最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『神戸には鉄人28号が立つ』の話。



 このあいだ、ここで、

「タコスを食べると覚醒する、だじぇいの雀士・片岡優希が「学食にタコスがある」という理由で清澄高校に進学したことがすべての物語の発端である『咲-Saki-』のアニメ化が現在放送中だが、彼女が麻雀を打ちながら食べているタコスは、二つ折りである。二つ折りにしたものをさらに紙で包んであるという、屋台的なラッピングがほどこしてあるものの、原作の描写を見るに、おそらくあれはソフトシェルなトルティージャ」

 という話をしていたのですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『スープがあまったのでトルティーヤを焼く』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 先日、タコス専門店の『タコデリオ』が秋葉原で「片岡優希のタコス」を売るという、そりゃタコス屋ならやらんでどうする、という企画をおこなったそうなのですけれども。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Taco Derio!タコデリオ』公式サイト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 写真を見るに、どうもそれ、トルティーヤっていうか、クレープなんですよね……薄めた小麦粉を鉄板にのばして焼いたみたいな。こねたり寝かせたりのばしたりしないので、麺棒に生地がくっついてキーッってなって、打ち粉をもっとっ、と小麦粉の袋に手をのばしたら手が生地でべたべたで、紙袋にくっついてうまく開かないでまたウキーッッってなって麺棒を窓に投げつけてガラスががちゃーん、なんてこともないわけでしょうけれども(ナマ生地も売っているようなので、たぶん工場生産なのでしょう)。

 実際、ソフトシェルとはまた別物としてクレープタイプのトルティージャというものは本場でも存在するようですが……でも「片岡優希のオリジナルタコス」ですよ? 「学食にタコスがある」という理由で清澄高校に進学したのですよ? 校外の中学生にまでとどろく学食の人気メニューである、ということを考えたとき。

 うっすいクレープにそぼろ肉と刻んだ菜っ葉をちょいとのせたのが二個500円。

 私、たぶん十人前食べて5000円使ってまだ空腹。まして高校生のころの私が、500円払って学食でそんなすかっすかな食い物出された日には、暴動起こすよ。値段はともかく、学食の名物料理でクレープ生地二枚って……六時間目の最初の礼でグーって鳴る。もっと小麦粉を。もっと肉を。いや肉はいいからとにかく粉をっっ穀物をっっカロリーをっっ。折り曲げられないくらいに分厚いタコスだって七大欲の権化高校生たちにかかれば、ぺろり。
 それが学食というものだと思うのですが。

 「優希オリジナルタコス」ということで、学食のコックのおっちゃんと優希が仲良しで、おっちゃんはつるぺたロリ体型な優希があんまりタコスを喰らうので、一日に何個食べたって体型が維持できるように、あえて水で薄めまくったクレープ生地のタコスを考案したという。
 そういうことにしておこうか。

 オフィス街だと売れるのかなあ。どうも私には、ごはんじゃなくておやつの分量にしか見えないんだ……やっぱりタコスは外食でなく自宅で食べるってものですよ。業務スーパーで強力粉1キロ200円でおつりがきます。あーた。1キログラムの粉でトルティーヤ焼いてみてごらんなさいまし。気絶するくらいの分量です。山盛りのそぼろとキャベツと安いワインまで添えたって1000円いかないでしょう。二人で食べたって、なくなる分量じゃないです。そういう料理だからこそ、蒸し暑い情熱の国の主食になりえたと思うわけで。
 軽いタコスなんてタコスじゃないやいっ。

 ……という叫びは、むろんそれ。
 二日限定の秋葉原でのイベント。
 大阪のヲタクには無関係なので。
 悔しくての遠吠えですよ。
 そういうことは、よくある。

 東の聖地が秋葉原なら、西にだって日本橋があるわい、と言ってはみるものの……いえ、嘘です。いまではもうそんなこと口に出して言う人はいません。そもそもの戦後からの電気街としての日本橋はもう崩壊寸前まで廃れ、代わりに台頭してきた古本屋から派生するゲームショップの類も、いまではまっとうな大型店舗が残るだけです。私も何件か知ってはいますが、怪しげな物を売る怪しげな店というものは、いまではもう少し北に離れたビル街のなかで、看板を出さない一室を使って知る客だけに商売する形態。日本橋にも何件か、怪しげなフリをしたまっとうな秋葉原風味のメイド喫茶などが建ちましたが、残念なことにさびれゆく日本橋のすぐ目の前には近未来的商業施設なんばパークスがそびえ立ったり、巨大なシネコンがあったり。休日には一般人がふつうに多い街なのです。秋葉原みたいに、結集するほどのヲタの量がない。結集できないヲタなんてものを相手に商売しても、広がりがないことはだれにだってわかるので、ますます日本橋はふつうに駅前の一等地で、ふつうに有名な大型店が空き地を買い、ふつうに大阪梅田にあるような店のコピーを建てるのです。なんの聖地か。大阪で実際に生きている者ほど、もはや日本橋を聖地とは呼べない。それでもまだ数年前までは、ネットで見つからないパソコンのパーツを「日本橋ならあるかもなあ」と言ったりはしていたのですが。この数年で、その幻想もくずれました。いまではもう日本橋へ行っても「え、どこ日本橋? どこにもないやん」という状態です。そんなところでたまたまメイドさんに出逢ったりすると、かえってなぜこの街で東京の聖地を物真似できると思うのか、と侘びしい気持ちにさえなってしまい。ああくそ東京め、東京めとつぶやいてしまうのです。ええ、逆恨みです。

GUNDAM

 そんな東京にガンダムが立ったという。
 あーすごいねー、東京のヒトみんなブログに書いてるねー。
 というわけで写真だけいっぱい見ました。
 ち。東京め。

 いちおうガンダム世代なので、ガンプラとかは作っていた。
 もちろんファーストも観てはいた。
 しかしながら、だんだんと自我というものが目ざめてきて考えてみるに、あんまり好きじゃないということに気づいたというか……大の大人になって、いまでも新シリーズは録画して観る、ファーストから皆勤賞の視聴者のクセに好きじゃないというのもアレですが。

 流行っていたから買って作ったものの、ガンダムを変な色に塗ることに頭を悩ませた記憶しかない。
 ズゴックとか、アッガイは好き。

1/100

 ジオングも好き。
 連邦軍だとガンタンクが好きだったから、やっぱりそもそも嗜好がガンダム向きではなかったのだと思う。ホワイトベースのプラモ、何個も作った記憶があるもん(笑)。流行っているから男子として作らざるをえないけれど、かんじんかなめのガンダムVSザクに造形的な興味が持てなくて、自分好みなのをなんとか見つけて愛そうとするのだけれど、やっぱりなんか違う。

 マクロスは好きだった。
 むしろ、新しいシリーズのほうが好きなくらい。
 『マクロス7』がいちばん好き。

7

 そういえば私は『Halo』が好き。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Halo3の発売日が決まった』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『3』だけでも、発売から2年経って、まだ毎日のようにプレイする。ていうかコーヒー好きな人がもうカフェインなしでは、ぼおっとしてしまうように、いまの私は原稿書いてはワンゲーム『Halo』というのが、完全に作法としてできあがってしまっている。いや違う『Halo』が先だ。もはやそれなしで闘いに向かうアドレナリンが出せなくなっているのかもしれない自分が心配である。

 ところで対戦好きならこっちもやろうぜと、Xboxのヒット作、トムクランシーシリーズなどをフレンドから誘われることが多い。この『とかげの月』でも何度も引用しているくらい、私はトム・クランシーという作家の小説は嫌いじゃない。
 特に『ネットフォース』のシリーズなんかは、ゲーマーならおもしろくないはずがないので、読めや、とみんなに勧めたいくらいである。

 が。
 そんなトム・クランシーの名を冠するヒット作に代表される、一群のミリタリー・ゲームたち。そういうのがピンとこない。戦争は嫌いだ。でもフィクションはフィクションなので、現実の戦争嫌いとは別に、ゲームはやる。戦争映画も観る。で、なにがピンとこないのか、ピンとこないものを並べてみるとピンとくる。

 部隊。
 それがダメ。

「おれの歌を聴けー!!」

 だからマクロス7好き。
 だれにも背中はあずけない。
 だれの背中もあずかりたくない。
 正義のために戦うけれど、おれが弱くて負けたらあとは知らん。

 スーパーマン型のヒーロー好きなんだと思う。
 よく、アメリカのスポーツ選手や政治家が、現地で戦う兵士たちに語りかける。

「あなたたちは全員がわたしたちのヒーローだ!!」

 そういうのが、どうもダメ。
 現実では、それは負けない部隊を正義のために投入すべきだが。
 フィクションでそれだと、ただの戦争になる。
 戦争物で、ただの戦争、もないものだけど。
 超人マスターチーフが戦場で神になる。
 ランボー、敵、殲滅。
 そういうのが、フィクションとして絶対的に好き。

Stallone

 というわけで、超人ではない兵士たちが主人公になる『Halo3:ODST』も、むろんすでに予約済みだが、一抹の不安をおぼえていることは確かである。きみも一兵士となって戦場へ向かえ……向かうけど。熱くなれるかなあ、唯一無二のヒーローじゃない、おれに。だれかに背中を、あずけることに。

Halo3:ODST

 そんなこんなでガンダムが好きじゃない。
 これだけガンダム世代ど真ん中で、これだけゲームや映画を愛する人生で、記憶にあるかぎりガンダムと名のつくゲームを買ったこともなければ、ガンダムの映画を劇場に観に行ったこともない。
 だから、お台場にガンダムが立ったって、別になんとも思わない。
 なんでガンダム。
 ひねりがないよね。
 ガンダムって(笑)。

 そういえば、飯野賢治さんもブログで、そのガンダムを見に行ったことを書いておられ、このような提案をされていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『eno blog: ガンダムと巨大』 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ガンダムはひとつでよいけれども、それぞれの都道府県にいっこずつ、そういうものを立ててはどうか。

 むかしのヒトが、大仏を見て、石なんだけれど、木なんだけれど、ヒトの形をしているとこんなに大きいのに動き出しそうな気がして、そこに神を見る、というか、人間の知覚の限界を超える経験をする、というような。そういう効果があるならば、それはガンダムが好きだとか嫌いだとかいうことではなく、全国、いや世界中の各都市に、それを立たせるべきだ。みんなの器がデカくなれば、ケンカも減るだろう。そういう意味では、やっぱり戦争のための機械なんかよりも、なごめるものがいい。
 ロボットになんて限る必要がない。
 平和なのがいい。

 全長18メートル『リリカルなのは』でどうだ。

NANOHA

 観世音菩薩像ぽいじゃないか。
 あ、でも。
 スカートか。
 見上げるのは教育上よろしくないか。
 じゃ、もういっそ使徒とかがインパクトあっていいんじゃない。

SHITO

 ……バランス悪いな。
 動き出しそうじゃない。
 ヒト型ではあるんだが、永遠に動かなくても不思議ではない。
 これでは本来の、ヒト精神解放の目的を達せない。
 なんかもっとこう躍動感のあるっ。
 やっぱりヒト型の。
 でもヒトじゃない。
 もとに戻るがロボかなやっぱ。

 とか言っていたら。
 すでに今月から神戸に立たせているという。
 躍動感あふれるポーズで。
 JR新長田駅前。
 我が家からも車で数十分の距離。
 やるね神戸っこ。
 負けず嫌いな兵庫魂。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『KOBE鉄人PROJECT』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そうそうそう。
 鉄人28号。
 宝塚の手塚治虫。
 須磨の横山光輝。
 兵庫の宝さ。
 ガンダム?
 人が乗って動かすなんて、そんなのただのヒト型戦闘機じゃないか。鉄人はラジコンだ。ショタコンという言葉も生んだ、コンプレックスするほどキュートな半ズボンの正太郎少年が、ひとりで鉄人を操って戦場へおもむくのだ。あんまり離れられないから、正太郎も戦場に足を運ぶのはしかたないが、別に部隊も引き連れないし、市民は逃げる。負けたって、少年ひとりが死ぬだけだ。それが正義だ。
 鉄人28号は、孤高の正義の象徴なのである。
 戦争反対!!
 ガンダム反対!!
 鉄人サイコー!!

 あーすっきりした。
 なにが東京か。
 西には鉄人18メートルだっつーの。
 ヒザ曲げてるのに同じ高さだもの。
 立ったらこっちのが高いっつーの。
 東京に勝ったっっ!!

 ……と。
 なぜぼくは狂喜乱舞できないんでしょうか。
 おとうさん。
 ぼくは、鉄人28号、好きなんです。
 ガンダムなんて、そんなに好きじゃないんです。
 でも頭をよぎるのは。
 今月末のガンダム終了までにお台場に行くのは無理だ……

 東京のイベントって、いつもそうなんだ。
 めっちゃ情報だけ入ってくるんだもん。
 みんな写真撮ってブログに書くんだもん。
 たのしそうなんだもん……

「なにおぉ、西にはなあっ」

 これがあるんだと。
 言った時点で、かなしくなる。
 ごめんなさい。
 うすっぺらくても高くても、優希オリジナルタコスを食べてみたかったです、メイドさんが歩いていても違和感のない街で、歩いているのを見ても寂しくならない街で。

 負けてないけど。
 自慢することだっていっぱいあるんだけどっ。
 小学校の帰り道で阪神の真弓の家をピンポンダッシュできたんだぞ(コラ)。
 今日のところは、帰って悔し泣きます。

 鉄人28号。
 かっこよくできるといいなあ……

28go
  

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/296-4db0c3da

クロムハーツ  クロムハーツ  2013/10/24 16:51
あなたは、 完了 いくつ 素敵細かい点が。私が上で検索しました主題 、見つかっほぼ全て 人々が 同じ意見を持っていると一緒に行く。