最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ピクルスを作ってみる』のこと。その2。

「そういえば、軽いタッチができないって言ってたな」
「いつだったかハッキングしてたとき、もう五年前になるが、小指の骨を折った。気づかないで、そのあと何時間もキーを打ちつづけた。内出血で手が黒くなるまでね」
「耐久時間の記録は?」<フェイト>が訊ねた。
 ジレットは考え込んだ。「一度、三十九時間ぶっつづけで叩いたことがある」
「おれは三十七時間。もっとつづけるつもりだったんだが眠ってた。目が覚めたら二時間手が動かなくてね……しかし、おたがいどうしようもない馬鹿だな」


 ジェフリー・ディーヴァー 『青い虚空』
TBN

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 おそろしいまでの難産のなか、本日が某誌用の原稿締め切り日でして。
 昨夜から機械化されたかのごとくタイピングする指と腕が痙攣して箸も持てない状態です……タイプが強すぎるんだな、たぶん、しかしいまさらこういうクセは直らないもの。だったら痙攣する筋肉のほうを鍛えればいいのだ、ということでトレーニング不足を半年ぶりに痛感しています。小説書いていて、筋トレ不足を嘆くというのもあれですが、とある一線を越えたあたりから、ほんと書くことって腕力の勝負。闘う意志があっても躯が動かないという11ラウンド目のボクサーの、自らに対するもどかしさに共感する。機械とつきあっていると、いつだって限界が訪れるのはヒトの躯のほうが先。ヒトはヒトの形にあわせてキーボードをデザインしてきたけれど、そろそろハンマーを持ちやすく手が進化したように、ヒトの側がキーボードにあわせて進化してもいい頃合いだと思う。指が二倍あったらだいぶラクになる。脳が二つあったら、半分が寝ているあいだも仕事が続けられる。

 そんななか、息継ぎがわりにいつも覗くサイトを覗いていて。
 昨日から何度もトラックバックはろうとしているんですが上手くいかず、原因究明をしているほど時間に余裕がないので、もうさっくりと新しい記事としてトラバします……なぜかこうすれば受けつける。どうなっているのかFC2!!
 お手数おかけしてもうしわけない、リコさん。

 『それはそれとして。』

 それで、私のとこのピクルスの話っていうのがこれね。

 『ピクルスをつくってみる』のこと。

 追いつめられると、ふだんではそんなに気にもしない細かな作業に気が向いてしまうということはあります。テスト前になると、何度も読んだマンガを読み始めてしまうとか。現実逃避なのでしょう。そんなときはそのマンガを燃やせばいいのです。もしくはテストをあきらめればいいのです。どっちか捨てないと。
 そんなわけでトラックバックはれなかったです。
 後日、原因究明いたしましょう。

 ともあれ。
 これでよし、と。
 すっきりした。
 原稿に戻ろ。

 あと半日で20枚削る。
 一晩かけて削れるとこぜんぶ削って、まだこんなに。
 どこが捨てられる……決断するんだ、私。
 この子の腕をもぐか、脚をもぐか。
 どっちがよりカッコヨクなるだろう……

 ああ、ピクルス作りたい。
 カレーも長らく作っていない。
 餃子パーティーの具考えなくちゃ。
 肉食えないコが来るんだよね、肉なし餃子って。
 いやいやいや……いっそ首をもごうか。

 いつもながら、この締め切り。
 精神状態が不安定。
 そこを制御したり。
 しないで酔ったり。
 するのがまた愉し、なのですが。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/116-3bf52123