最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『PRIDE対UFCとWWEの偉大なる歴史』の話。

 剣闘士スパルタクスの反乱も、百年近い昔の語りぐさとなって久しい。その教訓が、闘士たちの過酷な環境をわずかながら改善した。
 そして初代ローマ帝国皇帝・オクタヴィアヌスが、勇敢な剣闘士には敗者となっても助命の機会を与える制度を設けた。


 雁野航 『コロセウス 楽園の少年少女』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『PRIDE』のこと。

 ↑あれはもう一年前の春。
 巨大スポンサーを失って演出を控えめにしながらも、PRIDEは良い試合をたくさん魅せてくれた。うちでも人が集まると「あの試合観た?」と話に出るのはPRIDEのことばかり。むろん、地上波放送がなくなったから、当たり前に観ているほかの団体の試合よりも、見逃す率が多くなったということもあるのだろうけれど。

 一方、格闘技団体の名前になど興味のない人々は、あいかわらず桜庭和志が地上波放送に顔を出しているので、百年も前の話ではなくても、PRIDEが窮地に陥ったことさえ忘れ去ってしまった。芸舞台とはそういうものだ。いつのまにかいなくなった演者をふたたび想い出すのは、その者が死んだときだけになる。

 ところで格闘技団体の合併といえば、弱小団体を次々と飲み込んで、ついにはアメリカのエンターテイメントプロレスを統一したとされるWWEが想い出される。私はWCWというそこそこメジャーな団体のファンだった。だが末期には、白塗りのバンパイアが空から降りてきて、天井から多量の血糊がどばっと降ってくるだの、いかに高い金網の上から命知らずに飛びおりるかが勝負になったりして、いくら団体の危機とはいえ、闘士たちにキャラクターと命を投げ出させる起死回生策の連発は、観ていて醒める一方で、負のスパイラルを眺めているかのようだった。そしてWCWはWWE(当時はWWF。同じ略称のパンダのマークでおなじみ自然環境保護団体に訴えられて負けました(笑))に飲み込まれた。多くのWCW闘士たちは、さらに弱小の団体へと下ったり、引退したりしたが、一握りのWCWスターたちは、いまでもWWEのリングで活躍している。いまでも毎週、私はWCWの闘士を応援しているのだ。WWEが好きなわけじゃない。いまや、世界中で視聴されるWWEだが、その億単位のファンのほとんどが、それぞれの大好きだった弱小団体を追いかけていたらWWEファンだということになってしまったにすぎない。
WCW
 だが誤解しないで欲しい。
 あのままではWCWは消滅していた。
 私は、彼らに感謝している。
 買った側、そして売った側。
 ファンのために、団体の看板をさらに大きな看板の下に置くことで、生き延びさせた。
 その決断に、いちファンとしてついて行ったのだ。
WWE
 来る4月1日の大会で、WWEのオーナー、ビンス・マクマホンと、アメリカの不動産王ドナルド・トランプが代理戦争を行う。それぞれにカツラ疑惑を持つ両氏が、負けたら自分の頭を剃るという恥辱のデスマッチである。プロモーションでは、ドナルドが会場にお札の雨を降らせるなど、どうも末期のWCWを思わせる演出が気になる。突然に現れた大富豪が、現オーナーを小馬鹿にしてファンの喝采を浴びている。演出の先には現実が待っているのがプロレスの常だ。現実世界で、WWEになにが起こっているのか、興味津々である。
McMahonTRUMP
 そのWWEに飲み込まれた別の弱小団体、ECWが最近熱い。
 パイプ椅子とビールがトレードマークのその団体は、鉄条網デスマッチとか、そういう血みどろなのを観ながらビールで乾杯な団体だった。熱狂的なファンを持ちながら(いつもスペシャルリングサイドに座っている麦わら帽子とサングラスの客は、所属レスラーよりも有名だ。いやレスラーにだって有名なのはいるぞ。ホリケンがコントで演じていた(それさえ懐かしいが……「♪生きてるってなぁに」)テリー・ファンクはこの団体の闘士だった)、これも経営的には行き詰まり、そして熱狂的なファンがいたからこそ、集めて増やす方式のWWEに飲み込まれた。ちょうど十年ほども前のことである。
ECW
 それがつい先週、アナウンサーが絶叫していた。

「クソすげえ! ECWのCMパンクが祭典出場権を獲得だぜ!!」

 いちいち解説すると「クソすげえ」は「Holy shit」直訳「聖なるクソ」というECWで生まれた感嘆語である。なんかすげえ感じが伝わってくるでしょう? 崇め奉るほどクソすげえのだ。で、祭典というのはもちろん、4月1日の富豪二人がカツラを脱ぐ大会で、その大会はWWEの大会なのだけれど、こうして「WWEの看板の元で運営されるECWの闘士」がWWEの大会に出場するとなれば、もちろん、みんながその大会を観るわけである。ECWに良い感情を持っていなかった、たとえばWCWファンの私なども「WWEに一泡吹かせてやんなっ」とちょっとCMパンクという闘士にガッツを見せて欲しいと思ったりしてしまうわけだ。
 ところで、そのパンクが祭典出場を決めた試合。

「パンクが新技を披露した!!」

 とも絶叫されていたのだが。相手を持ち上げて、前に落として、膝蹴りをぶちかますという技──前々から、CMパンクの蹴り主体のファイトスタイルは、某選手のそれに似ているなあ、と思っていたけれども、祭典出場権をかけたその大事な試合で、ついにカミングアウト。新技とされるそれ──
KENTA
 KENTAの必殺技「go 2 sleep」の完全なコピーでした。KENTAの大ファンなんやね(笑)。まあECW自体が日本の団体とは交流が多かったし、KENTAはアメリカのROHという団体にも参戦しているので、パンクがテレビでKENTAを観たことがないなどということはありえない。これもまたうれしいことである。力道山曰く「アメリカの相撲」から派生した独自の伝統芸能といっていい、日本プロレス。
riki
 (↑この映画のことは別の機会に詳しく語りたい。良い作品です。ただ、NOAHファンの私としては、プロレスリング・ノア元取締役百田義浩、現副社長百田光雄という二人の実の息子と、猪木と馬場という愛弟子のことをいっさい省いた「悲劇の人」的な描写に演出過剰なところを感じなくもなかったのですが)

 相撲の文化が色濃く反映し、儀式化された試合作法と、その先の肉体表現こそを尊ぶ魂が、いまアメリカの側にこそカッコヨク見えているらしい。NOAHもROHも、WWEのような「火薬でドーン!」「なんと大事な場面でまさかのレスラーが乱入!!」な演出で会場を沸かす団体ではないが、アメリカで確実に勢力を広げつつある。WWEの祭典にNOAHの技を使うECWの闘士が出場。

 もうなにがなんだかわからない。
 しかし、わからないから観てしまう。
 いろんなファンが、結局ひとつの団体に集まった結果になる。
 相乗効果というやつですね。

 というわけで、話がそれましたが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「PRIDEとUFCという二人の子供をこれからも愛し続ける」 


 ロレンゾ・フェティータ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 PRIDEの新オーナーが、UFCオーナー、ロレンゾ・フェティータ氏に決まった。
 UFCとは、総合格闘技の代名詞である。
BD
 まだ総合格闘技のなんたるかさえ確立していなかった世に「逃げられない金網に荒くれ者二人を投げ込む」というスタイルで競技化を図った先駆者──いや、開拓者だ。当然、初期の試合は、ただの腕力自慢バカが金網で囲まれた試合場「オクタゴン」のなかで、血まみれで殴り合うというものだった。
 それは、まさに現代によみがえりしコロセウスの姿だった。

 日本で、K-1が、PRIDEが、生まれたのもUFCあってのこと。
 いまでは、総合格闘技をスポーツと見なすのは自然なこととなった。
 勇敢な闘士には敗者となっても観客の拍手がおくられる。

 八角形のオクタゴン。
 四角いリング。
 PRIDEの名とリングは残るという。
 飲み込まれ、相乗効果が出ればいい。
 現在、日本ではUFCはWOWOWで放映されているが、こうなってくるとPRIDE地上波復活とともに、UFCが年末格闘技特番の定番になったりするかもしれない。しょっぱいぬるぬるの試合とかと見比べれば、UFCの歴史は、一般の視聴者にだって伝わるだろう。

 (WOWOWと同時に、日テレ系G+でも放映されていることは、こうなってくると興味深い。PRIDE側は「フジテレビで地上波放映再開できれば最善」と述べているが……『ガキの使いやあらへんで』のカウントダウンもない罰ゲームSPが年末特番だった昨年のことを思えば、日テレが動かないと考えるほうが不自然だろう)

 これは、拍手すべきことだ。
 これからもたのしませて。
 飲み込まれた先の、対決に熱くさせて。
 新しいPRIDEを、私も愛し続けます。
 UFCに一泡吹かせてやんなっ!

PRIDE

 その魂は、不滅だと信じています。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/121-eb2d0277