最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『メイドと種の保存』のこと。

 アニメなどの登場人物の性格で、愛らしい「萌(も)え」という感情を意識した書籍や映像、ゲームの市場規模が、03年で888億円に上ることが浜銀総合研究所(横浜市)の調査で分かった。バターやステレオコンポの出荷額と並ぶ規模で、同研究所は「近年大きく膨らんだ市場。無視できないジャンルとして確立している」と分析している。

 浜銀総研は、萌え市場を書籍・映像・ゲームの3分野に分け、書籍は関連するコミックの販売額から273億円、映像は関連アニメビデオソフトの販売額から155億円、ゲームは恋愛シミュレーションゲームの販売額から460億円と推計。おたく層全体のゲームなどの市場規模は約2900億円との推計値もあり、単純比較で3割が「萌え関連」とみられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あまりにもつっこみどころが多い話題なので、そこかしこですでにとりあげられ、いまさらなにを言うこともないのだが、それでもさらにつっこまずにいられないほど苦笑いできるニュースである(しかし、バターと萌えを同記事内で扱うのはなんとなくやめてほしい、という意見には私もとてもなんとなくそう思うと同意したい。ほかになかったのか、なんか)。

 萌えマーケット。
 語感からして同じ仲間にくくれるのは「ロリータシンジケート」や「少年売春夫」。海外には「かわいらしい」という感情を表現した媒体がないと識者が言う。だとすればこれは日本産の新たな海外戦略商品群ではないのかと日本政府がバックアップを確約する。

 朝のテレビ情報エンタメ番組でもとりあげられる。

 メイド喫茶のウエイトレスが登場して「ご主人様の好きな言葉はなんですか?」と小首を傾げている……好きな言葉をケチャップでオムライスに書いてくれるんだってさ萌える。

 それ以外のすべてがごく普通の喫茶店だが、ドアを開けると

「お帰りなさいませご主人様」

 とウエイトレスが言う。
 そのサービスのみでリピーターを増やした店がある。

 なっちの脱退で、いよいよモーニング娘。は十代前半のグループになった。
 某活動家が指摘していた。

「あれは小児ポルノ産業だ」

 返す言葉がない。



 このコ(紗綾)は11歳Fカップで売り出し中のアイドルだが、先日その水着写真で着用しているのが実は「下着」だったということで話題になった。オシャレランジェリーをカメラマンとおかあさんが紗綾ちゃんに着せちゃったということである。隠している部分は水着と同じだが、いままさに紗綾ちゃんがプロモーションしているセガの『ハウス・オブ・ザ・デッド』というゲームが「赤い血が残虐」ということで自主規制し「緑色の血」という「これならば同じ画だが残虐ではない」という手法を編み出したのと同様の問題なのだ。

 チャイポ法(通称)第2条「児童ポルノの定義」内3-3


「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」


 これをチャイルドポルノと呼ぶ。
 「水着」は胸と股間を隠した状態が完成型であるが、「下着」は完成型の着衣状態から着衣の一部を着けないことによって現れたものである。そして11歳Fカップで売り出し中のアイドルはその存在自体がポルノだ。モー娘。の必要以上のミニスカは衣服の一部を着けないことによって性欲を刺激していると定義できるだろう。

hallo

 ところで先日、シートベルトを締められないほど太っているうえに脚の不自由な人をバーチャルスカイダイビングマシンに乗せて落下させ殺したセガ(このメーカーは『ハウス・オブ・ザ・デッド』というゲームで残虐ではない緑の血という表現を発明した偉大な会社である)の施設には、『サクラカフェ』という喫茶店がある。メイド喫茶の走りだ(というわけでサービスは控えめですが)。この手の話題をとりあげるたびに、セガの名がそこかしこに現れるのは、私の読んでいるニュースがかたよっているせいなのか?

 さて、日本政府の支援も受けるいまや千億円産業となった「萌えマーケット」。
 研究所の試算には、重大な欠陥がある。消費者をおもに独身三十代男性と定義しているのだ。この増加により、生身でないパートナーを求める顧客はよりいっそうのびるであろうと試算されている。

 私は前々から指摘しているが、いまこの日本には、チャイポ法の網の目をくぐって市民権を得たジャンルがある。

 ボーイズラブ。
 現チャイポ法への改正により幾多の小児ポルノ雑誌が廃刊した……チャイポ法とは直接の関わりがないはずの、実写グラビアのないマンガや小説といった専門誌までがばたばたと倒れていったのだ……その一方で、同じ時期に、市場を拡大させていったのがBL誌である。BLといってもその中身は細分化でき、そのうちの一区分として「ショタ」ものがある。

 表現の内容はロリと変わらないが、ショタはいまでも生きている。

 レディースコミックの性描写は規制され18禁だと表紙に明記されるようになったが、BL誌のほとんどすべてにいまだその自主規制は適用されていない。内容が明らかにセックス表現であっても、コンビニの一般誌の棚にBL誌は置くことができるのだ。ここには可能性がある。いやむしろ、かわいらしさを商品にしているのはBLかもしれない。萌えマーケット予測は女性消費者を含めて試算すべきだ。

 と、ここまで考えて。
 はたと気づく。
 メイド喫茶のオムライスは非常に高い。
 ウエイトレスの時給も高い。
 なぜならばそこには料理を運ぶ以外のサービス料が含まれているからである。

 端的に言うとそのシステムはこれに近い。


「勃起したちんこを口に含んでもらってイかせてもらう」


 勃起したちんこを口に含んでもらうよりも「ご主人様」とメイドに笑いかけられてナプキンで口に付いたケチャップを拭ってもらうことのほうにより性的興奮を感じる「萌え消費者」にとって、高いオムライスのオムライス本体以外の料金は、風俗店でのサービス・オプション料となんら変わらない。

 これをふまえて連想するのは、隣にきれいな異性が座る以上のサービスで市民権を得た、あの商売だろう。

 ホストクラブ。
 実質、女性専用のセックス産業などというものは存在しない。
 となれば、ホストクラブは女性向け萌え産業の最高位に位置する。
 そしてそのシステムは、メイド喫茶に酷似している。

 直接的性行為どころか肉体的接触すら伴わない、しかし欲情を刺激喚起するサービスで高額な料金設定が可能。

 キャバクラに通うオッサンどもは、こう言うだろう。

「さわれもせんねえちゃんに茶あ注いでもらってなんで高い金はらわなあかんねん」

 しかし、萌えという概念がそれを可能にした。
 同じ金を払うなら、ちんこ立てるより「おにいちゃん」と呼ばれてニヤニヤしたい。
 メイド喫茶は、男性向けホストクラブである。

 これは、男性が女性化したということなのか。
 これは、女性に男性が追いついたということなのか。
 ひとつ言えるのは、精神性性的興奮が肉体に依存するそれを凌駕して売り上げをのばす国において、決して少子化は改善しないということだ。

 メイドとホストと11歳Fカップとボーイズラブを抱いてこの国は滅びに向かって突っ走る。
 いやまあ、それもキモチイイような気が、しなくもない。
 ニッポンバンザイ。
 政府も応援しているぞ。
 世界を制覇して恥にまみれて地球を滅ぼそうではないか。

 メイドインジャパンの萌えです。
 人生をかけて愛してください。
 こっちも英語勉強しとくか萌え単で。

moetan

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/137-3438f657