最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ブタの天使とちっちゃな魔法』の話。


Angelpig

背中に羽根の生えたブタの天使がいるとして。
その彼、もしくは彼女、もしくは無性の天使は、
きっとブタに神の言葉を伝えに来るのだと思うのだが。
想像するに、人間社会で暮らしているブタのもとへ、
よろこばしい知らせがもたらされるとは考えにくい。
「きみ、あした精肉」

いのちの食べかた

そんなことを伝えに来る天使なら、
いっそ知らせてくれないほうがいい。
それともブタ天使は、
もうすでに屠殺されたブタのもとへとやってきて、
「じゃ、行こか」
と、手を引いてくれる存在なのだろうか。
いや、手をつなぐブタはいないだろうから、
ブヒブヒ言いながら、
尻尾のあたりに噛みついて引きずっていくのだろうか。
なんにせよ、ブタ天使はたのしそうな仕事じゃない。
『BONES』でも殺人に使われていたが、
金属の棒を撃ち出すスプリングハンマー。

BONES

ブタを殺すには眉間にそいつを撃ち込むんだとか。
瞬殺らしい。
むかしは撲殺していたというから、
ブヒブヒ言う前に逝かせることができるのは、
精肉工場のかたにとっては嬉しい進歩だろう。
しかしたぶん、ブタにとっては。
育ての親が近づいてきて頭をなでられて。
次の瞬間には死んでいるわけだし。
最近では、飼育員が近づくことさえなく、
高圧電流で皆殺し方式もあるとか。
それはあの世に逝けない迷いブタも多いはず。
ブタ天使も大いそがしです。
にしても天使の造形というのは、なぜに羽根なのか。
ヒトに羽根。
ブタに羽根。
形状としてその位置についたその大きさの羽根では、
羽ばたいて飛べるわけではなく、
飛ぶとしたら魔法の力で。
ふだんはたぶん天使は歩いてくる。
その羽根、あこがれるよりも、なんだか奇形じみている
チキン天使はどうだろう?
天使って羽根があるから天使とわかるんであって。
やっぱり鳥の天使も羽根はあるはず。
ニワトリに羽根が生えていても、
やっぱり羽ばたいて飛んだりはできない。
迷えるチキンは、そいつが神の使いだと気づくだろうか。
ヒトでいえば、腕が四本生えた
鬼神カーリーみたいなのが近づいてくるわけで。
迷える魂には、刺激がきつくないかな。
逃げ出しちゃうんじゃないかな。
私なんて、チキンが主食な食生活だから。
たぶん、さまよえるニワトリ霊にとりかこまれている。
そう考えると。
飛べない四枚の羽根を生やしたニワトリ天使も、
そこらじゅうでうろちょろしているのかも。
うげー、な想像だ。
おいしくいただいて、
その栄養は有意義に使いますので、
天使も、食べられちゃった魂も、
どうか安らかに安息の地へ旅立ってください。
ゴキブリの天使とかも、
やっぱり羽根が生えてんのかなあ……

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ツバメデーモンは空を飛ぶことができる。飛べるのは、鳥のように骨が中空だからというより(実際彼らの骨は中空なのだが)、原子の一部になにか奇妙なことが起きているせいなのだ。原子に起こる奇妙な現象は、ツバメデーモンがどこか別の世界に存在しているかのような、いくつかの作用をもたらす。ひとつは、この世界の重力の影響を受けなくなるという作用だ。そうやってツバメデーモンは空を飛ぶ。大きな洋服だんすサイズから、小さな納屋サイズにいたるまで、どんなに体が大きかろうと。それは魔法とはちがう。ツバメデーモンは魔法を使わない。魔法のように見えるだけだ。

SunshineSunshine

 ロビン・マッキンリイ 『サンシャイン&ヴァンパイア』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『サンシャイン&ヴァンパイア』は、ヴァンパイア小説のなかでも異色の一作。なにより吸血鬼がかっこよくないし(でも魅力的でありヒロインを恋人から奪いとる。表紙のイラストは、ひじょーに美化されています。小柄でやせぎすで貧相な生き物なのです。無口だし)、ブードゥー戦争なる怪物大戦争後の文明が若干後退した世界。人間なのに太陽の光で魔法を使えるサンシャインは、パン職人であり、そんな自分でいたいと願い続けているのに、ヴァンパイアと関わるようになっていく。

 迫害されるヴァンパイア。
 そのヴァンパイアに好意を持ってしまったがゆえに、多くの敵に狙われるようになるサンシャイン。

 彼女にとっても、魔法とはそういうものである。
 ただ、そうできるというだけ。

 ツバメデーモンは空を飛ぶことができる。
 もちろん骨は中空で躯は軽い。
 しかし、だからといってヒト型の生き物は空を飛べない。
 それは、なにか奇妙なことが起きているせいだとサンシャインは考える。
 ただ、奇妙なことが「起きているだけ」だと。

 クーンツの『サイレント・アイズ』で、バーソロミューが雨に濡れずに歩ける能力と、それは同じ理屈。片足を異次元に。ちょっとだけ、この世界の軸からずれて、雨に濡れずに歩けるだけ。
 それは魔法ではない。
 そうだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『サイレント・アイズ』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 空気ってのも水とおなじように流れがあって絡みついてきて、だからものすごく急いで左右の足を上げ下げすれば忍者みたいにその上を歩くことだってできるんだよ、ということが理解されるまで、クマバチはカラダの大きさに比例して小さすぎる羽根のせいで「物理的には飛べないはず」だと言われてきた。気合いで飛んでいるのだとか。
 
 背中に羽根の生えたブタがいるとして。
 その羽根が大きければ飛べるのか。
 でも、羽根が大きいということは、それを動かす筋肉も尋常ならざる強さが求められるわけで、胸筋が鶏肉なみにヘルシーな豚肉なんて売れそうもないから、ブタは羽根を生やさないで生きているんだと思うんだけれど。
 話が、ブタの〝天使〟ということならば。

 そもそも、ヒト型の天使だって、そんな場所から生えたそんな羽根で、物理的には飛べるはずがなく、その飛べるはずがない程度ときたら、気合いでどうにかなるようなものでないのはあきらかなこと。

 でも。天使だしね。
 ちょっとした奇跡なんでしょ。
 それでいいじゃない、というところだけれど。
 いやちょっと待てよ、と。

 なにか奇妙な物理法則無視の物理力がはたらいて、となりの次元に体重のほとんどを持って行くことで天使が宙を飛んでいるのだとしたら。
 ちょん、と地面を蹴れば飛べるのでは?
 羽根という形状の器官が、そもそも、いらなくない?
 そういえば、ファンタジー物語にはよく、装備すると空が飛べる鎧なんていうのが出てくるが、たいていは足の部分に小さな羽根みたいな飾りがついているとか、そんな程度である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「うわ……なんだかこのままふわっと飛んで、空洞の外まで飛び出せそう」
 どうしていきなりこんなものを着せられているのかという疑問よりも、嬉しい気持ちが先に立ってしまうあたり、自分もやっぱり女の子なんだ、と思いながらリュッカが呟いた途端、
『うん、そのための装備だよ?』
 耳元で無邪気な声が返ってきた。慌てて振り返ったけれどもそこに彼はいなかったし、それに声はもっと近くで聞こえたと思う──そう、兜の髪飾りから。

4757750323

 真朱那奈 『千年守護者 ~いにしえの銀 とこしえの恋~』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まあ、そういう場合、掛け値なしに魔法なんでしょうが。
 それでも、そういう鎧を装備した場合、脳天気な少女キャラなら、とりあえずいいから言っとけってところ。

「うわあ。なんか飛べちゃいそうっ!」

 んでまあ、飛べますよ、とか。
 鎧が喋ってもいいし、お団子みたいな謎生命体が「飛べるんでむひゅ~」などと登場してもいい。
 しかし、きっかけはあくまでそれ。

 ちょっとした奇跡でも起こっちゃいそうじゃない?

 その感じ。
 マスクマンのマスクとか、脱いだら弱くなると思う。
 背中の開いたドレスを着たらセクシーさが倍増するのは見た目だけのことではないし、怖いヒトがサングラスをかけるのはウルトラセブンに変身するのと同じ理屈ではないかと。
 変身。

MUTA

 ということを考えると。
 つまるところ、「天使って羽根があるから天使とわかるんであって」、というところが重要なのではないかと考えてみたりする。

 羽根がないのにどうやってお空の上からやってきたのと、信者が怖がるから。
 それとも、羽根がなくても飛べるのは神さまだけだと演じるためか。
 
 『サンシャイン&ヴァンパイア』の世界では、魔除けのシルシが大活躍する。お守りにして身につけたり、もっと身から離さないために、タトゥとして入れたり。
 よく、背中に羽根の入れ墨を入れているスポーツ選手がいる。
 ああいうのも、本当に一種の呪術で、効果もあって、それを入れることで体重のちょっとは異次元に飛ばして、天使なみに地面を蹴れば実力以上のジャンプができて真空飛び膝蹴りが相手のアゴどころか眉間に突き刺さる、のかもしれない。
 で、そこが大事なところだけれど。

 背中の羽根のタトゥは、自分で見ることはできない。
 それを魅た観客、それが背中にあるということを意識する自分。
 効果があるとすれば、その精神レベルでなにかが起きている。
 ちょっと奇妙なことが。
 それは魔法ではない。
 ん? それは魔法ではない?

 作家の筆は魔法のステッキだという表現がある。
 何気にテレビでやっていた『フレフレ少女』を観て、ハーツハーツハーツゴー!に感動した。苦笑したヒトも多いんだろうけれど、私にはキた。ハートを飛ばしてがっつり相手にぶつけたら、そこにはなんらかの奇妙な効果が現れたっておかしくはないと私はどうやら信じている。

新垣結衣

 それは魔法ではない。
 と、サンシャインは言うが。

 マジシャンの手のなかで、コインが消える。
 マジックショーをチケット買って観に行ったヒトには魔法じゃないが、親戚のおっちゃんに突然それをやられた、なにも知らない四歳児にとっては、魔法だ。

 飛べるはずのない形状の、ブタの天使を見つめていたら。
 なぜだか、むしろ、飛べ、と言われている気がしてくる。
 羽根なんてこんなもんよあんた。
 そもそも飛べるわけないんだから。
 まあ、天使らしくってことでの羽根よ。
 物理なんかとは、関係ないのんさ。
 ついてると可愛いし。
 記号ってやつ。天使のシルシ。

QB

 あたしは天使。
 だから飛ぶ。

 もうさあ、飛べようが飛べなかろうが。
 その思考ができた時点で、魔法使いでしょ。飛べなくたって、あたしの想いが足りなかったからだという一点張りで、幾度でも試みることのできる心を有したら、彼女のなかでの魔法はすでにきっと作用している。
 羽根のタトゥも、指輪も、口紅とか、髪型ひとつでも。
 サンシャインの言う厳密な意味での魔法ではないかもしれないが。
 やっぱり、そこに微々たるものでも効果があるのなら、
 呪術であり、魔法だ。
 ないがしろにしちゃいけない。
 ちっちゃな羽根でも。
 ちっちゃな贈物とか。
 ちっちゃな言葉とか。
 ちっちゃな接触とか。
 ちっちゃな想像でも。
 作用する。
 気をつけて。
 でもせっかくのチカラ。
 使いこなしたい。

 なんで飛ぶんだか、科学的には解明できないクマバチを、シンボルマークにしているラグビーチームというのは多い。ラガーシャツのしましまがハチに似ているというところもあるんだろうが、クマバチのあの筋肉で逆三角形になった太マッチョぶりと、その体格で気合いで飛ぶという、その進化の仕方に、あこがれる気持ちの表れだとも思われる。飛べるところまで羽根を大きくして、カラダを小さくすればいいものを、でかいカラダがもっとデカくなっても、それを凌駕するパワーで飛ぶのだという、そのバカッぷり。いや、カッコイイと、確かに思うのだ。チョウチョウに、カゲロウに、なればいいのに、カロリー消費の王様になって飛ぶ。喰やいいんじゃん、羽ばたけばいいんじゃん、それで飛べるんだから、なんの問題もねえっての、エネルギーが切れたら墜ちるだけだし。いさぎよし。

 ひとりのときに、ひとこと想いを口にするのだって、空を飛ぶ鎧を着たのと同じくらいに魔法効果がある。
 それはきっかけであり、魔法の発動。
 だから下手なことつぶやいちゃダメ。
 心にもないことは独り言でこそ言っちゃダメ。
 むしろ無理っぽいけれど欲しいものを口にする。
 神さまとか言ったらダメ。
 あくまで自分の言葉でスイッチ入れるだけ。
 なにものかになにかを頼むんじゃない。
 ちょっと奇妙なことを起こすだけ。
 あとは持続力。
 想い続けるのは、自分のチカラ。
 忘れないためのタトゥも鎧も、ただの補助。

 魔法なんてものはね。
 使えるヒトには、そんなもの。
 それは魔法じゃない。
 そんなふうに見えるだけ。
 言えてしまえば、もう魔法使い。
 魔法のなんたるかが、わかったってこと。
 ただ、そうできるというだけ。
 魔法なんてね、そういうもの。

 ところで余談ですが、サンシャインも言うように、そういうつぶやきをタトゥというカタチで身に染めて護符にする場合、制約も出る。図案が歪むから太ったり痩せたりできないし(円形魔法陣なんかを彫るのは、円が歪むと悪しき魔法の発動につながってしまうので、バカか修行僧に限られる)、魔法の向かう先も、考えなくちゃいけない。山本KID徳郁が、義兄であり師匠であるエンセン井上のキャッチコピー「大和魂」を右腕に彫ったものの、姉とは離婚するは大麻で捕まるわで、やむなくサイボーグ図案の奥へ大和魂を沈めたり。バティスタが、日系娘Angieと結婚し、左腕に義母デザインの漢字「天使」を彫ってみずからのシンボルにまで高めたものの、離婚、その左腕の筋肉を断裂して(呪い?)三ヶ月欠場のあと、スマックダウンに戻ってきたら天使はトライバル文様の奥に埋められていたり。
 関係性にもとづく呪文というのは、永遠の効力は持たないものだと思い知る。

山本KID徳郁バティスタ

 ところで余談ですが(その2)、ゴキブリってのは、かりっと揚げると外の堅い羽根がエビみたいに赤くなり、内側の薄羽根が白くなってひろがって、ものすごくおめでたい感じになるという。地球外へ移住したさいの養殖食料として研究されているそうだが……無菌で育てれば、洗わなくても食べられる清潔安全おいしいゴキブリもできるのだろうな。で、そのテラフォーミングされた惑星に移住した多国籍な第一陣のなかで、日本人だけが「紅白? そりゃめでてえ」とゴキブリをばりばり喰らったら、ほかの国のヒトたちは、彼を尊敬の念で見るだろう。
 そのとき、言うといい。
 うちの国じゃ、もともと虫を食うしね。
 紅白に染めた饅頭なんてのもあるんだぜ。
 ビビッドな赤白だろうが顔とか足がついていたって。
 栄養源。
 だから、ただ、

「食べられるってだけ」

 魔法じゃないんだよ。
 ってゴキブリをほおばるの。
 カッコイイと思う。

DANGO

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/307-d20aa96c

クロムハーツ ネックレス  クロムハーツ ネックレス  2013/10/24 16:51
グレート サイト 。 プレンティ 便利 情報ここ。 M 仲間 ansの さらに美味しいで共有少数のいくつかのいくつかのに送信する。ともちろん、 | 、 おかげありがとう 。