいものならコピー用紙の同人誌にだって価値のあるものはあると自然に思えるようになったいまの時代は、逆説的に自分の価値観で金を使うべきところに到達しているのかもと思う。風俗よりも接触なしのメイド喫茶に金が落ちるなら、モノは売れないが心を洗ってくれた営業さんにも給料を払ってもいいようなものだけれど、そこが片輪だけで回ろうとするから、デフレ困っちゃうんですよね。ときまさに超円高。モノ売ってると、実に実に、国内の工場で作られたものなんていうのは数を減らしていると肌で知る。よその国の工場で作っている、その部品もさらなるよその国で作られている。その連鎖の末端で買い物だけするこの国には、きっとゴミだけが溜まっていって、私たちはスクラップに半分埋まりながら、安くなくちゃ買わないと駄々をこねてもっとゴミを増やし、身近な人に拍手されるだけの歌を作って生きるのです。すばらしいような、怖いような。

 話がそれましたが。
 機械を直すというのは、そういう行為です。
 グリーンのランプが点ったとき、私は、微笑みました。
 壊れるようなマシンを私にあたえてくれてありがとうマイクロソフトとさえ思いました。
 いや、嘘ですけど。
 悩まされたマシンだけに、記憶に残ったのは事実。

 この光は、私の一部になった。
 ライト、オールグリーン。
 発進!!

Xboxrrol2

 ヘロリアンとしては『Halo Combat Evolved Anniversary』の予約がはじまったよってことも声を大にして言っておく。
 11月から、ここにかならず私はいます。
 逢いましょう。
 闘りましょう。

Xbox360RROD

 ちなみに、蘇った剥き身の初期型は、いまはリビングで動画再生機としておもに活躍中。Xbox360にはLAN接続したパソコンに入っている動画をテレビで見られる機能(いわゆるDLNA(Digital Living Network Alliance))があり、我が家のリビングにある東芝レグザには、画面に映ったものをそのままアナログ出力する端子がある。ということは。うん。このあたり声を大にしては言えないが、なにげにいろいろ便利。さわってみれば、思わぬ優秀さを発揮したりするマシンだったりもする。

 さあ、Xbox360。

Xbox360RROD



TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/404-c7eb74e5

クロムハーツ リング  クロムハーツ リング  2013/10/24 16:50
あり明らかに A たくさんから識別これについて。 I 仮定また機能に| 素敵良い点は を作りました。