最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『サラ・ジェシカ・パーカーを嫌うダイエット』の話。

Coca-Cola

 ソーダとコーラがなければウォッカを薄めず飲み続けていまごろ胃に穴が開いているだろうという私にとって、加糖コーラなど手を出したら一ヶ月で体重が倍増するだろうことは想像に難くなく、カロリーゼロのコーラがある時代に生まれてよかったなあ、と心底、思うのですけれど。

 そのうえ、1.5リットル×8本=13キログラムのコカコーラゼロを送料無料良心的価格で届けてくださるネット社会も充実となれば、ああこれで私はアスパルテームをただひたすらに摂取する機械になれるんだわ素敵、なんていう夢見心地なわけですが。

 先日、ゼロのかわりに飲んでいた別のカロリーゼロなコカコーラのボトルを眺めていて謎にぶち当たった。

Coca-Cola

 ティム・バートン監督の映画愛がこもった傑作『エド・ウッド』で私の心をつかみながら、近年では『セックス・アンド・ザ・シティ』主演によってか全米におけるアンケートで『男性が選ぶもっともセクシーではない女性』に選ばれたという記憶も新しいサラ・ジェシカ・パーカー。なぜかそのサラの顔がでっかく缶にプリントされているというところからして謎。いわば、女性に大人気で、しかし男にウケない代名詞の彼女をCMに起用するどころか、缶やボトルにまでというのは……男性コーラ愛飲者にとって、人前でサラの顔が描かれたドリンクを愛しているとアピールするのは、どうにも「ぼくはセックス・アンド・ザ・シティも観ているし、おおいに笑ったね」と主張しているようで耐えがたいものがあるのですが。

Coca-Cola

 まあ、1.5リットルボトルにはサラもプリントされていないので別にいいのですけれど、そういったプロモーション的な謎よりも、原材料のところ見てください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原材料名 : 砂糖、カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、香料、保存料(安息香酸Na)、カフェイン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ………………………………はっ。
 意識が遠のきかけました。
 かのコカコーラ様ともあろうものが、こんな凡ミスを?
 原材料名って、入っているものが、入っている量が多い順に表示しなくちゃいけないんですよね。
 そしてコーラの原料の最も多いものは「水」。
 これは表示義務がないので……
 
 筆頭原材料:砂糖

 ………………………………。
 ノーカロリーコカコーラ。
 サラ・ジェシカ・バージョン。
 発売から一年以上たっています。
 いま気づいた。
 あわてて冷蔵庫に走る。
 コカコーラ・ゼロの原材料は?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原材料名 : カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、香料、保存料(安息香酸Na)、カフェイン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そりゃそうだ。
 そうに決まっているさ。
 だってカロリーゼロなんだもの。
 アスパルテームこそが砂糖の代替甘味料なのに砂糖を入れていいわけがない。
 アスパルテーム作ったひとへの侮辱です。
 ていうか実に謎なことに。

Coca-Cola

 ノーカロリーコカコーラ・プラスビタミンの原材料。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原材料名 : 香料、カラメル色素、酸味料、ビタミンC、甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、カフェイン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 レモン風味なので香料が筆頭原材料になり。
 健康を考えて保存料を抜いてある。
 で、もちろん砂糖は入っていない。
 おいこら、サラ・ジェシカ・パーカー。
 ちょっと待ちなさいよ、と。
 なんだよ
 砂糖だよ、砂糖。
 カロリーゼロなわけがないじゃない。
 そんならアスパルテーム発明した意味がないじゃない。
 どうなってんのさこれ。
 ミスじゃないんなら、不当表示?

 ん?
 食品100mlあたり5カロリー未満であればノーカロリーと表示できるって?
 ああ。そう。
 いや、パッケージの表示はそれはともかく。
 エネルギー : 0kcal/100ml
 って書いてあるんですけれど。
 コカコーラ・ゼロにも。
 ノーカロリーコカコーラにも!
 ノーカロリーコカコーラ・プラスビタミンにも!!
 そのなかの一品にだけ砂糖が入っているのに数字は同じ。
 数学という神に対する冒涜ではありませんかこれは!!!

 これはもう、こう考えるしかありません。
 結論。

「ノーカロリーコカコーラ100mlを飲むためにヒトが消費するカロリーとノーカロリーコカコーラに含まれる砂糖のカロリーがイコール」

 この数式でしか、コカコーラ社が正当に表示していると納得できる解釈がない。
 しかしならば、こういうことになってしまう。

「ノーカロリーコカコーラのかわりに、砂糖のまったく含まれないコカコーラ・ゼロを飲めば飲むほどカロリーは消費されていく」

 それはもう、砂糖が入っていても0kcal/100mlと表示できるくらい。それほどまでにコーラを飲むにはカロリーを消費するのです。アスパルテームによって真に0kcal/100mlであるコカコーラ・ゼロやノーカロリーコカコーラ・プラスビタミンならば、1.5リットルも飲んだころにはもうおなかがぐーぐー鳴って餓死寸前なはず。
 まさに飲むだけで痩せる。
 究極のダイエット法がここに。
 さようならサラ・ジェシカ・パーカー。
 やっぱりぼくらが愛すべきはアスパルテームでした。

PEPSI

 ちなみに私は、味で選ぶならペプシネックスが好きです。
 さらにレモンを足していただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原材料名 : レモン果汁、酸味料、カラメル色素、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムカリウム)、保存料(安息香酸Na)、カフェイン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 ペプシネックスにも砂糖は入っていない。
 ほんとコーラの世界の秩序を乱しているよ、
 サラ・ジェシカ・パーカー。
 ゼロとは、ゼロでしかありえないはずなのに。
 食品業界では違うんだろうか。
 謎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『暗闇にてアスパルテーム』の話。

『すかっと爽やかアスパルテーム』の話。

『アスパルテーム煮』の話。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/252-a6ab7d9c