最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『ピクルスをつくってみる』のこと。



PFEFFERONI

フィリップにドイツ出張土産だといって貰った瓶。
「これなに?」
「いや時間がなくて
そのへんの棚に並んでいた瓶を
買ってきたんですよ」
──なるほど。
ドイツ語か。
にしても
「PFEFFERPNI」
って。書き辛っ。
画数多いよ「P」のうしろに「F」なんて
どうやって発音したらいいんだ。
でも不思議なことに、
字面で内容の想像がつく。
「なめこ」がいかにも
「なめこ」な字面をしているのと一緒。
「SPIRAL PFEFFERONI MILD SÜSS-SAUER」
↓たぶん。
「うずまきペペロニやさしいソーザワー」
ペペロニはイタリア語のペペロンチーノ=唐辛子
の近似値で、たぶん当たっている。
唐辛子といってもパプリカの品種で辛くないものだろう。
ソーザワーはまさにドイツ。
ドイツといえばビールでつまみは、
ソーセージにザワークラウト(Sauerkraut)。
ザワークラウトはキャベツの漬け物。
発酵して酸っぱいが酢は入っていない。
意味は「すっぱいキャベツ」──ならば。
たぶん(こればかりだが)「Sauer」が「すっぱい」。
とすれば「SÜSS-SAUER」はたぶん、
「酢──すっぱい」──はい完成。
正解は、
「やさしい酸味のパプリカ酢漬けうずまきスタイル」
たぶん。
ドイツ語辞書なんてなくてもどうにかなるものだ。
さっそく、翌日のピザの具にした。
うん。たぶん正解。
もっといい意訳を思いついたよ。
「細長パプリカピクルス酸味も辛みもなし」
開けないで飾っておけばよかったかも。
わざわざドイツから来たのに恐ろしく特徴のない味。
ありがとうフィリップ。
冷蔵庫で保存しています。
今度みんなで食べよう。
ソーセージとクラッカーと。
もちろんビールを用意しておく。
ドイツ人の気質がよくわかる漬け物でした。
そのへんで売っているものぜんぶ、
ビールのつまみなんだろう、たぶん(笑)

 で、その後。

 これもっと酸味があって辛ければ、という結論に達し、達してしまうと、今度はつまみにピクルスが食いてえ、という想いが抑えきれなくなって、そういえば冷蔵庫に手巻き寿司の残りのカット済みキュウリが!! というわけでキュウリのピクルスを作ってみました。あくまで適当に。私好みに。何度か作ってこなれてきた作り方がこちら。

 即席キュウリのピクルス、レシピ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●材料

 夏野菜的なもの 300グラム
 (キュウリに限らず、ピクルスになりそうなものならなんでも。ニンジンとかウリとかセロリとかコーンとか、もちろんパプリカとか。キノコとかナスは酢を吸い過ぎて酸っぱいだけになってしまうのでオススメしません)
 砂糖  大さじ1
 塩   小さじ1 
 唐辛子 1本
 ローリエ 1枚 
 コショウ 少々
 酢 1カップ
 水 1/3カップ 

 ※ちなみに私は酸っぱいもの好きなので、かなり酢が多いかもしれません。加減してください。ていうかピクルスって漬け物だからさ、そんなの適当に余った野菜に目分量の調味料で作るものだよ。

●つくりかた

 1. 野菜以外の材料を耐熱容器でまぜ野菜を漬けてラップでフタ。
 2. 電子レンジ(500W)で5分加熱後、冷蔵庫で冷やす。

 完成です!!

pickles

 うまい。ちょっと歯ごたえが残っているのが酒のつまみにはちょうど良し。逆にいうと、このピクルスをハンバーガーに入れると、異物感があるかも(ホットドッグには入れてみた。問題なし)。電子レンジ加熱のさいに、途中でまぜるともっと漬かるのかも、とも思うが、面倒くさいのでやらない。まぜるともっと砂糖が溶けて甘くなるかもしれない。唐辛子はもう一本入れてもぜんぜん平気。ホワイトペッパーとブラックペッパーまぜたのは正解。酢は米酢よりも穀物酢がパンチが効いていて好き。あくまで即席なので、数日中に食べましょう。漬ければ漬けるほどうまくなるってもんでもなく、むしろ夏野菜の食感が新鮮なうちが食べ頃です。酢漬けキュウリでビールなんてなあ、健康的です。
 早く帰ってこないかな、夏。

 暑いより寒いほうが得意なんだが、それゆえに暖房が苦手で。でも寒くはないからと暖房を入れないと、指はかじかんで動かずにミスタイプが増えて「きぃー!」ってなる(笑)。塗るカイロとかもべたついてイヤだし。そこでやむなく18度設定くらいで暖房を入れ暑くて汗をかく。なんという不毛な戦いだろう。まあ今年は凍えて指が動かない、なんてほど寒い日がないですけれどね。こうやって温暖化の影響で、冬がなくなっていくのは、うれしいような悲しいような……イヤ悲しいよ、大好きだよ冬のことも。ピクルス作ろうと文章書きながら、この真冬に「夏野菜がおいしいうちに」って……四季が死んでいく。ダメだ、これではダメだ。

 というわけで今夜は鍋にします。
 いまちょうど脳と感情の話を書いているんですが。
 某心理学者(キャラではなく実在するヒト)の名言が、気に入っている。
 曰く。

「悲しいから泣くんじゃない。泣くから悲しくなるのだ」

 鍋を喰うから冬なのだ。
 夏野菜のピクルス作っているから四季が死ぬのだ。
 まあどっちにしろビールはうまいんですが。

 ストップ! 温暖化。
 近年、肌で感じて危機感持つよねホント。



TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/109-09e30df7