最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『毒薬正露丸』のこと。

 石炭を蒸し焼きした燃料であるコークスはこの地上で最初に特定された発ガン性物質であるが、さらにそのコークスを蒸留して作る工業用クレオソート油などは、いまでも枕木などの防腐剤として使われている。数年前に従来型のクレオソートは店頭回収され、同じパッケージだが若干名称の変わった商品が戻ってきた。店頭に並ぶクレオソートのうち、もっともポピュラーな某社の商品『環境配慮型クレオソート』を手に取って裏返すと、こんなふうに書いてある。

『環境配慮型クレオソート』

● 可燃性液体
● 飲み込むと有害
● 発ガンの恐れがある
● 眼刺激性あり
● 皮膚刺激性あり
● 呼吸器への刺激の怖れ
● アレルギー性皮膚反応を引き起こすおそれがある
● 遺伝子疾患の恐れの疑い
● 生殖能または胎児への悪影響のおそれ

 ……だからといってクレオソートが売れないということはなく、必要なところでは必要な塗料であることは間違いがない。もともと腐ったり虫に喰われたりといったことを防ぐ塗料であって、あらゆる生き物も水も寄せつけない特徴こそが肝心かなめ……つまるところ、クレオソートは毒だから役に立つ。

 ところで、この三日ほど、私は胃痛に悩んでいた。ようやく収まってきたが、今回は断酒するほどひどかった。今回も、というのは、これはきつい締めきりの直後に多かれ少なかれ現れる不調であって、身近で似たり寄ったりな話をよく聞くので、きっとそういうことなんだろう……テンションの上がったプロレスラーが吠えて試合しているうちはなんでもなかった強烈なラリアートも放っていた右腕が試合が終わって帰って寝て起きたら腫れ上がっていて実は試合の序盤で折れていたらしい、というような……本来は書いている最中に発現するはずだったストレス性の胃炎が、試合中はナチュラルハイなテンションで抑えられていたのに、試合が終わって一週間もたったころ、てきめんにわめき出すのである。執筆中はメールして励まし合う相手と「どうせ倒れても書き続けるんだから無茶してるかどうかなんて考えても無駄だけれどご自愛を」だと発破かけあうものの、そういう心持ちのうちは、心も躯も無理を聞いてくれているのですね。自愛……愛を語るヒマもないほど要求ししつづけているうちは、相手も必死で限界を超えて応えてくれていたという皮肉。で……ふう……とため息をついたら「あ、もう終わったんですね?」と。ひでえお返しがかえってくるのだった。

 胃痛はまだいい。
 良くはないが、接客仕事中も、ごまかすことは可能だ。脂汗だらだらかいて、くの字に身を折りたい痛みを必死で我慢して笑顔をたもっていても、一期一会のお客さまは、そうそう気がつくものではない。なんかまぶたのあたりが痙攣していて、いまにも大声で叫び出しそうな店員だなと不審がるくらいである。実際叫びだしてうるさい黙れと目の前の相手を殴り倒したい欲求でいっぱいなのだけれど。
 しかして食事も受けつけないような一日目を胃薬でなだめながら過ごす地獄も、二日目のそれに比べればまだマシだ。
 二日間、一度も小便に行っていない。
 むろん、トイレに行かなかったわけではなく、逆に数十回は行った。
 眠る間もない。
 そう。前から出る水分など残っていないほど口と後ろが直結状態なのである。

 これはまずい。
 売り場に立てないのでは我慢もなにもない。
 最悪、オムツなどという手段も使った販売員を私は知っているが、やりたくない。
 眠れないまま朝をむかえ、自宅の薬箱をひっくり返した。
 そもそも私はあまり薬を飲まないので、ほとんど他人の持ち物が入った薬箱である。
 消費期限の越えたものも多い。

 そして見つけた。

 『正露丸』

 どこのメーカーのモノかを書いてしまうとブログタイトルからして訴えられる可能性もあるので詳しくは書かないが。
 (『正露丸』は類似した薬品群の一般名称であり登録商標ではない)
 消費期限が危ういものの、ほとんど使われずの大瓶である。
 買ったおぼえはないので、もらったのか、だれかのか。
 そういえば子供のころにはよく飲まされたおぼえがあるのだが(小学生当時の私は運動嫌いで暴食家の肥満児だった)、十代になって以降、飲んだおぼえはまるでない。そもそも胃腸は弱くないというのと、薬を飲むくらいに体調が悪ければ学校など休むという潔さがあったからだ。
 でも仕事ではそうもいかない。
 飲むか『正露丸』。
 ロシアを征する丸薬という由来だと聞いたことがある。
 極限で兵士が頼るほどの薬だ。

 成分を読んでみた。
 最大分量で入っている主要成分として、一番上に書いてあった。

●日局クレオソート

 ……クレオソート?
 ふたを開けて嗅いでみた。
 なつかしき昭和の香り。
 そして塗料をあつかうものならだれでも一発で当てられる。
 タール臭。
 その液体は、肌に触れたらダメなものと教え込まれた。
 発ガン性で自主回収したあの。
 クレオソートの匂い。

 調べてみた。
 すると日局クレオソートというのは工業用クレオソートのようにコールタールから作るのではなく、日本薬局方(薬局法)で定めるところの、ブナの木を熱分解する過程でできる木クレオソートのことらしい。そういえば、園芸の虫除けや、入浴剤としても使う木酢液の匂いだと言われれば、そうでもある。

 厚生労働省:「日本薬局方」ホームページ

 別物だが、aromatic compound(芳香族置換基)にhydroxy group(ヒドロキシ基)を持つ有機化合物=フェノール類、をともに多く含むので同じ名前にされているらしい。平たく言えば、似た匂いがするから同じ名前なのだ。しかし取扱説明書で、正露丸に含まれるクレオソートの効能が「腸内静菌」「腸の異常な運動を抑える」とあるのを読んだらもうダメだ。

 菌をよせつけず水を止める、って。
 塗料クレオソート油の効果そのままだよ。
 毒だ。役立つ毒薬かしらんが、もう飲めない。
 
 同じ匂いだけれど別物なら、それこそは別の名前にしないといけなくないか?

 古くから使用されている、って取説にも書いてあるが、それって薬において機能的な売り文句かなあ、という気もするのですが。少なくとも私は新発売の薬のほうが効く気がするのでそっちを選ぶ。
 というわけでちょっと早く出て、新発売の下痢止め買いました。
 効いた。
 
 おかげで、地獄の峠は越えたらしい。
 今夜は飲んでも平気かなあ……なあ、我が愛するカラダよ。
 あきらかにストレスかかるとわかっている状況で、胃の粘膜を直接傷つけるアルコールの毒を手放せない(熱いお茶を飲んでも胃は熱くならないのに、酒を飲むと熱くなるのはバリアを透過しちゃうからなんだね)……私に正露丸も自愛も語る資格はないですが。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/154-cbc30dfc

  燃料関連説明ETC  2007/10/03 11:31
300℃|
虫歯に正露丸  大根心の旅  2007/09/19 09:20
ーふたを開けて嗅いでみた。 なつかしき昭和の香り。http://yoshinogi.blog42.fc2.com/blog-entry-154.html(とかげの月ブログより引用)↑用途は違いますが、同じ時期に同じ薬の事を考えた吉秒さんのブログ。歯が痛い。正露丸を詰めたらいいと聞いたことありません?試