最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

『Xbox360』の話(その1)。

 というわけでやってきました問題児。

Xbox360

 安野モヨコXは横置きでしたが、360は縦置きです。
 意外にディスクトレイを開閉するときなど本体が揺れるので、おいおいハードディスク回ってんのに、と思ったりする。PS2も横置きにしていたから、縦置きのコンシューマ機ってのがはじめてなんだよね。デスクトップPCは縦置きしているけれど、PS2やスリムPCには当然ある縦置き用スタンドというものがそもそも360にはないので、どうしても横揺れするのかもしれない。消費電力も含め、まさにタワーPCの仲間といった印象。実際見た目がゲーム機なだけで、中身は完全なパソです。有線コントローラーもUSB接続でPCでも使用できるのだ(デフォルトで本体に付属している無線のは360専用)。PCでゲームするときはPS2コントローラーをPC用変換ユニット使って接続していたのだが、これからはパソも360です。こうやってマイクロソフト社製品なしでは生きていけない躯になってゆくのです、中毒者を増やすコツだ……「ダイエットにも効きます」……ちなみにUSB接続なので、このコントローラーは360にUSBハブを使って三つまで同時接続できる。パソとゲーム機のボーダーがなくなってゆくことで、ゲーム機用マルチタップなんてものの存在価値もなくなってしまった。これだけすべてのボーダーが消え去ってゆくのに、DVDの規格やゲーム機の互換性なんてものは永遠に統一されないのも人のサガか。パソにおけるウィンドウズのように、どこかが独り勝ちすることでしか市場の規格統一はできないのかなあ。

 エラーメッセージは出ませんでしたが、『Halo2』を挿入して初代Xのソフトをプレイするための個別アップデート中にフリーズ。再起動でことなきを得ましたが、ふと気づくと、初代Xから360にデータを移行する手段がないので、360で初代Xのソフトをプレイしてもどうせデータを上書きすることになる(マイクロソフトはいずれLAN経由で本体データの移行ができるようになると明言している)と気づき、プレイ中止。でも『Halo2』が問題なく動作することは確認。いつもの見慣れた初代Xの起動画面が、同じデザインで白地に緑のエックスになっていたのは笑った(本来初代Xの起動画面は黒字に緑のエックス。本体カラーが黒から白になったことにあわせたのだね。オシャレ(笑))。

 ああそうそう。
 噂の巨大ACアダプターだが、こんな感じ。
 ちなみに比較対象の文庫本はクーンツ師の名作

Xbox360A

 ACアダプターよりもその太い電源ケーブルが邪魔で、ワイヤーで宙吊りにして設置。ACアダプターは大きいだけあって排熱ファンが存在するにもかかかわらずほとんど無音。心配していた熱もたいしたことない。うちはワイヤーラックの上にアダプターを設置したので夏場もこれなら平気でしょう。ファンの騒音といえば本体のほうが問題。ゲームしているぶんには気にならないレベルだが、あきらかに初代Xや、ファン騒音で有名なドリームキャストよりもウルサイ。DVD再生機として考えると、息詰まるサスペンスシーンの多用される映画などでは気になるだろう。

(追記:その後、実際に使ってみてわかったのですが、ウルサイのは360専用ソフトを起動したときだけでした。DVDやCDではいたって静か。謎なのは初代箱のソフトを起動させても静かだということ。エミュって動かしているのだから結構な負荷がかかっていると思うのだが……ヘタすると初代よりも静かな360で『Halo2』対戦やりながら、うるさくてもいいからファン回さないと燃えない? と不安になったりする)

 まあ我が家ではリビングの隣がキッチンで、玄米が主食でしかも炊くのに六時間も必要とするギャバ増大玄米活性モード使用なため、炊飯器の排熱ファンが始終うなり続けている──そのファン騒音に比べればたいした問題ではない。けれどやっぱり駄菓子菓子、炊飯器と比べてはなんだが、360はツイン排熱ファンがこれだけうるさく回り続けてもやっぱり躯を火照らせています。今の時期だと、手のひらをかざすだけで「あったかーい」とそばに寄りたくなるほど。ちょっと夏は怖いな。

 書きたいことはいっぱいあるのだが、なにせ釈由美子。

Xbox360


 いいよ釈由美子
 続きやってくる。
 360雑記の続きはまた後日。

TRACKBACK http://yoshinogi.blog42.fc2.com/tb.php/1-f2967385