最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『人々は恋に落ちる』の話。

人々は恋に落ちる。それだけです。


アン・リー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

brokeback

 『ブロークバック・マウンテン』は偏見のなかで、偏見に怯えて、とても幸せとは呼べない場所に追い詰められるまで葛藤しながら逃げたひとりの男の生き様を描いた映画だった。それはゲイのお話だけれど、それはひとつの寓話であって、多くの場所で多くの人々が──もしかするとすべての人々が──抱いている不安だ。

 人々は恋に落ちる。

 理不尽なことに。
 恋に落ちる。
 カウボーイの彼がそうであったように、それは突き詰めると恋愛ということではなくて、人生の選択という問題になる。

 恋に落ちる。
 たとえば相手は酒だとしよう。
 酒を買うには金がいる。
 金がいるが飲み続けていたら働けない。
 飲み過ぎて死んだらもう飲めない。
 だから多くの場合、人は体を壊さないように、仕事を終えたあとで、次の仕事にも自分の人生にも差し支えのない範囲で、恋をする。

 勇気のないことだとアル中が笑うだろう。
 世間の目も気にならない。
 自分の命さえそいつのために捨てられる。
 それを実践する勇者に、自分をごまかすライトアルカホリックは笑われる。

 ふたりで牧場をやろう。
 どうせお前は結婚生活も破綻した。
 なにも失うものはないのにと、勇者が笑う。

 最後まで隠し通し、それでも変わることなく恋しあり続けた。
 彼はとてもあわれだ。
 もうすべてを失ったのに、瀬戸際で、たったひとりの部屋のなかで、それでも酒を飲むことに罪悪感と恐怖を感じる臆病者のように──ラストシーンの彼の笑顔は、下劣に印象的。

 ところで監督は、アカデミー作品賞を逃して、こう言った。

「投票するのはアメリカ人ですから、台湾人監督作品に対する偏見のようなものがあるのかもしれません」

 私はとてもそれが哀しかった。
 チェウ・ユンファ大好きの私は『グリーン・デスティニー』で監督の気迫と野心を見たし、彼のインタヴューを読むたびに、技術で壮大な「恋」を描く職人の誇りのようなものを感じていた。

hidden dragon

 だから、トップオスカーを抱きしめられなかったとき、それが審査員の偏見によるものだと発言したことには、失望しか感じなかった。

 だれにでも耽溺はある。
 人々は恋をする。

 すばらしく描いていたから。
 密室無記名投票のアカデミー賞で、審査員たちが彼の作品を選ばなかったのは、すばらしかったから──あまりにも心をえぐって痛かったから──不快に思えるほど、目をそむけたいほどの真実がそこに描かれていたから。
 だから怖じ気づいて、自分がこれを認めると書きたくはなかったのではないかと。
 監督には思って欲しかった。
 実際、作品賞は逃したが監督賞は獲ったというのはそういう意味なんだろうし。
 苦悩するゲイを描き、行き詰まる耽溺の恋人を描きながら、現実では国籍で人をわける発言は──その意識こそが、彼に「恋」を描かせるのだろうけれど──公の場で、語って欲しくなかった。

 最新作『ラスト、コーション 色|戒』が、日本では2008の頭から公開ということで、ちらほらとまたアン・リー監督の言動がニュースに載るようになっていますが。
 職人、特にもう世界が認める抜群の技術を持った大監督なんだからさ。

「まあ、黙って観ろや」

 と、監督こそ黙って威風堂々としていて欲しいものです。
 賞にからむたび、感情むき出しにしすぎるんだよ。
 たまにこそっと呟くと素敵なのに。
 こっちも勝手に「深いなあ」と感心できるのに。

「人々は恋に落ちる。それだけです」

 作品の出来の良さを皮肉にも感じることだったのですが、アジアの純心トニー・レオン様(ゲイ映画といえば『ブエノスアイレス』でもある)の最新作でもある『色|戒』は、「中国人をバカにしている」と出演シーンがカットされまくったチョウ・ユンファの『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』同様、中国公開版は作品時間が大幅に短くなるまであちこちカットされまくっているそうだ。
 ユンファの例とは違い、これは性描写の過激さが中国当局に検閲された結果らしいが……でも中国で『色|戒』は大ヒットしたんだという。
 世界中で性描写の過激さが話題になっているのに、それを全部カットしたバージョンがヒットしている。

 検閲育ちの中国国民の純真ゆえか。
 それとも、性描写はアクションであり、アクションを省いても良いアクション映画はおもしろいのだという、職人のなせるわざなのか(太極拳の使い手アン・リー監督は「映画での拳法は現実のものとはあえて違うように描いている」という信念を持つ偉大な人)。
 なんにせよ、楽しみです最新作。

(ひとつ懸念しているのは、日本公開版のモザイク。モザイクっていうか、昔ながらの肌色のモヤッとしたエアブラシで描いたようなまるいの。ベッドシーンが売りだから、そこら中にあるんじゃないかと……嫌いなんだよ、だいたいこの無修正ポルノがネットにあふれるご時世に、いみじくも総合芸術のしかもトップクラスとうたわれる作品で、なぜ人間の肉体を隠さねばならないのか。しかもなぜ肌色なのか。あれって黒人にも肌色当てているよね、ありえない下劣さだと思う。そんなパッチ当てることがイヤらしいよ。『ブロークバック・マウンテン』でも、自然のなかで、はじめて心を解放して裸で川に飛び込む恋人たちの、その股間を二つのまるが隠していた……ものすごい遠いショットで、映画館で観ても俳優の顔が判別できない距離のシーンで、だ。私ははっきりと、そのシーンで苦笑したことをおぼえているのである。おろかしい検閲だと思うぞ、この国のそれも。余談だけれど、女性器はダメだけれどアナルは修正なしで売れるとか。バカか。なんだそれ。だったら唇にもモザイクかけろよ、人によっては目や指先もエロいことあるからモザイクかけるといい……と考えてみれば、いっそ全部カットしてしまう中国政府の潔さもかっこよく思えてくる不思議(笑))


TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/168-e78d5686