最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『BlackStone Cherry』のこと。

 シンちゃん
 私はシンちゃんが忘れて行ってくれたライターを
 日本に置いてきてしまったことを
 すごく後悔しています
 失くしたり壊したりしたらいけないと思ったからなんだけど
 手の届く場所にないとやっぱり不安だよ
 大切にするって難しいね


 矢沢あい 『NANA』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というレイラの独白がその作品における私の好きなセリフ第三位くらいなのですが、先日その作品に登場するBlackStone Cherryというタバコの話をここでしたら、検索サイトからBlackStone Cherryをさがしてやってくる人たちが大勢現れまして……無駄に長くやっている『とかげの月』なので『徒然』の表題に商品名とか使ってしまうと、ものすごく検索サイトの上位に表示されてしまうのです。しかも『徒然』にはミラーページ『鏡』があるので、ならんでふたつの『とかげの月/徒然』がヒットしてしまうということで……おそらくやってきたほとんどの人がBlackStone Cherryを実際に購入できるサイトを探し求めているのだと思うのですが、残念ながらたどり着いたのは吉秒とかいう聞いたことのない名前の奴が綴る駄文。

 あまりにも申し訳ないほどの数の方がいらっしゃっているこの事実に、怒られる前に謝っておきたいと思いました。

 ごめんなさい。

 ところで、そもそもタバコを販売していないオンライン書店なのでだれも試さないと思うのだけれど、アマゾンで『BlackStone Cherry』を検索すると、

bs

 こういうのがヒットします。
 著者がCherryさんで、イラストがBlackStoneさん。
 なんて奇遇な組み合わせ。
 スティーブン・キング(モダンホラーの巨匠)と、
 ディーン・クーンツ(モダンホラーの巨匠)の活躍する同じ国に、
 スティーブン・クーンツ(軍事小説の巨匠)が存在するため、
 ホラー小説好きのあいだでは軍事ものにまったく興味などない人でもスティーブン・クーンツの名前を知らない人はいません……ちなみに私は軍事ものにも興味があるのでスティーブン・クーンツも何冊か読んでいます。でもやっぱり古本屋のディーン・クーンツの隣にいつも彼の作品があるのでつい読んでしまった感は否めません……というような流れで、BlackStone CherryをさがしているうちにCherryさんとBlackStoneさんの作った乗馬が上手になるための図解付き教本を読んでしまってあまつさえ馬になど興味がなかったのにそれを読んだがゆえに乗馬をはじめてすっかりハマってしまい馬がいやがるので葉巻を吸うのをやめた、というような人も世界中で一人くらいいませんかね。

 ていうかマンガの影響でBlackStone Cherryを吸いはじめるより、ぜったい乗馬のほうがあなたのためになると思うのでおすすめします。もしくは、ここに来たのもなにかの縁だと思ってクーンツを読んでみませんか?

クーンツ

 なんか最近、小説書きの人と話をすると(向こうが私がクーンツ好きなのを知っているからなのかも知れませんが)、この本のことがよく話題にのぼります。いまでもあの手法って通用すると思う? でもクーンツいまでも売れてんじゃん。でもそれはすでにクーンツに固定ファンがいるからで……というような読み方もできますが、実は、小説書きでない人も、読んでみればおもしろい一冊です。だいたい、小説の書き方をおもしろく読ませてしまうことができるという時点で、クーンツの別格さがわかる。そして天才というものは、多かれ少なかれ変人であるということもよくわかる。ナナもクーンツもそばにいたら大変だろうなあ、とつくづく思わずにはいられません。
 なんだかよくわからない話になりましたが、はっきりしているのは、またあなたがこんな駄文を読んで時間を無駄にしているということですよ。

 ここにはBlackStone Cherryはありません。
 さがしものはきっとあなた自身の人生のなかにあります。
 

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/10-0ca7d215