最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ




 『Minecraft Dungeons(マインクラフト ダンジョンズ)』が2020年5月26日午後5時からプレイ可能!

 そしていま2020年5月26日午後6時!

 一時間プレイした!

 ざっと、それ見せる!

MinecraftDungeons

 アバター選ぶ。
 ここではクリエイタブルな機能なし。下のほうにはダウンロードという記述がある。買えるアバターがある模様。選んだキャラの衣装などを、あとで変更できたりするのかは、まったく説明なし。というか、ナレーションまで完全に日本語化されているけれど、全体的に言葉ではなく直感的にわかりやがれという風で、世界仕様。ちなみに四歳の息子とプレイしはじめて、彼も直感で操作はできていたものの、言語による説明は字幕含めすべて漢字まじりの大人向け文章なので、幼児の理解の助けにはならない。

MinecraftDungeons

 こんなのにした。
 オンラインとオフラインを選べる。オフラインでふたりプレイも可能。今回はひとりでオフラインというRPGチックなプレイを選択。オンラインもいずれプレイするということ、自分のゲーマータグがさらされていることを考えると、現実とあまりに違う年齢や性別のキャラは選びにくい(いやまあ、私は青い髪をのばしてはいないが)。

MinecraftDungeons

 「イカ海岸」に、問答無用で送り込まれる。

MinecraftDungeons

 スタート直後に家があるから、入れるかと思ったらダメだった。障害物も破壊はできない。マインクラフトの見た目だけれど、壊すとか積むとかいう要素はない。つまり迷うことはない。道なりに進む。

MinecraftDungeons

 敵が出てくるので斬る。
 なんやかやと落とす。おなじみのブタが出てきて斬ったら豚肉になったりならなかったり。ブタを斬ったのにリンゴになったり。弓矢を拾ったり、ダイヤモンドの剣を拾ったり。

MinecraftDungeons

 武器を装備して、そこに魔法効果を重ねられたり。姿が見えなくなるポーションや、足が速くなる薬もある。ここでもやはり本家のように、なにかとなにかでなにかを作るとかいう作業はない。徹底して迷わないように作ってある。
 方向キーの下を押すと、全体地図が出る。
 だがしかし、そもそもずっと「こっちへ進みなさいよ」マークが表示されているので、漢字が読めないし、地図の上下もごっちゃになってしまう四歳でも道に迷うことはない。道なりに進み、出てくる敵を倒す。たまに行き止まりがあるが、それを開くスイッチは煌々と光っている。レゴのゲームシリーズで、同じようにヒントが光るというシステムがあるが、光っているそれをどうするのかということでムキーっとなっていた四歳も、マインクラフトダンジョンズでは、まったくつまずくことがない。大人の目から見ると、その行き止まりはだったらいるのかというような謎なのだが。そこが大事なのだろう。見た目がマインクラフト。謎解き要素もある。あってなきがごとしでも、あることが重要。

MinecraftDungeons

 で、道の最後までたどりついたら「勝利」。
 次のステージに進めます。

MinecraftDungeons

 森から脱出するのが目的とされているが、もちろん全体マップがいつでも見られるし、「こっちへ進みなさいよ」マークもずっと出ている。ここでも迷うことはない。しかし、雰囲気はさっきのイカ海岸よりもおどろおどろしく、TNT火薬で牛ごと十匹あまりの敵を吹っ飛ばしたりといった見た目の演出が増えた。

MinecraftDungeons

 本家と違ってジャンプという動作もない。段差は勝手に登る。RBボタンで、しゃしゃっとでんぐり返るような逃げ動作が出るので、それを使うと、上のような、数ブロックの断崖に囲まれた宝箱にも手が届く。一時間のプレイで、敵にやられて死ぬことはいちどもなかったが、落下でやりなおしというのは数度あった。剣や弓の当たり判定はものすごく大きくて、画面の外の見えない敵まで弓矢が届いて倒せたりするから、戦闘で行き詰まるというのは考えにくい設計になっている。

MinecraftDungeons

 モノの向こうに行くと、影で表示されたりもする。壁の裏側を通って秘密の世界に行けたりする演出ができるなと思ってしまう。往年の名作『ハイドライド3』的な。敵の強さではなく、矢印は確かにここを指しているのに、どこへも行けないように見える……でもこうすれば! というレベル設計が可能なアクションと仕様になっているので、難しくするのはあとからいくらでもできる。でもまずはとっつきやすく。という設計者の思惑には、素直に拍手を贈りたい。

 実質RPGデビューといっていい四歳児が、初見でクリアしてやったーとよろこぶ最初の一時間。謎だ難度だと言いはじめたら私には物足りないところはむろんあるけれど、マインクラフトの見慣れた世界で、サクサクプレイできる設計が不快なわけはない。雰囲気である。それが良い。ぜんぜんマインクラフトの要素はなく、見た目だけなのに、だから良い。

 みごとなモノを一時間快適にプレイして、三十分でまとめた。

icon
icon

Microsoft Store (マイクロソフトストア)





 前回、時代錯誤な旧旧旧型ゲームコントローラーパッドを直すという話を繰りひろげたのでしたが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Xbox360有線コントローラーを修理する』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自己引用。

「かといって、公式は次世代機の優秀で進化したコントローラーの量産に注力していて、現行の旧世代機コントローラーは転売特別価格。リビングの棚には、すでに縦三十センチという異形のXbox Series Xのための敷地が空けてある。いま、新品の旧型コントローラーを買うというのは、あまりに間が抜けているように感じる。」

 その次世代機の詳細も明かされつつあって……というか、みんなが同じことを思って、在庫一掃セールがはかどらないというのも困るという思惑もあってのことでしょう。

 現行Xboxコントローラーは、次世代機でも使える。

 これは明言されている。だから安心して買いなさいと言う。無駄にはなりませんよ、使えますよ。新しいのは新しいので仕様が変更されてボタンも増えることが決まっているのだけれども、ボタンの数が少なくたって使えるのは使えるのだから、安心して旧型を買いなさいよ。

(ちなみに、増えるボタンは「キャプチャ」。現行、画面を撮影するには、「Xboxガイド」ボタンを押してから「Y」ボタンを押して撮影というステップを踏んでいるのが、パシャパシャ撮れるようになる)

 ……いやしかしでもその理屈って、使えないことはないから「安いので」世代末期の商品を買うという処分セールの会場にいる客に向かってなら機能するにしても。いまは世界的なステイホーム強化月間絶賛開催中。商品コントローラーは、軒並み定価よりも高かったりする。

 買うかバカ。

 次世代機でも、いまのが使えるのなら、いまのにやっておくべきことがある。

Xbox1oldC01

 アナログスティックの先が、こんなになる。すべらず、指先にやさしいと、すり切れてボロボロになる。かねあいというのはむずかしいものだ。なににつけても。

 うえの写真は、現行機でもすでに使えない、旧旧旧型コントローラーである。しかしまあ、使えないコントローラーがいくつもあるので、使える部品を寄せ集める作業で肩慣らしをしよう。

 Xbox360エリート・コントローラー。

 分解するために必要なドライバーは、ヘクスローブT8。
 トルクスとも呼ばれる。トルクスドライバーの8ください、とホームセンターで有能な店員に頼むと、真ん中に穴のないのを持ってこられる可能性大。トルクスドライバーの8の、いじり穴つき、と言わないとダメ。いじり穴なんて口にするのは恥ずかしいので、Xbox360エリート・コントローラーを持っていくと恥ずかしくない。「サンロクマルのコントローラーをまだこれからも直して使われるんですか素敵」なんて恋だって生まれること請けあい。

B002SQLDU0

(私も店員なので、これはけっこう本気で書いている。ジャンル問わず、というか、むしろわけのわからないジャンルのいちもつを、十年、二十年、それを越えて手入れしようと持ちこんでくるひとには、もれなく好感を持つ。一歳から抱いているテディ・ベアの目がとれたから似たボタンをさがしに来たひとも素敵。祖母から受け継いだ数珠が悪霊払いの最中にはじけ飛んだから次の戦いでは切れないように紐ではなく金属ワイヤーで修繕したいと相談してくるひとも素敵)

 余談だが、前回、直した有線Xbox360コントローラーは、なんの変哲もないプラスネジで留めてある。

Xbox1oldC02

 それゆえ分解が多発してトルクスネジに変えられたのだろう。そのドライバーもそこらで売っている以上、私は分解するが。おさなごのイタズラを抑止するという意味はあるかもしれない。

 電池ボックスのなか、それもシールの下に、最後のネジがある。

Xbox1oldC03

 シールを剥がしたことによって保証が効かなくなるという仕組み。家電でおなじみ。だったら開かないようにすればいいのに、という気もするが、逆説的には、保証対象外になる覚悟で開けるぶんには勝手にやれというお告げにもとれる。

 ざくっと中略して。
 直った画像。

Xbox1oldC04

 あくまでほかの「ましな」アナログスティックを付け替えただけだから、新品同様とはいかないが。延命にはなる。

 さて、コレふまえて本題。

 現行XboxOneコントローラーを延命するのが目的。
 おもにすり減るのは『Halo』のせい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Haloだけの王道』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 世界を駆けずりまわるゲーム。なので、移動する左スティックばかりが減っていく。

 XboxOneのコントローラーは、まずグリップをパキッとはずす。

Xbox1oldC05

 左右。ネジは使われていない。写真に見える、無数のツメで留まっているので、精密マイナスドライバーなどで、隙間を開けては固定するのくり返しでやがて外れる。パキッと割れてしまう可能性も否定できないが、私はいまのところ、いちども割れたことがありません。私が器用すぎるのか。それともやはり、Microsoft神ドン・フライ(仮名)による開けられたならイジってよし保証はしないけれどもね、との暗黙の表明なのか。

 グリップを外すと、ヘクスローブT8ネジ。そしてもちろん、電池ボックスのなか。シールを剥がしたところにもある。伝統。

Xbox1oldC06

 カバーを取って、アナログスティックは、引っぱると抜ける。

Xbox1oldC07

 ごらんの通り、左スティックは剥げて光って、右スティックは新品同様。だとすれば、左右上下を入れ替えれば、まったくすり減っていない部分がすり減り終わるまで、二倍の寿命を得ることになる。

 このように。

Xbox1oldC08

 左スティックにギザギザが残っている。感動。

 少なくとも、これでしばらくは、最初の写真みたいなズル剥けアナ棒になることはなく、互換性ある次世代機での活躍だってできるかもしれない。

 新しいの買ったら、新しいのを使うには決まっているが。それでも、大事にできるものを大事に使う心意気を胸に抱くひとを私は好きだ。自分もそうでありたい。自分につながったモノだって自分。爪を切ったあとにヤスリをかけない。時間があったらサクッと手入れしておく。できることをできるだけ。

 さあ闘おう。

icon
icon

(現行コントローラーの新商品もまだ出る模様。Xbox Series Xで使えるかどうかを気にする層とは別に、Windowsでも使えますし。そっちの方々にとっては、いま買おうがなんら問題なしってことだ。Windows自体が10で打ち止めという方策は、互換性を気にする文化を消した。同じMicrosoftが、ゲーム機でも同じように行こうと決めた以上、願わくは、消耗する部分は取り替えられる公式の仕様にしていただきたいというのは高望みなのか。いや、交換できる高級機もあるにはあるんだが。ふつうにな。文化としてな。ダウンロードがゲームの主要販路になったあと、自転車のパーツをホームセンターで買えるように、新しいコントローラーの部品を購入できるのがゲーム屋ということになっていてほしい)

Microsoft Store (マイクロソフトストア)




  



 ときまさに、次世代機が10月頃には発売されるはずだったけど疫病でどうなるんだい? というさなか。
icon
icon
 Xboxの新コントローラーも、サイズまで変更して進化しましたと、しきりに私へ向かって主張してくる。発売に間に合うのか。急いで作れ。ライバルよりも多く作れ。

「How do you feel that gaming is doing well at a time where the world is hurting?」

 Xboxの偉いひとが言った。世界が傷ついているときにゲームが良い感じなのをどう考えるべきか。巣ごもりで配信ゲームの売上げが、ものすごい黒字を叩き出している。もとから本体を売る数で負けても全体で勝つという方針の彼らが、ライバル社のゲーム部門が大赤字決算を出したのに、こっちは大黒字というなか、ただ粛々と、この事態にシステムの安定を図るという異例の声明。

 マスクを高値で転売するようにゲームを売ったりはしないですよということだが、裏返してみれば、ゲーム需要が高まっているけれど、現行機や、そのコントローラーを増産はしないという理由付けができたとも取れる。

 かくしてライバル社もそれにのっかり。だれもが次世代機の数をそろえるのにシフトして、みんなおうちでゲームするのは、いまおうちにあるのでヤってね、という。

 かくして、彼らは搾取しなかったが、そのせいで転売屋が品薄の各種ゲーム機と、そのコントローラーを高値で売るという皮肉な状況を生んでいる。

 転じて我が家。

 Xbox Oneは、私のものだった。
 なので書斎に置いて、仕事用のPCのモニタにいっしょにつないであって、リビングでゲームをするときには、ストリーミングを使っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Windows10でXboxOneをストリーミングするレシピ』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それが、この状況。幼い息子が、ずっと家にいる。simカードの入っていない古いスマホの無線LANでポケモンGOをやったりしている。家のなかからとどく範囲のポケモンをぜんぶ狩って、外に行くんだと言うから、外に行ったらそのスマホだとプレイできないと言っても、もちろん理解せず。

 世のことわりを理解しないままに自由を奪われるというのは、身におぼえのない罪で牢獄に入れられるようなものだろう。なんだかわからないコロナというのが外をうろついているのでぼくはドアの外へは行けないのです。どこかの国のトップがこれは戦争だと言っていた。戦時下、遊んじゃダメと言われた子らは、戦争を憎むのか、世界を恨むのか、時代を哀れむのか。

 不憫。

 ということで、ことわりのわかっている私が画質の低くなってしまうストリーミングを受け入れて、Xbox Oneはリビングに置いて。マインクラフトやりなさい。きみの世界を作りなさい、と。

 さて私。

 書斎のパソコンにはコントローラーが接続してあったが、Xboxのものではなかった。Xboxのストリーミング機能は、Xboxのコントローラーがパソコンにつながっていないと機能しない。面倒な仕様である。いつか改善されると思っていたけれど、五年以上が経ってもそのままなところをみると、あえてやっているのかも。

 リビングは一階で、書斎は二階だ。二階からストリーミングするのに、一階のXboxのコントローラーを取ってくるなら、一階でプレイすればいい話になる。

 かといって、公式は次世代機の優秀で進化したコントローラーの量産に注力していて、現行の旧世代機コントローラーは転売特別価格。リビングの棚には、すでに縦三十センチという異形のXbox Series Xのための敷地が空けてある。いま、新品の旧型コントローラーを買うというのは、あまりに間が抜けているように感じる。

 どうにかならないのか。

 おもちゃ箱をまさぐった。

 Xbox360の有線コントローラーが出てきた。

B000BPJTHE

 ざっと見積もって十五年前の品。当時の無線XboxコントローラーはPCで使用できず、この有線タイプだとUSB接続で使用できた。もっとも安い純正の選択肢。

 ただ、哀しいかな有線。末期には、線を揺らすと切断される症状が出はじめ、コントローラーを微動だにさせないというゲームのほうに意識が行って画面に集中できないということになり。おもちゃ箱の底へ仕舞われた。

 ……どうせゴミ。しかしこのゴミは純正品であり、動けば、現行Xboxのストリーミングで使用できる。どんな最新他社製PC用コントローラーでもダメだが、マイクロソフトの純正Xbox用という一点において、換えられない価値がある。

 当時は直そうとも思わなかった。なぜならXboxのストリーミング機能はまだ実装されていなかったし、PC用のコントローラーは、いくつもあったから。

 あらためて眺める。

 と、ひとめでわかる、欠陥箇所。

Xbox360oldC01

 穴あいとるやないかーい。

 で、この穴、素材の劣化で開いたようではない。変色している。よく見ると、イヤなことに気づく。

「焦げてる?」

 おそらく、なかの線が劣化で切れかけていて、ショートした結果、外装が溶けたのだ。コタツのコードを猫が噛んで火事になるというのはよく聞く話で、Xboxのコントローラーにコタツほどの電流は流れていないだろうが、ゴムが溶けるなら火も出よう。恐ろしいことである。

 カッターナイフで切開してみる。

Xbox360oldC02

 うーむ。
 この銀色の線は、外装なのか、なにかの信号をやりとりしているのか。判断がつかないので、もっと裂いてみた。

Xbox360oldC03

 ほう。内部には、赤、黒、緑、白の四色のコードが見える。色分けされた皮膜分類のコードがまとめて走っているということは、外側の銀色のは、保護のために巻いてあるだけなのかもしれない。

 ピンセットで、引っぱり出してみた。

Xbox360oldC04

 赤色のコードが、あきらかな断線。
 コレ、もしかして、コレだけのこと?
 よりあわせて、アルミホイルを巻き、ビニールテープを巻いた。偉大なるビニールテープ。どんな電流だって、それだけで漏れをふさぐ。

 果たして。
 四色のコードが、それでもとにもどって勢揃いなわけだが。

 はい。動いた。
 さらにビニールテープを巻く。

Xbox360oldC05

 不細工ではあるけれど、ちゃんとグリーン点灯。ストリーミングでも問題なく動作。

 直った。

 単純な機械の、単純であることの強さ。
 そして生涯でなんども感嘆するビニールテープの、すばらしさ。

 これで十月まで保てばいい。
 願わくは、これ以上には世界が荒れず、新しいゲーム機もコントローラーも、ふつうに発売され、ふつうに買える地上に、もどっていますように。

B00OUX28BC

(困難な状況で量産を試みた結果、生まれてしまった不具合に目をつむって発売するというような愚行には、だれも手を染めませんように、とも祈っておきたい)

Microsoft Store (マイクロソフトストア)