最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『善良な男を狙え!!』の話。



『善良な男』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 その本の30秒トレーラーを作って、賞金とクーンツ先生直筆サインにシリアルナンバー入り特製『善良な男』を狙え!!
 受賞作は実際にCMとして販促に使うよ。

 という映像作家さんにもクーンツ・フリークにもうれしいコンテストが開催されていたのですが。
 私は参加こそしなかったものの、ことの経緯をじっと見ていた。

 で、大賞決定。



 次点のお二人。





 うーん。
 すげえ無難なところが選ばれたねって感じ。

 その他の応募作はこちら。

 ほとんどの作品が冒頭の「善良な一般市民である主人公が酒場で殺し屋に間違えられて金を受けとる」というシーンをドラマ仕立てにすることだけで満足しているところを、あえてその後のアクションシーンにまで歩を進めた、これとか。



 いっそ内容を語らない、これとか。



 そのあたりが私は気になっていたのですが。
 そもそも、クーンツ・タッチも絶好調で、申し分のない娯楽作になっている『善良な男』だけれど、発売から二年も経ってから販促コンテストってことは、たぶんあんまりぱっとしない売上げなんだと思う。このところベストセラーリストのトップを当たり前に獲っていたクーンツなので、二位止まりなんかで忘れられたのでは、版元としても、もったいない。マスマ-ケットペーパーバック版(日本でいう文庫本)はなんとしても巻き返して売りたいものだが、きっかけさえあれば売れる良作なのになにせ内容が薄いから……と頭を悩ませた結果のインターネットとユーチューブ頼みの新規顧客層開拓企画だったはずなのに。

 奇抜なところを選ばない。

 なんというかひっそりとはじまりひっそりと終わり、結果も別に……という感じのコンテストだったのでした。うーむ。日本で大々的に募集すれば、アニメ作家やAV作家あたりの逸材が、ぴしっとしたもの作って出したような気もするんだけれど。五十万円という賞金と、サイン本目当てであきらかな素人がゆるいもの作って送るせいで、コンテスト全体がしまりのない感じに。ていうか、三十秒で語れって言われたら、そのシーン描くしかないんだものな。似たり寄ったりになって当然。冒頭がすぎたら、あとは追いつ追われつキャラクター頼みで走りまわって最後はハッピーエンドの、偉大なるクーンツ王道作。
 王道だから爆発的に売れない。
 でも王道であることしかアピールしようがない。
 逃げる、というただそれだけの作品で、かつ大長編であるのに、それでいて読ませるのは、とびきりに変わっていて、小生意気で、限りなく前向きな……つまりはレイラニ的な、クーンツ師お得意の美少女が全編通して喋り続け暴れまわるから。
 ニール・スティーヴンスンの『スノウ・クラッシュ』の文庫表紙を『エア・ギア』がパクるよりも先に『ジェットセットラジオ』風味なPOPイラストにしてみたら中身はハードSFなのに売れたし、その次の『ダイヤモンド・エイジ』も単行本は目つきの悪いゴス少女で文庫は正統派甘ロリという表紙でいい感じに売れ、さあきたぜローカス賞受賞の大大長編『クリプトノミコン』! と思ったら、なんか戦前の紙芝居みたいなのっぺりしたオッサンの画と戦闘機を描いちゃって。

StephensonJSRF

SIF EX
 
StephensonStephenson

 その後、2003年の『Quicksilver』はクラーク賞を獲ったにもかかわらず、いまだ未邦訳。なぜあそこでヲタ心を掴むイラスト表紙路線を続けなかったのかと悔やまれてなりません。表紙だけで買って読まない人たちのいるおかげで、中身が欲しい私たちのもとへと次の作品が供給されるというのに。ちょっと売れたからって、萌えを忘れたら干されるのです。忘れてはなりません。
 大事なのは媚びること。
 だからなんでせっかくはちゃめちゃなヒロインの大騒ぎな本なのに、こんな表紙にしてしまうかなというところですよ、ほんと。クーンツフリークの八割は「またやっちゃったよクーンツ先生ってば」という失笑こそを求めているのであって、新規顧客の開拓もそのへんの空気がわかるあたりを狙わないといけないのに、大まじめなサスペンスものみたいな見た目にしてしまって。
 売る人たちが、ディーン・クーンツを巨匠に仕立て上げようとするからダメなんだ。
 彼は、カツラをかぶった人間の子よりも犬を愛する元ポルノ作家で永遠のB級職人なんだ。
 それが偉大なのに。
 わかっちゃいねえ。

KoontzKoontz

 まあ、クーンツに至っても、ベストセラー作家は絶えず万人受けするものを書けと要求される昨今なのです。いま、そこまで行ったからこそ、じっくりと先生がこれぞと思うスタイルで描いて欲しいのに。もう売れなくたって使い切れないくらい稼いだんだからさ。「ああもうなにやっちゃってんの最高だよクーンツ大師イっちゃってるね」と私たちはのけぞりながら新作を読みたいのにな。
 先生はどうしても映画化してヒットさせたいのである(笑)。
 クーンツ先生はいつだって大まじめ。
 まじめっていうのは、度を超すとおもしろいんだよなあ。
 なまじっかベストセラーを狙って書いて、本当に売れてしまうから、頭に残ったわずかな髪の先から小指の爪の先まで、完全無欠のB級作家なのに、ふざけて作品を書くことはない。

 だから、まわりのひとが、その愛すべき、まじめクンの書いたものを、もっとバカっぽいところに届くように売らないとダメだと思うんですよ。ミクストジャンルとかSFとかって、つまりはバカな本なわけで、それをまるでいっぱしの文学みたいな顔して並べるから客が育たない。
 そのあげくがこれですよ。

 売りたいのに、客層開拓したいのに。
 コンテストに集まったのは、大まじめなサスペンスタッチばっかり。
 それ流して買う層は、もう表紙見て買ってるつーのに。

 ヒトに好きなもの勧めるってのはむずかしいね。
 しかしまあ、その伝えにくい微妙なところをたのしんでいるというところがフリークのそれたる悦楽なのであり、映画化して大ヒットとか、永遠にしないで欲しいというのも多分にあり。マニア心理というのは複雑なものです。だからあなたもきっと買わないんだろうなと思いながら、声高に勧めてみますぜ。

 ディーン・クーンツ。
 『善良な男』

 これはこれでよい!!

 いまさらいまいちど、世界中のクーンツ・フリークが『善良な男』について語るという効果を考えれば、コンテストの内容うんぬんなどどうでもよく、数十万ドルにサイン本なんて安っい投資。まんまと私ものせられたというところなのだろうが、それはそれで満足なり。
 これはこれでよい!!

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/269-6ca63c23