最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『Microsoftマウスの閉じる設定はInternetExplorer8で無効になる』のこと。




 思いだしたので書いておきます。
 代々のMicrosoft IntelliMouse(マイクロソフトインテリマウス)を愛用しているのですけれど。
(正確には、MicrosoftのWireless Mouseのシリーズ。現在はIntelliMouseのワイヤレス製品はない。それでもいまだにインテリマウスと呼んでしまうのは、言い変えれば「マイクロソフトの変なカタチのマウスシリーズ」をまとめて指す名称がないからである。機能なんかよりも、あの独特の形状で群を別けるべきだと思う)

 で、いまつかっているマウスには、第三と第四、第五のクリックボタンがあるのですが。自由に使い道を設定できるこれのひとつに、私は「閉じる」をずっと設定していた。ネットサーフィンを窓開きまくってやるくせがあるので、これがまさに必需品。むしろふつうの右クリックボタンなんかよりも、ずっと使用頻度が高いので、これを右クリックに設定してもいいかもと思うくらいなのですが。

 Internet Explorer 8ですよ若旦那。
 いんたーねっとえくすぷろーらー8。

 導入したとたんに「閉じる」が使えなくなった。
 あれやこれやと調べてみれば、なぜなのかまったく意味がわからないが「IE7」まではあった「閉じる」という機能そのものが「IE8」では削除されているのだった。

 何度も、何度も何度も書いたことだが、マイクロソフトさんは巨大になりすぎてしまったがゆえに自分のしっぽのかゆみに気がつくのに三年かかるような巨大恐竜なみの愚鈍さもあわせもってしまい、いまだにマイクロソフト製マウスを設定するソフト「Microsoftマウス」では、「閉じる」を設定できるようになっている。というわけで、いまや自動アップデートですべてのInternet Explorerは8番目のに入れかえるんだと決めたのはマイクロソフトさんなのだから、すべての自社マウスで、その設定は「設定しても使えない」でもそこにある幽霊設定項目となったのである。

 まったくもう。そんなマイクロソフトさんのヘルプなど、覗いてもやらない。いつものように自己解決する。ていうか、ずいぶん前にしたのを思い出したので、その手法などを書きとめておきます。なんて、むずかしいことではないのですけれども。

 ショートカットキーというやつがある。
 キーボードの組み合わせで、いろんな機能を一瞬で起こすってやつ。
 [CTRL]+[C]=コピー、みたいなの。
 これのなかに「閉じる」機能がある。

 [CTRL]+[W]

 で、「Microsoftマウス」では、ボタンにキーボード操作を設定することができる。
 (「キーボード操作」を選択すると、その後に入力したキー操作を記憶します)
 はい。解決。
 解決だけれども。
 今後IEに閉じる機能をのせないのなら、「Microsoftマウス」からも「閉じる」を設定できないようにするべきでしょう。当たり前のことでしょうそれ。どっちも自社製品だぞコラ。

 とはいえ、インテリマウスは使いはじめると手放せません。
 あの不評だった初代Xboxコントローラーさえ、私の両手にはジャストフィットだった。手足大きめなので、アメリカンがちょうどいいのかもしれませんが、まいど「人間工学にもとづいて」作られる、決して好評ばかりではない奇抜なインテリマウスの形状が、実に心地よい。マイクロソフト製品との相性が良いのか。いや、どうなんだろうそれは。いちおう美大出なので、人間工学とかかじった身なのですが、つくづく教授のひとことを思い出してしまいます。

「でもな。変なカタチの椅子に〝慣れ〟たヒトにとっては、それがかけがえなく最上の椅子になってしまうんだよ。〝慣れ〟は、いつでも人間工学を上回るということを忘れてはいけない」

 だから、おばあちゃんに、人間工学的に見てこっちの方が使いやすいはずだと、ひん曲がった杖を奪いとって最新型を与えるのは、親切なことではないということを肝に銘じよ、ということだったのですが。Microsoft Mouseの開発者は、間違いなくインテリマウスを使って開発しているわけで、その時点で、次世代のインテリマウスは、インテリマウス愛用者にとっての〝慣れ〟のうえに成り立っている人間工学的エルゴノミクスデザインなんですよね。

 どうりでプレステのコントローラーを握ると落ち着かないわけだ(笑)。
 だから、たしかに毎回毎回「電池長持ち」とか言いながら、公表される数値で使えたことのないワイヤレスマイクロソフトインテリマウスを、選択してしまうのです。
 もう機能とか、そういうことじゃなく。
 それじゃなきゃいけない。
 一種のデザイン的洗脳です、これって。
 いや。でも。
 〝慣れ〟ると使いやすいんだよ、これが。

Wireless Optical

 最新型よりも、↑これが好き。
 間違いなく私が生涯つかったなかで、もっとも使いやすいマウスです。
 ただし、これも「電池二本で六ヶ月」はいちどとして実現したことがありません。どんな理想的な閉鎖空間で計測実験しているのやら。電池一本で一ヶ月といったところでしょうね、実測では。そこは納得のうえで、他社のエネループなる充電池で解決。

eneloop

 すばらしいです。
 安定感こそ、道具の命。
 Xbox360のワイヤレスコントローラーも、私はこれで動かしています。
 電圧が安定しているんだろうなあ、他の充電池よりも、確かに長持ち。

xbox360

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/314-166c4e1e