最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『Vidmasterチャレンジ:7on7を解除した』の話。

 『Halo3』発売一周年記念祭開催中!!
 なXbox360では、一周年を越えて最初の7の日がやってきて、Liveはもう大騒ぎさ!
 というわけで、実績1000を取得し、解除する実績なくなっちゃったからなんか必死になれないなあ、と思っていた私のためにも追加実績が用意され、いよいよ『Halo3』熱が再来です。

 まずはバンジーにゆかりある7の日の今日から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Bungie Dayに地球を想う』の話。   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 〝Vidmasterチャレンジ7on7〟の実績は、7EXPを獲得した状態で、任意の月の7日にランクマッチまたはソーシャルマッチに参戦、で解除される。
 今日は10月7日。
 最初のチャンスだ、追加実績の最初のひとつ!
 実績ポイントはなんと0ポイントだけれど、バンジーさんが、解除したひとにはのちのち良いことがあると明言しているのでなにかあるに違いない。
 こりゃ解除しておかなくちゃ。

 『bungie.net』の右上のボタンからWindowsLiveIDをつかってサインインすると『Halo3』のどのゲームでどれだけのEXPを獲得しているかを調べることができます。見てみれば、ちょうどランブルピットが5EXP。ちょちょいと勝っちゃえば7まで到達できそうです。一周年記念アップデートで、それまでのEXPはリセットされているため、だいたい軒並みどのゲームも7EXP以下。だったら『Halo3』世界ランキングとは関係ない遊び場であるランブルピットで暴れるというのが常道……すまんね、初代『Halo』からやっている私なんかが、初心者の練習場で経験値稼ぎなんて……7EXPとったらさっさと出て行くからね。

 で、プレイ開始してみたら。
 ぼっこぼこです(笑)。
 世界中の猛者が同じこと考えていた。
 どこもかしこも後ろに目がついているようなヤツだらけ、いっそマッチメイクに世界順位が絡まないソーシャルマッチだからこそ、ふだんお逢いしたこともないような、世界大会レベルの方々までが混ざってる……一周年記念祭、初心者はしばらく出入り禁止な感じ。いいのかこれでバンジー!

 それでも、なんとか二位で1EXPを獲得……と。
 あれ?
 〝Vidmasterチャレンジ7on7〟
 解除されました。
 あれ?
 『bungie.net』でも確認してみますが、確かにまだ6EXP。
 でも解除されているのは事実なので……なんなんでしょう。
 まあいいや。

 しかしまあ、いま現在『bungie.net』の表示ですと、24時間で世界の140万人が『Halo3』をプレイしている。それって、この国で、一年間に生まれる赤ん坊の数よりも多い。ほんとこれは、すでにひとつの民族です。

 いっぽう。
 超絶難易度だなどといわれていたから身構えてはじめた『ストラングルホールド』のハードボイルドを先日クリアしたのですけれど(このゲームが映画『ハードボイルド/新・男たちの挽歌』の正統続編であることにかけた、最高難易度)。いや、確かにキツいが、私にはちょうど良い感じの難しさでした。骨太だった。きーってなって画面にむかって罵倒した。ありえないクリアできるわけネエだろこんなの、と叫んだ数時間後には、ちゃんとクリアできる。絶妙です。アクションゲームはこうでなくちゃ。
 ハードボイルドクリアでも、まだ700/1000の実績なので、まだまだプレイできそう。ていうかユンファに対するジョン・ウー監督の愛が、プレイするたびに心に染みる染みる。
 ふりむき顔が、怖いくらいに良いのです。
 映画のユンファを再現しているのではなく、あのころの若さに、いまの渋さを足したような、ゲームのなかでしか実現できない究極のユンファ像がそこに描かれている。
 たまらんのです。

 しかしまあ、残った『ストラングルホールド』の実績ですが。
 ほとんどが、オンライン対戦にかかわるもので。
 では、さっそくLive対戦いたしますかとつないでみたら……
 あのね。このソフト、世界中で発売されているのだけれど、国内版は国内専用回線でしか対戦できない。そのうえ国内でも、プレイステーション3でも発売されているけれど、パソコン版もあるんだけれど、そのどちらのプレイヤーとも対戦できない。でね。

 いままで一回も『ストラングルホールド』Liveで他人に遭ったことがありません(涙)。
 いつだって空っぽの部屋がそこにあるだけ。
 だってランキングのトップが勝利数10とかなんだ。ぜったいにそれは友人ともどもユンファファンで、示し合わせて対戦したような人たちです。ひとりで部屋で待っていても、一日中待っていても、だれもいない。プレイできないのにどうやって実績を解除しろと!!! このゲームをこの国で出してくれたことには感謝するけれど、なぜ日本ローカル回線!!

 世界中に『HALO3』民族が数百万人いることを感じられるソフト。
 日本でいま、たったひとりしか『ストラングルホールド』をプレイしていないと実感できるソフト。

 多様性って大事だよね。
 地道にここからまだ売っていきますよ。
 『ストラングルホールド』すばらしいです。
 対戦相手?
 安心して、少なくとも私がいる。
 ふたりいればLive対戦はできます。
 ていうか……過疎っているソフトにはいくつも遭ったが、買ったけれど一度もLive対戦を経験することさえできないソフトははじめてだ……アメリカの掲示板を覗くと、ちゃんとプレイしているユンファ・マニアがいるのです。ウェヴなのに、なぜ彼らと私はつながれない?
 売れるモノしか売れない日本なんて大嫌いだ。
 他人に理解されないプレーヤーたちこそがその国の多様性!!
 売れないゲームを買って、売れない本を読んで、クソみたいな映画を観てクソだって言ってやらないと文化が死んでしまう!!

 そしてまた『Halo3』に戻るんですけれどね、私も。
 あるところに、さらに集まっちゃうんだよな……
 少数派を結びつけるツールこそがネットなのに。
 重ね重ね、国内専用なんてないと思います。
 そんなに売れると思ったのか(暴言……売れないんだねえ、ジョン・ウーなのに)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『チョウ・ユンファが好き』のこと。
  

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/231-8731fab9