最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『出生率と産む機械と剛腕ラリアット』のこと。

 いまの女性群が
 一生のあいだにあまりたくさん
 産んでくれないということになっちゃった。
 人口統計学では、
 女性は15歳から50歳までが
 出産してくださる年齢ということなものだから、
 15歳から50歳の人の数を勘定すると
 大体わかるわけですね。
 もう、ほかからは生まれようがない。
 急に男が『産む役』に
 なるということはできないわけだから。
 (中略)
 産む機械と言ってはなんだけど、
 装置がですね、
 もう数が決まっちゃってる。
 装置の数。
 機械と言っては本当に申し訳ないんだけれども、
 それが決まったとなるとあとは。
 機械って言ってごめんなさい。
 その産む役目の人がひとり頭で頑張ってもらうしかないんです。
 ひとり当たりどのぐらい産んでくれるかという合計特殊出生率が
 いま、日本では1.26。2055年まで推計したら、
 くしくも同じ1.26だった。
 それを上げなければいけない。


 柳澤伯夫(現 厚生労働大臣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 別に支持するとかしないとかいうわけでもないし、熱く政治を語る気もない。しかし、野党第一党で次の政府とか言っている人たちが、えらい長いことバッシングしてるよね、これ。首相が辞めさせないって言って、本人も続けるって言っていて、それでもまだ彼らは「それでいいのですかこんな発言を許してもいいというのですか国民のみなさんっ」とあおり続けているわけですけれど。

 新聞とか、見出しだけ流し読みして、

「女は産む機械」

 とか。
 それだけとったらそりゃ許せない発言。
 でも、冒頭引用が大臣の発言なわけだ。

 たとえば、私がこの手のたとえを書いても、だれもなんにも言わない。
 だとしたら、これはこれを言ったのが大臣だからダメだってこと。

 もう一度読んでみる。
 すごく謝りながら喋っている。
 つまり、彼も「これはうまくないなあ」と思いながら口にしているのである。
 単に、うまい言い方が見つからなかっただけともとれる。 
 文章的に見るならば、
 出生率が上がらないのは産まないから──だから解決策としては、

「ほかからは生まれようがない。
 だから産む役目の人がひとり頭で頑張ってもらうしかない」

 機械うんぬんのところは、抜いても意味は通る。
 意味が通るのに余計な言葉を挟んで叩かれているわけである。彼の気持ちとしては「産む機能を持っているのは女性だけだから、その女性が産む気になったり、産める環境にあったりしなければ出生率なんて上がるわけないでしょ、そこ大前提」という意味なので、素直に聞けばむしろ、

「女がいたって男もいなけりゃ子供は生まれないだろ、男も大事にしろ」

 と、むしろ男性のほうが憤ってもいいような内容だ。
 ていうかさ──
 話も膨らまないような、くだらないことだよこれ。
 悪意もって言っていないの明白じゃない。
 私なんてまさしく団塊ジュニアの世代で、まわりを見れば結婚何年目って同級生ばかりなのにちっとも子供つくったなんて話は聞かなくて、そりゃうちらの世代がこんなじゃ人口も減るわな、と酒飲みながら語るまさに当事者なのですが。そんな私でさえ、むしろ「この大臣、確かに軽率な言葉選びだけれど、ちゃんと考えてはいる」そう受け取れる。むしろ、小学生程度の国語力があれば悪意あって言っている言葉ではないとわかるそれを「許していいのか」と詰め寄る──それもしつこく──そっちのほうが「もっと熱意注ぐべきところあるだろ」と感じずにいられない。まあ彼らにしてみたら、手順はどうであれ政権とらないことには政策実行できないというのが脅迫観念的にあるのかもしれないが。
 だれが浅はかかと言えば。

「この団体の正規軍はふぬけの集まりだ!」

 と叫んでリングに乱入する悪役軍団を演じている彼ら。
 その演出って、結果的に正規軍の人気を高めて団体の基盤を盤石にするものである。
 野党某党の皆さん、プロレス観たことないんですかね。

 どう見たって正々堂々戦っておれたちが正規軍となってやるって言動じゃない。
 別に、私も正規軍のファンなわけじゃないですが。
 少なくとも当事者として確実に言えることがある。

 どっちもそんな言葉遊びでつっつきあっていたって、
 それでだれが、

「よし、じゃあそろそろガキでも作るか」

 なんて思うんだってことだ。
 くだらない団体だよほんと。
 客をあおる前に悦ばせること考えなよ。
 金払ったのにおもしろくないから騒ぎ立てる。
 良い試合見せてくれて、こっちが幸せなら、そっちも幸せでしょう?
 危機感持っているのに、試合前のあおりを増やしてどうする。
 どっちでもいいから、なんかやるならとっととやらなくちゃ。

「団塊ジュニアが産めない歳になったら終わりですよこの国は」

 その話に何年かけるんだ。
 小学生なみの計算力もないのかあんたらは。
 あ、ごめんなさい小学生を侮辱しました。
 ごめんなさい、本当にごめんなさい。
 叩かないで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「首相は子供がいないが、今回の発言に首相も傷ついたのではないか?」


 衆院予算委員会/少子化問題に関する集中審議
 高井美穂(民主党)による発言。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 デリカシーない発言はどっちだよ姉さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「小島!お前がトップなんて納得いかねえんだよ!
 セコンドのお前らもこんな弱いチャンピオンに
 いっつもペコペコしやがって!かかってこい!」

 第33代三冠ヘビー級王者 小島聡について
 諏訪魔(VOODOO-MURDERS)による発言

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ヒールがこういう発言したあと、チャンピオンが発奮して大活躍しファンの支持を得るという構図以外に、どこにたどり着けるというのか。言えば言うほど観ているほうの期待は「小島がんばれ、あんまり好きじゃなかったけど、そんなふうに言われるのを許すほど嫌いでもないさ」──「あー首相子供いないのに、子供できない人の気持ち考えろとか詰め寄られてんじゃん可哀想すぎる、いじめてやんなよ」──そういうふうに流れていくものだと思うんだが。

 ちなみに小島は数ヶ月後、21分28秒の激闘の末、剛腕ラリアットで諏訪魔を粉砕。王座の防衛に成功し、ファンの喝采を浴びたのでした。まあ、それがあったからこそ、いまの諏訪魔が良い悪役だと言われるようになったのも事実ということで、そういう方向めざしているなら止めはしないけれどもさ。

 演出ってものの基礎を学ぶべきだね、彼らは。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/113-a7f14bad