最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ


 テレビに一台。
 録画デッキに一台。
 チューナーに一台。

 USB外付けハードディスクドライブがつなげてあって、それらは我が家のなかにある数台のパソコンやゲーム機のHDDに比べて、格段にハードな稼働状況にある。ほぼ一日中動きっぱなしといっていい。

 HDDに寿命があるのは仕方ないが、それらが壊れるのは非常に怖い。そこでなるべく余裕を持って交換をする。

 パソコンは自作派なので、わざわざ速度も落ちるUSB接続でHDDを使うメリットはあまりない。でも、そういう経緯で引退間近にせよまだ働ける外付けハードディスクドライブを寿命をまっとうするまでデータ保管庫として活用しようとパソコンにつないでみたりすることはあるのだが。

 どうも、おかしなことが起こる。

 すぐ壊れる。パソコンにつないで雑多にして巨大な圧縮前の画像データやディスクイメージなどの置き場に使ってみていると、読み込まなかったり書き込まなかったりという状態になる。あれだけリビングで日がな一日回し続けていたものが、私の書斎に移動させると拗ねる。

 ハードディスクドライブに嫌われるタチなのだろうか。機械に嫌われるなんて、機械好きとして、とても哀しい。

 そんななかで前回、新しい箱に新しいディスクを詰めこんで新しいマシンを作ろうということをやっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SSD換装、あるいはWin10はハードウェアの交換をどこまで許すのか』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 棚に並ぶ、放置されたUSB外付けハードディスクドライブたちが目に入った。

 時間があるときに、確かめたいと思っていたことがあったので、それをすることにした。

 解体。

 手にとったのは、バッファロー製の外付けHDD。

B076HS3G5F

 念のため書いておくけれど、前述のように散々テレビ録画用として働いてもらったうえで壊れろとばかりに過負荷な使い方をした結果、思わしくない動作をするようになっているのであって、現役時代の彼らはよく働いた。モノとしての出来が悪いということでは決してない。現に、いまもリビングのテレビにつなげているのはバッファローの製品である。安定した環境での安定した動作については、全幅の信頼を寄せている。

 だからこそ、だ。
 疑わしく思ってしまったのだった。テレビ周りからパソコンにつなぎ替えて、使い倒してやろうという使いかたで不調になったにせよ、彼らは本当に芯の芯まで「壊れている」と表現してもいいものかと。どうも感覚的に、壊れたというよりは調子がよろしくない感。うんともすんともいわないというのではなく、駄々をこねている感。

 バッファロー製外付けハードディスクドライブの分解方法をネットで調べてみたら何件もヒットしたものの、いざ言われるがままにやってみようとすると上手くいかない。どうやら同じメーカー製で同じ外観をしていても、内部の構造が製造時期によって異なる模様。絶えず改善を施しているということで、ますますメーカーへの信頼感は上がる。

 私が手にとった彼、もしくは彼女には、こういう位置に爪がついていた。

HDDrepair03

 精密ドライバーと爪楊枝で、ひとつひとつ外側から押し込んで外した。指の感触で爪の位置は外からでもさわってわかるから、ネットの情報に惑わされて、ここに爪があるはずなのに! とイラつかない。自身の指先を信じる。

HDDrepair02

 ベージュのプラスチック部品は振動防止のようだ。単に両面テープで貼ってあるだけだったので、ぺりっと剥がす。なくてもよさそうなパーツで、実際、ネットで見た分解指南サイトの写真では、これがない製品もあるようだった。なくてもよさそうなパーツではあるが、つけておくことで安定性があがるのだろう。コストをかけて念には念を入れる姿勢。素敵だ。真摯な設計者の向上心が見える。反比例して、いよいよ私の疑念は確信に変わっていく。

HDDrepair

 美しく収まっている。
 この状態からケースを取り外すのだが、動作ダイオードに光を伝達するクリアパーツがあって、これに気をつけないと、折ってしまいそうになる。

HDDrepair05

 ぶじ外せたら、いよいよハードディスクドライブを分離する。ネジが特殊なものだ。

HDDrepair04

 以前、Xbox360を分解したときにも使ったドライバーで回せる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『XBOX360 RRoDを自己修理する』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ハードディスク周りでは、特殊にして標準なネジなのだった。子供の玩具にも、こういったものはよく使われている(マクドナルドのハッピーセットしかり。これらがないとボタン電池交換もできないものは多い)ので、特殊精密ドライバーセットがあると、特殊な状況でことごとく気が利いて便利。

B07412Q9CQ

(当たり前だが、利口な子供が自分で分解しないようにわざわざ使ってある特殊ネジなので、特殊なドライバーは買っても子供の手の届かない場所に隠すべき)

 そうして、丸裸にしたHDDを、SATA接続でつなげたのが前回の写真である。

SSDtransform03

 結論から言えば、私の疑念は的を射ていた。SATA接続で、ハードディスクドライブはまったく問題なく使用できるし、セルフモニタリング・アナリシス・アンド・リポーティング・テクノロジーを使ってチェックしても(過去についてしまった傷は検出されるものの)、安定動作だった。

 つまり、ここ。

HDDrepair06

 シリアルATA接続のハードディスクドライブを、USB接続に変換している、この部分。こいつが不調の原因だと推察される。なんか納得する。HDDなんて熟成された技術品、いまどきそうそう壊れるものではない。それをわざわざUSB接続にするための部分が足を引っぱっているのである。

 すべてがすべてこうだとは言い切れないものの、外付けハードディスクドライブの不調の原因が、ハードディスク自体にないということは案外多いのではないだろうか。要は、これをまたパーツ屋で市販されているハードディスク外付け化ケースに入れてしまえば、問題なく使い続けられるということである。

B003F2SR6E

 ならばなぜ、作ったバッファローさんが、もっと簡単に分解して新しいケースに入れられるようにして、その新しいケースも販売しないのか。そうすれば、中身は同じHDDだから録画内容も断念せずに継続使用ができて、少なくとも不調になったあとでコピーする余裕が生まれるわけだから、テレビ使い方面での需要はありまくるはずなのに。

 それがやっぱり、マクドナルドのハッピーセットなのだろう。三角形のネジを開けるドライバーを持っていないと電池交換ができない仕様は、クレームだってくるはずだ。しかしそれでもかたくなに特殊ネジで締める。

 ボタン電池の誤飲で訴えられたときに、特殊な精密ドライバーを買ってこないと開けられないように作っておいたというのは、有効な戦略である。お父さん、あなたが開けたのではないですか。買ってきた、特殊ドライバーを子供の手が届くところに置いたのではないですか!?

 逆に責められる。
 問われたバッファローさんも言うだろう。
 外付けハードディスクドライブを分解したら中身は壊れていなかった? はあ。だれが中身を交換可能だなどと言ったのですか。私たちの製品は閉じられた状態で完結しているのです。それを開けたのならば。

 自己責任。

 私も、中身を交換可能だなんて言うつもりはないですよ。私個人の持っていたバッファロー製の外付けハードディスクドライブを解体して遊んでいた一部始終を私個人のサイトで垂れ流しただけ。なにかの具体的な参考資料としての活用などはしませんように。

 そういうこともありました、という日記。
 おわりです。さようなら。
 新しい外付けハードディスクドライブを買うべきです。

(余談までに、BUFFALOさんには今回の私の話とは逆に、中身のハードディスクドライブが逝ったときには当たり前に純正交換用HDDが用意されている、リンクステーション、テラステーションといったネットワーク接続系の商品ラインナップが存在するのですが、

B00YCANWZY

 これらは何台ものHDDを並べて使うような仕様で、いちおう一台でも使えるモデルがあるにはあるものの、それの中身を純正品で交換しようとするとケース付きの新品を買ったほうが安いという、モノクロレーザープリンタのトナーが切れたら新品の本体を買ったほうが安い、というパソコン界隈ではよく目にするビジネスモデルが展開されています。ですので、バッファロー製外付けハードディスクドライブが簡易合体構造でなかったりケースが販売されていないのは、私がさっき言ったのと異口同音に「新しい外付けハードディスクドライブを買うべきです」と言いたいBUFFALOさんの心の声「(そのほうが単純な大量生産によって製造コストが下げられるから)」の具現化にすぎないという見かたもできるのかもしれません。これも個人的な考察としてつぶやくだけですけれども)




 前回のお話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『BTOを選択する』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 その後のつぶやき。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・ブートのためのソリッドステートドライブを注文してから気づいたが、原稿のオンライン保存が二箇所と辞書の同期をするアプリがそれぞれ働き終わってはじめて起動終了状態になるのだった。もちろん原稿はハードディスクのなか。起動の後半は速くなりようがない。体感できるくらいの効果はあるだろうか。

twitter / Yoshinogi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 結果から言えば、それを差し引いても、劇的に起動は速くなったのでした。そんな顛末をまとめようかと思うのですが、すでにそういう記事はネット上に散見されるので、あえてイチから私が書く必要もないかと。

 と、いうわけで、今回はWindows10の起動ディスクをSSDへと替えた私が、その作業のさいちゅうに、どういった語句をネット検索したかを列記していきます。

 まずは、そもそもSSDって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソリッドステートドライブ - Google 検索

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ハードディスクはくるくる回る。古くはテープレコーダーの仲間。ソリッドステートドライブは、動くところのないシリコンのかたまり。SDカードなんかの仲間。単純に考えて、カセットテープから好きな曲を選んで聴こうとすると早送りや巻き戻しの作業に時間がかかるが、スマホに入っている音楽データの検索は一瞬もかからない。

 そういうのにWindowsを入れてしまえば、寒い朝に電源ボタンを押してから数分も立ち上がらないというようなハードディスク起動ではありがちなところを改善できるのではないかと、シリアルATA接続の疑似ハードディスク型SSDが普及しはじめたのであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SATA - Google 検索

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 実はここが、私における「マザーボードが逝ったので交換がてらSSDを導入する」計画の、ネックになったところでもある。十年選手のマザーボードなどを使っていると、それすなわちSATA以前なのだ。私は、ハードディスクは一部をSATA接続で運用していたけれど、たとえばDVDドライブなどがSATAの前の世代の接続方式なので、マザーボード交換をするとDVDドライブも買い換えなくてはならない。壊れていないのに買い換えるのはいやだ。もちろん、世界には様々な旧端子を現代風シリアルATAに変換する装置も売られているが、ことDVDドライブ程度に限っていうと、その変換装置とSATA接続の新品ドライブがどっこいな値段だったりする。だとすればふつうは新調するだろう。壊れていないのに買い換えるのはいやだ。でも、それが最善なのもわかっている。このジレンマ。

 そういうことを言っているうちに、年月が経ち、パソコンの起動もままならなくなったわけで。愛だのなんだのいっても、仕事に差し障るのは困る。ここは、えいやっとまるっと新調してみた。そういうひとに向けてのシリアルATA接続の疑似ハードディスク型SSDという響きなのである。

 SATA接続は、けっして速度がすばらしく速いわけではない。もっと速い接続方式はこの未来、いっぱいある。だが普及しているのがその方式なのは、つまり、SSDの速度を落としてしまうSATA接続であっても、やっぱりハードディスクよりは、ずっと速いから、普及しているSATA接続で繋ぎ替えられるのならばそれが便利で、結果、売れた。売れるとどんどん価格が安くなり、もっと売れた。

 そしてついに、私も、という流れ。
 だから私にとってもそこが重要だ。SSDを買って、そこへ新品のWindows10をインストールして、古いハードディスクからデータの引っ越しをする、という作業だったらば、やらない。

 あくまでさくっと、ハードディスクをSSDへと取り替えるだけでいきたい。

 未来的というか、いまや現代的といってもいい響きの言葉。

 クローニングする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HDD クローニング - Google 検索

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちょっと前までは、この検索を実行すると、ハードディスクのバックアップを取るという趣旨の記事で埋まったものだった。それがいまや、SSD換装に関するものばかりになっている。そう、それで、できるのである。

 まずは、Windowsの入った、いま使っている起動ハードディスクを取り外し、SATA接続で新しいマザーボードにつなぐ。ケースに嵌め込んだりはしない。こいつをクローニングしてしまえば、SSDが私の相棒だ。こいつはバックアップ要員になる身である。線一本でぶら下げられて自身のぜんぶを丸ごと吸い上げられる。速度のためにまだ使えるものを使い捨てにする。重ね重ね、好みではないのだけれど、速くなるのだから速くしたいという正義もある。いや、それを正義と呼ぶのは違うかもしれないが……などと言い訳しながら、長きにわたる相棒を、ぶらんとぶら下げる。

SSDtransform01

 青いロゴの。有名なそんなに高級でもないハードディスク。長年の、と書いたけれど、まだ使い始めて数年。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『このディスクにWindowsをインストールすることはできません。』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このときに新調したもの。なので二年も経っていない。上の記事でSSDの普及について私も書いているから、Windows10をクリーンインストールするそのときにSSDにしておけばいいのに、あのときは悩まずハードディスクだった。一年ちょいで、どれほどSSDが私に買われるほどにお買い求めされやすくなったかということの証左ではある。



 そしてもちろん、SSDへ空きSATAをつなぐ。今回、高級な(といっても私が買ったのはBTOオプションという名目での250GB六千円というお値段だったが)SSDの容量が元のハードディスクよりも少ないため、適当なハードディスクを見つくろって、それにも空きSATAをつなぐ。

 で、元のハードディスクにあったCドライブをSSDへクローン。パーティション(ひとつのハードディスクを分割して複数のドライブとして使うこと)を組んで同じく元のハードディスクにあったDドライブを、そのへんに転がっていた大容量ハードディスクにクローン。

(SSDに移行するなら、元のハードディスクをDドライブにすればいい? いやまあ、せっかくだからそれはバックアップに置いておこうと思う。思い切って移行したけれど、やっぱりSSDは、ある日ぱったりお亡くなりになるという都市伝説も、まだまだ信仰の対象だ。もしもそうした事態に陥っても、また元の起動ディスクに差し替えればとりあえず起動はできるわけで、心の余裕となろう)

 元のディスクとクローニング先のディスク容量が違っていても、大抵のソフトで問題なくクローンできる。私が使ったのはフリーソフトだということを考えれば、民間レベルで女王陛下のスパイみたいに彼女をベッドでダウンさせてそのすきにハードディスクを丸ごとクローンなんてことも可能なので、Qの仕事もあがったりである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

007 Q - Google 検索

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そしてこの後なのだが。この休みの日の作業を待ちかねて、通勤電車のなかで読んだいくつかのサイトでは、どれもただ起動ディスクをSSDへ入れ替えただけでは認識されないと書いてあったので身構えつつ、それでもまずはただ起動させてみるでしょうよとやってみたら。

 マザーボードのユニファイド・エクステンシブル・ファームウェア・インタフェースが立ち上がった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

UEFI - Google 検索

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SSDtransform02

 ひいいいいさしぶりのマザー交換だったので、カルチャーショック。こういうのは暗黒の画面に英語でつらつら書いていくものだったはずが、なんとビジュアリティ。遊び心に満ちたロケットの絵なんて描いてあったり。しかも日本語にも変更できたのでしてみた。うん「main」を「マイン」と訳すなんてウェブで無料のGoogle翻訳でもいまどきありそうもないが、自社の翻訳ソフトをかたくなに使っていたりするのだろうか。それにしても小説を訳す仕事でもないのだし、日本人にメールの一通も送って「この訳っておかしくないっすか」くらいは訊けばいいのに。そんなこともできないほどにシャイなのか。ネトゲでアジア人が怖くて野良っているアングロサクソンか。カタカナで「ツール」にしろよ「道具」だとよけいにわかりにくい。それで「アドバンスド」は、なぜカタカナ。と、こんなところで言っても私も彼らへメールをわざわざ送ったりはしないので、こうやって誤訳は修正されずにガイジン格闘家の僧帽筋にタトゥされたりするのでしょう。

 さておき。
 これが立ち上がるってことは、起動ディスクが選べるということでは。かえってわかりにくいので英語表記にもどして「Boot」を選択。マウスも動く。

 起動ディスクにSSDを選んで、保存して。はい再起動!

 ……あれ、もとのところにもどった。

 設定に難がある模様。あれこれやって、このあたりが引っかかっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セキュアブート - Google 検索

CSM 起動 - Google 検索

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 読んでいただければおわかりのようにCSMはCompatibility Supported Moduleの略称。互換性サポートモジュール。なにとなにとの互換性?

 さっきのです。私が言っていた黒い画面に英語の古いシステムと、現行のこのビジュアリティフルなUEFIシステムとの。私の場合、十年以上越しで、マザーボードを取り替えたわけで、その他のつながっている周辺機器群が古いということが引っかかるのか、CSM起動を「有効」にしなければならなかった。

 そして同時に、CSMを「有効」にすればセキュアブートは「無効」に設定する必要がある。セキュアブートは読んで字のごとく、認められた機器が揃った状態でないと起動させないよ設定。つまり古いのでも大丈夫にしながら新しいのが揃っていないと起動しない設定では矛盾するので、セキュアブートは必然的に「無効」に。

 設定的には必然なのだけれど、私の環境ではこれらは最初の設定でどちらも「有効」になっていたし、ひと世代前のWindows8ではセキュアブートを「有効」にして最新鋭のハードをそろえないと起動もさせないというのを噂話としてよく聞いてはいたから、セキュアブートを「無効」でWindows10が起動するなどとは感覚的に思えなかったのでした。

 ええ、これで起動しました。

 しかも、起動させてから当然にあるとされるマイクロソフトの再認証を要求されるという工程が、いまもって数日経つが発動しない。現に、写真まで撮って、windows10はマザーボードを替えたら再認証を要求されるよという記事を書いていらっしゃる方々が多々おられるので、それも少し前の真実なのでしょう。

 2018年初頭の私の環境では、マザーボードを交換してセキュアブートを無効にしても、Windows10は再認証を要求せずに起動して元気に動いています(「Windowsの設定」を開くと起動していてもライセンス認証されていない場合はその旨表示されると画像つきで報告の記事も多いのですが、それもいまのところ表示されず)。UEFIの設定は変えたが、ハード的には、ハードディスクとSSDをクローンして入れ替えたそのままで、Windowsの起動ディスクなどもいっさい使用せず、問題が起きなかった。

 案ずるより挿すが易し?

 いやこれきっと、XboxとPCで同じゲームが動いちゃうよ政策の続きなのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Xbox Play Anywhere | Xbox

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 どうやら、マイクロソフト翁はWindowsというものをどこでもかしこでも起動できるようにしたいらしい。その政策に乗っかって私の愛用携帯電話はWindowsPhoneで、あまりにもアプリがなくて色々困ったものなのですが。そういう事態をなくしてゆくべく、ひとむかし前どころかちょっと前にはメモリ増設したらWindowsが認めてくれなくて起動しないなんてことが当たり前だったのに、マザーボード替えて、別にかまいませんとも好きにしてください対応になっている。

 翁も、まるくなったものだ。

(現実的に、携帯電話市場で特殊なバージョンのWindowsを普及させようとして撤退にまで追い込まれるほど惨敗した経験が、やっぱ普及してなんぼよな思想に向かわせている部分はあるはずです。つまり惨敗したと翁が認め撤退を公言したWindowsPhoneが私の手に握られていることも、あながち無為な歴史の流れではなかったということである。とでも思わないとやっていられない)

 そうしてカタチ創られた今後の私の相棒の内蔵。

SSDtransform03

 いちばん下がSSDで、そのうえに大容量ハードディスクによるドライブDとX(なんとなくカッコいいから)が鎮座まします三段重ね。

 ええ、速くはなりましたが、うえでぶんぶんハードディスク二台が回転しているので、静かにはなっていませんね。いや全体の静音性はどう考えても向上しているはずなので、かえって、ときどき読みにいっては回り始めるがために気になるのかもしれない。部屋が静かになるといままで気にならなかった音が気になって眠れなくなる、数字だけではないという、それが人間は考える葦だというだけではなくやっかいなところ。ではありますが、こういった些細な違和感こそが、相棒が新しい肉体を得たことによる蜜月の甘みだと捉えることもできて。

 のろけてしまいました。いま、しあわせです。

(それはつまり、データに実体はないとはよくいうが、愛情の対象とはデータであり、実在する肉体などは交換可能という余地が人間関係のなかでもありうるのかもしれない、という未来予測を立てさせる心の動きでもあったり)