最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ランブルローズダブルエックス』のこと。

 エロつながりってことで(?)、この話題も書いておきますが。
 『ランブルローズXX』
 オンリーXbox360で、プロレスで、エロで、と来たら、私が買わなければだれが買うという感じなのでもちろん買ったのですけれど、そのゲーム内容と来たらまさに私が期待したとおりのもので、まったく持って素晴らしいデキなのですが。
 なぜか、レビューサイトでは不評が多い。

 なんだかさあ、それらを読んでいると「ああ、ゲームやる人も作る人も年齢が上がっちゃったせいなのかも」と思った。不評の原因のほとんどが「やらされている感が強い」というものなんだよね。キャラ萌えありきで、エロティカルな女子レスラーたちに、罰ゲーム集めたりコスチューム集めたりして着替えさせてプロレスさせて恥ずかしい技かけてリンボーダンスさせて、というようなゲームであり、作る側もプレイする側もそれだけを考え、楽しめばいいはずなのに。

 コス集めるのに何十時間も試合するのって退屈。

 ──あまりにそこかしこから聞こえてくる、この意見に、ちょっとカルチャーショックさえ受ける。つねづね言っているが、私はRPGに方眼紙にマップを描きながらでないと進めないような地下ダンジョンがなくなったせいで、このジャンルをプレイすることがめっきり減ったし(サターンの初代『デビルサマナー』が方眼紙を使ったRPGの最後だった)、AVGは未来永劫画面中をクリックする作業こそがゲームの根幹であって欲しいと思っている。
 コスチューム集めるためにいっぱい試合しなければいけない。
 それは、私の価値観からすると「いっぱい楽しめる」ということなんですけれど。
 どうやら、最近のゲーマーさんたちはそれが面倒くさいらしい。

 キャラが、記号でなくなってしまったからだろうか。
 ゲーム性などないに等しい「戦う」と「逃げる」の選択によってモンスターを倒す作業を淡々とこなしながら、一歩一歩ダンジョンを進む──数ヶ月、もしかしたら数年の先に見ることができるだろう、ラスボスとどうせ大したことはないエンディングに向かって──
 それが、私にとっての理想のゲームだ。
 だから私は、あっというまに隠し要素がすべてコンプリートできてしまう格ゲーなどを好まない。楽しくても、その楽しいの中心にあるのは「クリアすること」だから、集めきれないコスチュームがあれば、それでいい。達成率を100%にするために、同じ物語を何度も何度もなぞり、どこかに分岐がないかと方眼紙にチャートを描いてまさしく作業そのもののプレイを「強いられた」からこそ『かまいたちの夜』は、名作なのであり、そのことは作る側もよくわかっているので『かまいたちの夜2』は、私が唯一PS2のゲームで方眼紙を使ったゲームになっていた。最後の隠しシナリオのダンジョンは、まったく物語としての内容もなく、ただただひたすらに作業だったが「これ、ほんとに達成率100%になるのか?」と叫びながらプレイした、あの最後の数十時間こそが、ゲームの本質だと思う。

 そして、多くのライトなゲーマーは『かまいたちの夜2』を達成率80%で放置するか、攻略サイトを見てクリアすることで、ゲームの真髄を感じることなく『かまいたちの夜2』を批評した。

 いままさに、私は『ランブルローズXX』に名作の匂いを嗅いでいるし、やり込み始めている。試合はアクションゲームとしてはいまいちなので、オンにはつなげないかもしれない。けれど達成率100%は実に遠そうなゲームだし、しばらくはこれにかかりきりになるはずだ。『DOAX』もそうだったが、こういうゲームはこれで良いと思う。というか、これを楽しめない人が、なにを期待してこれをプレイするのかが私にはわからない。

 開発費のかかる分、多くの人に売らなければならない。
 だから、広告はまんべんない人たちに訴求する。でも本来、エロだのプロレスだのというジャンル自体がマニアックなもので、売れれば売れるほど、ライトなゲーマーなのにマニアックなものを買わされてしまった人たちが不評という毒を吐く。満足したマニアたちは、ただ淡々とプレイするので発言しない。
 『ランブルローズXX』の作りは荒い。
 プロレスゲームとしては大ざっぱだし、画面は目に痛い。
 でも、作る人がなにを作ればいいかわかって、ちゃんと通好みに作っていることがわかる。
 私は、楽しめる。

 絶賛して、マニアでもない人たちに失望を与えたくはないが。
 少なくとも『DOA』の乳揺れキャラを見て「だったらまったりキャラを眺めるだけのゲームのほうがいい」と『DOAX』を希望し、実際に退屈きわまりないビーチバレーを数十時間プレイして彼女たちのために(そして眺める自分のために)数百種類の水着をコンプリートした、その時間を有意義に感じられたゲーマーなら、『ランブルローズXX』の作りの荒ささえ愛せるはず。
 ゲームの真髄を見極められるなら、買って正解です。
segasega
(『DOAX』は初代Xbox用。現在『DOAX2』が360用に開発中)

 ゲームはもともと無駄を愛するものでしょう。
 私はブロック崩しの時代からのゲーマーとして、ゲームが映画を目指すなんて未来には吐き気をおぼえる。
 自分が機械になっていく感じ。
 それを味わえないと、ゲームではない。
 良い感じに私を、エロプロレスバカマシンにしてくれる。
 オンラインでは、カメラモードで撮った写真を投稿できるのですが、それを見ていると嬉しくなりますよ。エロではなくネタの方向に走ったものが多めで、多くの愛あるゲーマーたちのエロプロレスバカマシンっぷりが伝わってくる。

 『ランブルローズXX』。
 真のゲームを愛する人に、おすすめ。

sega

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/37-5ad6d095

ランブルローズ  みくのblog  2007/05/24 09:09
ランブルローズ『ランブルローズ』(Rumble Roses)は、コナミが発売した女子プロレスゲーム。開発はユークス。ゲーム機のポリゴン機能を駆使して描写されるセクシーな女子プロレスラーたちが架空の女子プロレス団体「ランブルローズ」のリングで戦いを繰