最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『狼たちの絆』のこと。




「60年代の香港で日本映画はNo.1 だった。彼らは私のアイドルだったんだ」


 ジョン・ウー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
HALO2
 米Microsoftは、米国における11月9日の発売以来、Xbox用『Halo2』がワールドワイドで500万本売り上げたことを明らかにした。また、90万のユーザーがXbox Liveを利用して「Halo 2」をプレイ。累計プレイ時間は2800万時間に達したという。

「吉秒さんゲーマーですよね。やってますアレ」

 と職場で私に話を振ってきた彼の言っているのは言わずもがな「発売3日間で出荷本数300万本を超えた」例のRPG新作のことなのだけれど。私にとっては500万本売れて90万人と対戦している「アレ」が「アレ」。ということで彼と私の会話は平行線。
 一日プレイしないと腕がなまる、という実感を持ったのは『バーチャファイター2』以来です。私を惨殺しまくるヤツラってすでに『Halo』の世界に棲んでいるのだろう。『ドラクエ』『ヘイロー』の経済効果は合算1000億円を超えるだろうとか分析されているが、あきらかに世界中で部屋に閉じこもっているやつが増えて、経済生産性が落ちていることをきっちり計算している経済学者はいないものだろうか。特に『Halo2』で異国のだれかに惨殺された悔しさで仕事も手につかない、という状態は「クリアすれば終わる」一過性のRPG熱よりも、ずっと深刻だと思います。

 私はおかげでネット対戦をテーマに近未来なBLを書いて「さてこれをどこで扱ってもらえるものか」と気づく(笑)。無駄な労働だ、私自身に思い入れがあるぶん、すばらしく良い短編に仕上がっているのだが、哀しいかな私と同じカテゴリーでくくれるゲーマーのなかに、BL読者などいそうもないというところが不毛なのであった。『耽美ホモHALO』なんてジャンルでは、同人会場でも人が集まりそうにないこと鬼のごとしである……どうせハマるならドラクエやおい本のほうが需要はあるというのに、なぜヘイロー、ていうかそもそもなぜホモ、というような自らの根幹にまで踏み込んでため息をつくほど「ああおれこいつに心を奪われすぎている」、ヘイローな日々であります。そして困ったことに殺傷能力が『1』に比べてがたおちたオートマチックを両手に握っての「二丁拳銃アクション」に美学を見いだしてしまっているので、ハマっているわりに勝てないのである。

 ぱんぱんぱんぱん(私が二丁拳銃で突っ込んでいく音)。
 どむんっ(散弾銃一発で私の頭が吹き飛んだ音)。
 しゅぱーん(私の死体になおどこかの物陰からスナイパーライフルで狙撃)。

「アーオリネーチッタッカカッー!!」
 (何語かはわからないが、そんな武器でオレが倒せるかよ、というようなことを私の死体に向かって言っているらしい)

 復活まで五秒。
 私は決意する。

「二丁拳銃でリベンジしてやる」

 ……これもまた不毛なプレイスタイルなのである。

 そんなわけで、最近、逆に二丁拳銃萌え復活ってことで『ハード・ターゲット』『ブロークン・アロー』に引き続き、ハリウッド進出第3弾として手掛けた『ジョン・ウーの狼たちの絆』を。

 全22話を!!
 何度かスルーしてきたこいつを、ついに観はじめました。
 期待通りの薄っぺらさです(笑)。

 そもそも、香港映画の最後の金字塔、ジョン・ウーといえば『男たちの挽歌』シリーズと、そしてこれ。
 『狼たちの絆』
thief
 映画好きで、BL好きで、でもなに香港映画なんて「ホモっていえば『ブエノスアイレス』?」(『恋する惑星』という映画史に残る恋愛映画を作ったウォン・カーウァイが、香港の裏側ブエノスアイレスで繰り広げられる「閉じた」男たちの恋愛を描く問題作。潤滑剤を使わない生々しい男同士の濡れ場に「実際のところゲイの人たちってそうなの?」というような議題で盛り上がったおぼえがある。私のまわりだけか)くらいにしか思っていないそこのあなた。
b
 観ておいたほうがいい。
 ライトにしてキュート。
 完成されたアクション。
 理想の娯楽作です。
 やわらかくホロリと泣いている自分に気づいて、
「なんでこの映画で」
 と泣き笑いに首を傾げます。
express
banka
 『男たちの挽歌』で帝王への道を歩き始め、ついにはハリウッドで王様と坊様を演じることになる「亜州影帝」チョウ・ユンファが、B型肝炎による1年間の休養からカムバックを果たしたのがこの『狼たちの絆』。
 そして。
 同じく『男たちの挽歌』で綺羅星への道を歩き始め、ついには『欲望の翼』『さらば、わが愛 霸王別姫』で世界の名優に数えられるようになったレスリー・チョンが、『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』のあとそのあまりのアイドルなプライベートなき日常に「この作品で芸能界を引退する」と宣言したのがこの映画。

 『五福星』『新・Mr.Boo!お熱いのがお好き』などでおなじみ(?)の女優チェリー・チェンもマニア心をくすぐる。
 その内容たるや、まさに王道。

 ジョー(チョウ・ユンファ)とジム(レスリー・チョン)はパリで名うての名画専門窃盗コンビ。
 いわゆる「怪盗」である。
 しかし、その生活にむなしさをおぼえはじめたジョーは、次の仕事を最後に足を洗い、幼なじみの恋人チェリー(チェリー・チェン)とともに香港に帰ることを決意する。

 ところが、そのあとお決まりのような銃撃戦。
 ジョーは崖から車ごと転落し、行方不明。

 数年後、香港へ帰ったジムとチェリーは、結婚していた。

 平和な日常。
 だがある日、ジムはパリで最後に盗みそこなった……ジョーを失うことになった……一枚の絵が、オークションにかけられていることを知る。
 あれはおれたちの絵だ。
 ジョーへの複雑な思いから、その絵の強奪を計画するジム。
 平和な日常を壊したくはないチェリー。

 ジムは、それでも決行する。
 そして、綿密に計算したはずだったが、そもそも無謀なその仕事は失敗しかけた……
 そのとき。

 車椅子姿にはなったものの生きていた。
 ジョーが現れ、瞬時に復活した名コンビは息を合わせて窮地を抜けきった。

 そしてそのあとには、せつない展開が待っている。
 車椅子で踊るチョウ・ユンファ、三人の育ての親である悪徳美術品コレクターの登場。
 揺れるチェリー。
 愛と友情と葛藤がごちゃまぜのレスリー・チョン。

 全編がライトタッチで描かれながら、
 ジョン・ウーの真骨頂であるアクションの連劇。
 男たちの瞳をアップでとらえる画面。
 苦笑いに幾千の意味を込めるアジアの純心。
 身悶えするほどの、傑作です。

 そしてまた、この作品は前述したように、ユンファの復帰作でありチョンの引退作(その時点では。ご存じの通り、彼はその後引退宣言を撤回した)。
 現実世界でも『男たちの挽歌』という香港映画を世界のブランドに押し上げた男たちの友情と別れがオーバーラップして、ユンファがちょっと哀しげに笑うたびに、胸が締めつけられるのである。

 その後、ジョン・ウーはユンファでもう一本を撮り。
 ハリウッド進出となる。

 ジャンクロ。
 トラボルタ。

 あーいいねえ、ハリウッドで金使ってのジョン・ウー・タッチ。
 でもトラボルタの二丁拳銃ってかっこよくない。

 第三弾。
 テレビシリーズ。

 ジョン・ウーは『狼たちの絆』のプロットを使いまわすことを決めた。
 だからおそらくそれは、確信犯なのだろう
 王道のストーリー、二丁拳銃のアクション。
 爆発。男二人に女一人の三角関係。
 だらだら泣いたり、心臓がバクバクいったりはしない。
 ワイン片手に一時間、観て。

「あーおもしろかった」

 その完成型である。
 ハリウッドで初テレビシリーズ。
 もちろん、主人公は白人になった。
 薄っぺらいのは、やむをえない。
 トラボルタがどうやっても二丁拳銃が似合わないのと同義だ。

 あの時点で、「亜州影帝」と呼ばれていたチョウ・ユンファと、私生活が消失するほどの追っかけに引退まで決意したアイドル、レスリー・チョン
 その二人が見つめ合い、ともに戦う。
 代わりを演じられる役者など、世界中さがしてもいはしない。

 このテレビシリーズを観て、思ったのはそういうことだ。
 王道の物語。完成型の娯楽。
 そこで観客が酔うのは、キャラに対してなのである。

 フレディとジェイソン。
 エイリアンとプレデター。
 キャラが立っているなら、物語はシンプルがいい。

 ユンファとチョン。
 『狼たちの絆』は、そういう映画だった。
 まったく別ものとしてドラマシリーズも良いできだが、それもまたあらためて『狼たちの絆』という娯楽映画の美しさを際だたせることになった。

 B級アクション作品こそ、人を描け。

 胸に刻みました、ウー先生。
 ウー先生の自宅に若かりし日の小林旭や高倉健のポスターが貼ってあるように。
 私の家には、二丁拳銃のチョウ・ユンファが立っている。
 いつか、私もぼそっと呟いてみたい。

「90年代の日本で香港映画はNo.1 だった。彼らは私のアイドルだったんだ」

kizuna

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/107-9a04ef5f

クロムハーツ 店舗  クロムハーツ 店舗  2013/10/23 14:03
『とかげの月/徒然』 『狼たちの絆』のこと。