最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ケツ汗パット新発売』の話。

 ケツ汗パット。
 商品名なら、尻汗パット?
 それでもまだ抵抗感あるなら、

『Sweat pad of hips !!』

 なんだかチュッパチャップスみたいな語感。
 ひっぷすぇっっとぱぁっぅ!!
 ジェットセットラジオっ! みたいでもある。
 とにかくクールさが必要。
 なぜなら、これを買うのは性奴な年頃の男子高校生どもだから。

 話は昨日にまきもどり。

 まいどおなじみ決算棚卸しのシーズンということで、数字を眺めては売り場に戻り、ということを一日中続けていたのです。しかし、いつもならこの時期、とある事情によりふらふらに疲労している状態な私なのですが、今回は違う。ご存じの方はご存じの通り、某編集部の粋な計らいによって〆切が変更された某賞レース用の原稿はすでに書きあがり、よって睡眠もとり、毎回、〆切前には五キロ近く落ちる体重も、一週間ほど食べては暴れるを繰り返してすっかり戻り、むしろ平常時三割り増しで元気!!
 という状態だったのですが。

 誤算です。
 暑い。
 秋の昆虫たちの色めいた声なども聴かれ出すはずの時節柄なのに……なにこれ。残暑とかいうモノじゃないでしょう。真夏。ちょっと神さま、もうすぐ九月なんですけど。

 となると、平常時三割り増しのパワーアップが、困ることもある。スポーツやっているヒトなら実感として知っているだろうし、プロレスファンなら観客として知っているでしょうけれども。

 発汗というものは、慣れ、なのである。
 上手い下手がある。

 そもそも暑いときの汗というのは、その気化によって熱変換を起こすという、電気を使わない冷房効果を求めて肉体が起こす反応であり、これが上手にできるならば、肉体の表面そのものが絶えず打ち水されている地面と同じこと。もっといえば、エンジンがオーバーヒートしないように水を循環させている、自動車や大型バイク、ハイパワーのパソコンなどでおなじみの、水冷式冷却装置をカラダに積んでいるのと同じこと。

 乗っていなかった車のクーラントが漏れ出すというのは、非常によくある故障で、日常的に走っていれば、初期の段階で漏れ止め剤を入れればすむことですけれど(余談ですが、よくある勘違いで、漏れ止め剤入り不凍液をそれと意識せずに買ったお客さんが「液に砂が混ざっている!」と怒鳴り込んでくることがあります。天井照明に容器を透かして、ほら見ろテメエの店はと顔を赤くするのに「あ、それ、漏れ止め剤です」という、あのやりとり、互いに恥ずかしいので、お気をつけ下さい。重ねて余談ですけれど、新品の蛍光灯も、振ると砂が入っているような音がします。お気をつけ下さい)。

coolant

 気づかずに拡がったサビや穴は、もうどうすることもできません。復帰あけのスポーツ選手が、真夏の熱さで簡単にヘバるという状態も、同じようなこと。汗腺の慣れなんでしょうね。上半身裸のプロレスラーが、上位選手ほど、暑いときにありえない量の汗をかいているのをよく見ます。むろん、上位選手ほど筋肉も脂肪もついていて、それらは熱発生器であり保温材なので、単純に体温がおそろしく上がってしまうという理由もあるのでしょうが。

(先日、結婚が発表されたNOAHの小橋建太。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『小橋建太という答え』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 お相手が、細身の元アイドル演歌歌手だということで、プロレスリングNOAHファンがまっさきに思ったこと……小橋って確か、真冬も冷凍庫みたいに冷房効かせて寝るって言ってなかったっけ……新婚生活が心配です)

 とにかく、汗。
 昨日の私の汗は、ハンパなかった。
 なんだかもう暑すぎて、踊り出したくなるくらいに逆にテンションが上がっていて、倒れられたら幸せなんですが、なまじか調子が良いもので、ペットボトル片手に、飲んだ水が直結されているように全身の汗腺から吹き出しているのがわかって、こりゃあ拭っても無駄だとあきらめて噴き出るにまかせていたら、うしろから声をかけられた。

「えー。それ汗? 大丈夫ですか」

 いや、いたって平気。

「なんか上半身、シャワー浴びたみたいになってますよ」

 ごめんなさい。汗くさくて。

「いいえ、うちの息子、いま高校生ですし、あら、そういえば」

 ちなみに、私はそのとき、上下ともに濃い色の服を身につけていた。

「ヨシノギさんて、ケツ汗、かかないんですね」

 ちょっと、絶句した。
 ヒトの全身をうしろから眺めて、なにを言っているのだこのおねーさんは。ふだん、言葉づかいの荒いひとではない。あわてて、あらごめんなさい、と口をおさえていたけれど。

 ケツ汗って(笑)。

 なんですかそれ、と、訊かずにいられるわけがない。 
 で、現役男子高校生の母親が、笑いをおさえられず、頬も染めながら、語って聞かせてくれたのは、こういう話でした。

 彼は電車通学で、しかも、ベッドタウンから大阪市内に向かう満員電車を日常的に使用している。彼の通う高校の夏の制服は、上は白いシャツだが、下がグレーのパンツ。これが、問題なのだという。ある夏、サエキアキヒト(仮名)という男子生徒が、学校にたどりつき、朝のホームルームにぎりぎりで間に合って席に着き、駅から走ってきたので息をととのえ、ホームルームが終わり、一時間目までの短い休みに、教室後方のロッカーから私物を取り出そうと立ちあがったら、後ろの席の女子が、短い悲鳴をあげた。なに? と集まる視線のなか、何人かが口をおさえ、何人かはサエキアキヒトを指さして笑った。

「サエキ、漏らしてんの?」

 サエキアキヒトは状況が飲み込めず、みなの視線を追い、自分の背中に原因があるのだと、手でふれた。白いシャツは、汗で背中に張りついているが、それは夏だもの、当たり前のこと。腰回りは、腰履きの下着を着けているし、ベルトもしているので、汗がにじみ出すなどということはない。つまりは、臀部。大量の汗をかき、木の椅子に座る。そのとき、グレーのパンツには、丸く黒い染みができて……

「い、いや、これ、ケツ汗だってばっ」

 というわけで。
 その場では大爆笑したものの、すべての男子は、自分のケツに触れ、翌朝から自戒したのだという。

 ケツ汗に気をつけろ。

 で、具体的に彼女の息子と、その周辺、サエキアキヒトの惨事を目撃したギャラリーたちは、どんな自衛策をとっているかといえば。

 下着をぴっちりめのサイズに変える。そして、登校前に、下着のなか、ケツの割れ目の部分に、数枚のティッシュを挟んでいくのだという。汗でボロボロになってしまいそうだが、電車通学での運動量程度ではそうはならず、朝のホームルーム前には、抜きとる。トイレの個室は満員で、鏡の前で堂々とケツからティッシュを取りのぞいている者も多いことから、彼女の息子によれば、相当数の者が、この作戦を遂行しているらしい。

 つまり、電車通学の男子高校生の多くが、ぴっちり下着とケツのあいだに数枚のティッシュを挟んで登校していることになる。

 私は、素朴な疑問を持つ。
 母親が、生活雑貨を扱う店で働いているのに、なぜティッシュ。
 訊いてみた。

「あせワキパットじゃ、ずり落ちるらしいの」

Sweat padSweat pad

 尿漏れパットは試していないが、生理用ナプキンは試したという。そうまでしてケツの汗を隠したいか、男子高校生。ホームルーム前に、トイレでナプキンをケツから抜き出してゴミ箱に捨てる絵ヅラもモテのため。まさに性奴である。

 たどりついたのは、一周まわってティッシュだった。というか、推察だが、男子同士のなかでも、女性用の衛生製品を使ってまで本格的にケツ汗対策をおこなうということが、ヒくのではないかと思われる。ティッシュは、まあ、許容範囲というか。

 プロレスラーを見習って、汗染みのできないズボンをはけばいいのだが、制服ではそういうわけにもいかず。まだ紺色なら救いがあるけれど、灰色というのは、濡れに最悪。椅子に座ったりしなくても、ケツの割れ目を流れる汗が、みにくい染みを作ることさえあるらしい。

 冗談めかしてだが、彼女は息子に言われた。

「なんでこんなカラダに生んだのさっ」

 新陳代謝が激しい年頃なんだからしかたないと思うの。でも、確かに、あたしも、ヨシノギさんみたいに上半身に汗かいていたら、下半身もひどいことになっているから、体質もあるのかもしれないわねえ……と。彼女は笑って、言ったのでした。

 ふーん。
 言われてみれば、私は、新陳代謝が激しい年頃のときにも、下半身にかく汗で悩んだことなど記憶にない。しかし、それはたぶん、十代の私が軟弱なヒヨッコで、長髪の痩せっぽちだったから「ちょっとあんたそっち男子トイレっ」なんてよく後ろ姿で止められたくらい運動とは縁がなく、汗腺自体が、慣れうんぬん以前に死んでいたのだと思い返すしだいです。
 制汗スプレーや汗ワキパットがデフォ装備になったからこそ、とめどない細胞の死滅と産生を繰り返す真夏の思春期を迎えた少年を越えて青年にならんとする青き獣どもは、みずからのケツになぜ汗腺などがあるのかと、もぎとって喰ってしまいたい思いに駆られているのかも。股間に制汗スプレーとか、ジェルとか、良い影響があるはずないですし。

 彼女の息子いわく。

「ケツ汗パット、発売されたらバカ売れやねんけどな」

 なんですって。
 どうですか、そこの製薬会社の企画に悩むあなた。
 世の男子高校生を救える仕事になるかもしれません。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/358-a31f56c9