最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『マヨネーズおでん』の話。

とにかく薬味は
いっぱい使うの
みょうがとしそと
しょうがとネギとすりゴマ

それで濃縮タイプの
めんつゆをうすめずに
トマトのサイコロ切りと
合わせて
ぶっかける訳ですか

そうそう
その上にきゅうりとツナを
のせてやって
最後に薬味ね
ツナは油を切って
そのままでもツナマヨでもお好みで



よしながふみ 『きのう何食べた?』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 途中まではいい。全面的に賛成。ほとんど理想といってもいいが、みょうがは冷蔵庫に常備していないので、私のそれに入ることはない。いやまあ、油を切ったならツナもありかもしれないが。

 ツナマヨ?

 え? これそうめんのレシピですよ。
 よしながさん? なに当たり前の顔して五十代の主婦と四十代のおっさんにツナマヨネーズそうめん許容設定なんですか。

 このあいだ友人と話していて。
 彼は体育会系の二十代前半なのだけれど。
 
「ときめくおにぎりの具は?」

 ていうか、その話題が男同士で交わす時点でキモいのですが。
 (私が振ったのではない)
 やつが答えたのです。

「だんぜんツナマヨっす」

 うーん。
 私もコンビニおにぎりのツナマヨは平気だ。
 手巻き寿司にはツナマヨ必須だ。
 スモークサーモンにマヨネーズ添えの軍艦とか好き。
 でも、やついわく、高校時代に汗だくでクラブ活動していたその食っても食っても足りない腹を満たすために、毎朝、6コのおにぎりをママンに握ってもらっていた(もちろん弁当とは別に)というのが、あろうことかぜんぶツナマヨだったという。飽きろよ。

「マヨネーズはなんにでもあうんす」

 おうちおにぎりにマヨネーズは……我が家では、なかった。
 いまもない。
 世代の差か。
 冷めれば平気だが。
 握るときに気持ちが悪いじゃないかほかほかごはんにマヨネーズ。

「あったかいごはんにもかけるっす」

 そうなんだ……卵と油だもんね。
 卵かけごはんにゴマ油たらしたらおいしそうだもんな。
 私がむりやりに自分を納得させていたら。

「マヨネーズ最強。おでんとか最高っす」

 やつが言ったので私はキレた。

「おでんだと?」
「じゃがいもがとくにあうっす」
「ダシの味が」
「ぜんぶマヨネーズの味になっておいしいんす」
「ダシの味はっ!!」

 ことことダシとったひとの身になれよ。腹立たしいじゃないか、ぜんぶマヨネーズの味になっておいしいなら、たんにふかしたイモにマヨかけて食うのと変わらないし。ていうかそれで充分においしそうなのに、なぜわざわざおでんの受け皿にマヨネーズを入れる……日本のダシ文化に対する冒涜だ!!

 ところでうちのマヨネーズ。カロリーハーフのマヨネーズタイプだから、弁当にエビフライ入れて、そこにマヨネーズ添えて、レンジに入れたら液化して食べられません。あっためないで食べようと思って寝ぼけまなこで入れて、何回もフタしたまま忘れてレンジにかけてでろーんとなった(マヨネーズタイプはマヨトーストとかマヨ炒めとか、できないんだね)ので、あったか料理にマヨがトラウマになった、というところもあるのかもしれません。

 でもやっぱ死ぬまで、そうめんにもおでんにもマヨは入れない保守派でいいです、私(鍋パーティーやると私の器に入っている唐辛子の量を見て、そんなの唐辛子の味しかしないじゃんとみんなが言うという事実は棚に上げておきましょう(笑))。

fumi

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/225-86e05e0c