最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ



 なにもない暗闇に浮かんでいる岩のかたまりであって、光を発しているわけでもなく、高らかに歌っているわけでもない。なのに世界中のだれもが月のことを知っているし、生まれたときから地下牢に幽閉されている箱入り娘以外は、実際にその目で見たこともある。

 月に悪感情を抱くことは少ない。

 ヴァンパイア映画では、演出として夜空に煌々と輝く月のカットを入れたりするのが定番だけれど、あれは、月が輝いているからこそ、夜の暗さと孤独が引き立って見えるから、その果てのない底なしの闇宇宙が恐怖を予感させるという効果であり、むしろ闇夜の月は唯一救いのランタンだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ハロウィンとは?』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ハロウィンです。

 古代ケルトの暦では11月1日が新年。
 その日は、すばらしき陽気な夏の日々の終焉であり、暗黒の冬がはじまるSamhain (サメェン・夏はいっちまった、の意)。 その夜、月さえもない闇の世界と現世がつながり、あらゆる精霊と神が、愚かしき人間の街にさまよいだしてくる。

 だから人間も、精霊のフリをしなければならない。
 シーツをかぶって、ぼくはオバケだと言い張らないとならない。

 しかし、死んでもコスプレなんてしたくないというヒトたちはむかしからいるもので、そういうヒトたちは、すなおに神々に生け贄を捧げたという。

 ああそうだよおれたちは愚かな人間さっ。
 だからこいつを代表で殺すんで、もう一年大目に見てくれよ、神。

 ある種の逆ギレである。

 そこに神と精霊のいるかぎり、引き起こされるのは幸運ばかりとは限らず、願っても願っても、陰と陽は背中あわせ。なにかを得るために、なにかを失わなければならないのは太古の昔から人の知っていたことで、だからこそ。

 先にみずから生け贄を出す。
 百回願えば叶うという儀式なんかもそうだし、好きな相手の名前を絆創膏で隠して10日間剥がさないというたぐいのおまじないも、不便で不潔な真似をしたんだからそれ相応の見返りがあってしかるべき、という発想。

 呪いの儀式は、人に知れてこそ発動するという説がある。
 丑三つ時に、わざわざ光を反射する白い着物を着て、頭にはあかるくロウソクを結わえ、五寸釘でワラ人形をガッツーンガッツーンと神木に打ちつける。翌朝、だれかが、なにが起きていたんだと近づいてみれば、そこにはサエコと名前の書かれた釘刺しのワラ人形。その日のうちに、サエコ自身にもその話は届き……
 まあ、普通の神経の人なら、体調も悪くなる。

 重要なのは、部屋でひとりでサエコ人形に釘を刺したって、そんな呪いは発動しないというところ。言いかえれば、憎きサエコを呪いたい一心で、丑三つ時の儀式を執りおこなった、そのリスクに対するリターンとしてサエコは現実に床に伏すわけである。鬼気迫る気迫で演じないと、釘を打ちつけているさなかに取り押さえられる可能性だって高い。派手に、しかし、なにものも寄せつけがたいほどに負のオーラをもっておこなってこそ、儀式は成功と呼べるのです。

 ハロウィンの生け贄にも、似たところがある。
 祈りと呪いは、それもまた背中合わせ。

 ここまでやったのだから悪い年になるはずがない。

 そう想うために。
 どれだけ大切なものを捨てられるか。
 それが祈り。

 しかし、なにかを捨てるというのは勇気のいるものです。
 それが他者の命だったりすれば、理由も必要になる。

 そうして、ハロウィンに、人々は夜空を見上げるようになった。

 ハロウィンに三日月から上弦の月にいたるころwaxing moonなら、それはとても良い兆し。やってくる年には、満ちていく月のような出来事が起きると考えられる。

 もちろん、ハロウィンが満月ならば天の窓が全開放状態になった狂おしいまでのフィーバーで、精霊たちも浮かれ踊っているから、ここぞとばかりに無茶な願い事をしてみるのもアリ。

 新月は、闇夜。ハロウィンが闇なんて、最悪なように思えるけれど、多くの地域で、それは新たな年に、新たな命が誕生することを指し示すとされる。最悪なことが最初にあったんだから、こここそが無でありゼロであり、見返りとしての誕生がそこから生まれ出るはずだという解釈でもあるのでしょう。

 真に最悪なのは。

 Waning moon……直訳すれば、弱くなっていく月。
 十八夜を越え、下弦の月、そして新月へといたる欠けていく途中。

 そのときこそ、人々は生け贄を捧げ、新年を憂えた。

 で。
 今年のハロウィンが、まさにこれです。
 空を見て!! ああ!!
 闇が来る!! おお!!
 さあ、生け贄をさがそうかっ!!

 ……というわけにもいかないので。
 御守りでも身につけて一年、気をつけましょうか。
 いやいやそんな後ろ向きなことではいけない。
 祈りましょう。

 呪いも祈りも、気の持ちようだし。
 私のことをいちばんよく知っているのは私。
 みずからを欺くまでに信じ込むことでしか、祈りも発動しない。

 闇夜の新月へ向かう年。
 だからこそ、先手を打って、差し出すのです。
 闇だからこそ、光を見誤ることはない。
 さらけだし闇にこそ祈れ。
 手をのばせ。
 その願いへ。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 思っていたよりかなりの時間が経過している気がした。日暮れからどのくらいたったのか記憶がない。このあたりはいつも夜になるとこんなに暗いんだっけ? いつもなら、かすかな月明かりが雲のフィルターをぬって林冠のすきまから地上に届いているはず……。
 でも、今晩は違う。夜空は漆黒の闇。月は出ていない。影に姿を隠している。
 新月だ。


 ステファニー メイヤー 『トワイライトII』 

new moon new moon

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いきおいで書いたけれど、
 しかし今、空を見上げれば豪雨。
 欠けゆく月さえ見えません……
 古代ケルトならもう数時間で新年。普段は実りの雨でも真冬に向かうハロウィンからの時期では意味もなく、こんなの占い的には最凶最悪のはず。

 現代は今日が大晦日でなくて、よかった。

Corona

親切にも、コロナにライム果汁がついている。
カモがネギしょってくるみたいなものだが、
これがなんだか、微妙な感じ。
封を切って、細い口から注いで。
んー。うまい。
それは間違いないのだが。
なにか、これでいいのかという気もする。
たとえば。
ハイボールにレモンを絞るとかいう流儀。
マティーニは、ウォッカじゃなくジン、とか。
酒に果実の香りを与えるというのは、
飲みやすくするため。
コロナの瓶の口にライムを最初に詰めたのが
だれかは知らないが。
きっと、ぬるいメキシコの屋台ビールに、
わずかでも清涼感を加えようと、
ほとんど酔っぱらいのノリでつっこんだのであろうことは、
想像にかたくない。
以来、キンキンに冷えたコロナにもライムがついていないと

「なにこの店。コロナは、じか飲みでしょ、生ライムでしょ」

なんて、こんなアジアの片隅でも認知されるくらい。
コロナを醸造した人が仕掛けたことではないのでしょう。
たまたま、臭いビールにライムが爽やかに合ったのだ。
棚からぼた餅である。たぶん。
もともとはそうだった。
でも、これはコロナ社日本組の戦略として、
日本中のコロナの首にライムを果汁を引っかけろ、と。
いわゆる公認食べ(飲み)あわせだ。
実はこの果汁、缶にもついているのである。
そりゃあ、すごい手間。
首からはずれることもあるし、
そうすると、ないことに怒るお客さんも出てくる。
かなりリスキーな販売促進活動である。
当たり前になっちゃうと、ヤメ時も見つからなくなるし。
ということを考えて、首を傾げるのであった。

「これ、首にかけないで最初から入れればよくない?」

なにせ作って売っているヒトたちが自ら、
この飲みかたこそがスタンダードだと言ってしまったわけだし。
ほら、ペプシにもコカコーラにもレモン入りの商品はある。
ライムコロナがあってなぜいけない。
だいたい、このライム果汁のアルミ包装紙、
指に果汁をつけずに開けることは至難のわざだし、
ともかくゴミになる。机の上でやり場にも困る。
瓶のなかに、これを丸めて入れるわけにはいかない。
……そういうようなことを。
ああ夏が終わっていくなあ、と。
ひとり飲みで思いました。
本来、じっくり見つめて飲むものじゃないんだろうな。
すごく暑かったけれど。逃げていくと寂しくなる。
せっかく暑かったのに、
無心でコロナ&ライムに喉を鳴らすようなところへ、
どこにも行かないままだった。
いや、待てよ。
いま、コロナの瓶が汗をかいているのを撮っている。
これって、とても夏っぽい。
これで、満足するか。
もうひとくち。
偽ライムでも、気分の問題。

(実はこの果汁、ライムと書いてあるけれど、
原材料名を見ると半分は柚子果汁。
なんだか、あたたかい鍋が食べたくなってくる……)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Baby will you be my corona and lime.
And I will be your main squeeze.
And if your brother don't like my style.
We could take it to the street.


Shwayze 『Corona And Lime』


コロナとライムになるの。
あなたにはわたしを絞り込むのがお似合いだと思う。
あなたの友だちたちがこのスタイルを好きじゃなくたって。
わたしたちは、それをもって街へ出られるわ。

(吉秒訳)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Shwayzeの意図としては、歌詞のほかの部分は可愛い女の子を賛美する言葉の羅列なので、、街へ出られるわ、なんておしとやかなことではなく、

「おれっちはこんなに君には不釣り合いなダメ男だけれど、それが君の魅力を引き立たせるってこともあるじゃない?」

 みたいな、あんまり成功しそうもない口説き文句を、たぶん本人にも言えなくて、ダメな友人とコロナにライムを絞り込みながらグダグダ言っている。
 そんな感じ。

 ちなみに、日本ではBONNIE PINKの歌声が素敵な『コロナ&ライム』。



SLOW BUT STEADY

 歌詞の意味としては似たような感じですね。
 コロナにライムという組み合わせが、どこの国でもそういうものなんだと思う。

 味が最高っていうよりも、それはもう普遍の組み合わせ。

 君にはおれが似合うってば。
 そんなことに理由なんてない。
 コロナにはライム。それだけのこと。

 プロレス好きなので、メキシコの風景というのはテレビでよく観るのですけれど、試合を終えたレスラーたちが、決まって口にするのは「ビールがぬるい」ということで。下手したら常温で置いてあるビールケースのなかから引き抜いた瓶を、そのまま客に出してもアリな下町の店だってあるみたい。氷を入れて飲んでいる人もいるけれど、たいていの人はグラスにさえ注がない。

 ぬるっ。でもまあ、ビールはビールだし。

 とりあえず片手に持っていれば安心。
 プロレス観戦にビールがないと気分も盛り上がらないし、タマレはぱさぱさだし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『タマレってなに?』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 つい先日、皮膚科の先生が、こんなことを言いだした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Corona drinkers: Watch where you squirt that lime!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 コロナ&ライムを太陽の下で素肌にたらすと、シミができるという。
 人呼んで「メキシコビール皮膚炎」。

 ストーン・コールド・スティーブオースチンのように、首筋にだらだらこぼしながら飲むのはライム入りビールにおいてはマナー以上に肌に悪いらしい。茶色い斑点の原因であり、指につくくらいならともかく、上半身裸のプールサイドでそれをやるのは、命に関わることではないにせよ、美容上の問題はおきる可能性があるので、肌の白い人では注意が必要というお話。シミというよりも、正確にはかぶれのようなもので、数ヶ月で治るらしいですが。 

 まあ、それは大変、と思いながら、状況を想像して。
 裸の胸に、ライム果汁入りのビールがこぼれたなら、ふつう拭くんじゃないかと考えたり。直射日光の下で裸なんだから、日焼けしたくて裸でいるわけでしょう。ライムうんぬんにかかわらず、日焼けオイルのかわりにビールを塗りたくって、きれいな日焼けが仕上がると思うほうがどうかしている。

 しかし、この研究成果が公表されたことで、いよいよ最初からライム入りコロナの発売は遠のいたことだけは間違いない。いくら注意したって瓶コロナは立って飲んだり裸で飲んだりするもので、アゴも首も胸もおなかも、赤茶色い斑点だらけになったって、それはライムを入れたからですよ、自己責任です、という道は残しておかなくちゃなりませんもの。

 ところで炎症を起こすその物質は、レモンにも含まれているという。
 お。私、日常的にレモン摂取しています。
 すっぱいの好きなのです。
 ハイボールにウイスキーの味がわからなくなるほどレモンを入れて、いやな顔をされたこともあります。家でコーラを飲むときは、レモンをどぼどぼ入れる。

 そうしてみると、コロナという前例もあるのに、ビールにはレモンを入れないなあ、とぼんやり考えていたら、こんなことをツイッターでつぶやいたと思いだした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

館ひろしサマに惹かれてキリン本格<辛口麦>をはじめて飲んだ。なんだか、ライチの香りがする。なるほど賛否両論の嵐を呼びそうな味である。

8月26日
 
twitter / Yoshinogi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 できたっ!
 とか言っている、その味。
 柑橘系なんです。私の舌のことですから、信用度は低いにせよ。
 確かにライチの匂いがするし、ライムみたいな酸味を感じる。

 というわけで。
 家にあったそれらを、さらに増量してみました。

CocktailCocktail

 うーん。
 いまいち。
 しかし、これはキリン 本格<辛口麦>があまりに特徴的な味であることが原因だと思われる。ということでそれから、いろいろなビールにたらして味をみてみた。

 ラガーとか、黒ビールとかは、検討する価値もない。
 酵母系の地ビールのたぐいには、ないこともない。
 しかしあえて入れて飲みたいというほど劇的に味の変化がない。
 さすがの歴史という感です。
 コロナ&ライム。
 あなたには私。
 逆に言えば、ライムな私よりも、コロナなあなたの味が重要なのですね。
 コロナの特徴といえば、その軽さ。

 ということで、ビールと発泡酒を一通り試したあと、本格<辛口麦>と同様、第三のビールといわれる一群へトライ。これらの缶には、分類「リキュール」とあります。すなわちビール味のカクテルだと言ってもよいわけで。カクテルにライム&レモンはつきもの。

 そして結論。

kinect

 アサヒ・ストロングオフ × レモン。
 これ圧勝。
 キリンのストロング7が惜しいところだったのですけれども、なんというかな、味は淡目でアルコールは高め、というところにがっつりレモンの酸味を効かせると、ほんと、一種そういうカクテルであると言って出されてもいいくらい。これ、ジンとかウォッカとかでドライにしていけばもっとイケるんじゃないかと感じたのですが……それってもはやビールではないので実験終了。

 で、この不毛なビールにライムとレモンをたらす日々で、悟った。
 レモンは、最終的に正解を見つけるところまで追っていこうという情熱が持てるくらい、どんなビールに入れても飲めないということはないのですが。

 ライムは。
 これは、コロナのものです。
 コロナ&ライムは永遠の恋人。
 裸で飲むときは、こぼさないように気をつけて。

 あ、余談ですが、私、コーヒーをほとんど飲まない人で、かわりといってはなんですが、目の醒めない朝、冷蔵庫のレモンを直でぐびぐび飲みます。
 効きますよ。
   
 いろいろおためしあれ(笑)。

(ところで、日本のリキュールビールって、海外展開していないのかしらん。ストロングオフとか、メキシコあたりで大流行しそうな気がするんですけど)





 とりあえず、これを観て。



 良い出来です。

 いつでも自画自賛の傾向があるマイクロソフトさんですが、今回は、いつになく「これでも日本で売れないのかXbox!!」という気迫のこもった、むしろ開きなおってコアユーザーに「ネタにしてくれ」と懇願しているかのようにさえ感じられる落ち着き払ったプロモート。発売一ヶ月を切ろうかというのに、こんなに露出が無くて平気なものかと、こっちが心配になってきたので、もくろまれ通りにネタにする私。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ProjectNatalとMilo』の話。

『2009 タイムが選ぶ今年の発明』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あれから一年を待たず、正式発表。

 ProjectNatalあらため、

「kinect」
(キネクト)

 できるようになるかなあ、とS.Ukawaと話していた、バーチャファイターっぽいのも、やったもん勝ちという形で発表されていた。

 作っているのはUbisoft。
 『Fighters Uncaged』は、Kinectを使って、実際の全身動作と音声で敵をなぎ倒していくという趣向。



 ここで単純に画面を見て心配することがひとつ。
 Kinectって、某社のアレのように、床に機械を置いたりするわけではないので、もちろんのこと、両脚が床を離れたかどうかを判断するのは、見た目の問題。でも、通常kinectはテレビの高さにあるわけで、プレイヤーの足もとっていうのは、見おろす形になっているはず。

 ジャンプが、ジャンプと認識できるんだろうか、本当に?
 それが認識無問題だとしても、格闘ゲームでは、蹴りひとつとっても多彩なバリエーションがある。で、多くのプレイヤーは、ハイキックをかましているつもりで動いても、脚が腰より上には上がらないという状態に違いなく、ましてドロップキックとか、バックドロップとか。どうするんでしょうか。

 製作発表で「音声でも操作する」という表現が使われていたのは興味深いです。まさか「ローリングソバット!」って叫ぶことでいまのジャンプはローリングソバットだったと確定するシステムだったら、それってkinectいらねえじゃん、という感があるのですが……いや、どんなマシンでも、最初の格闘ゲームは、とりあえず出したことがエラいので、完成度? なにそれ、kinectって主旨で格ゲーないなんてありえないでしょXboxなのに、じゃあうちが出す。勇者です。エラいです。そういうメーカーのことを、私たちユーザーは、決して忘れません。

 そういうファン心理に通じた、あざといバーチャファイターの生みの親、我らがセガは、世界に誇る音速のハリネズミ、ソニックで小手調べ。

kinect

 王道です。
 もっと王道な、そういうのも、もちろん用意されています。 

kinect

 マイクロソフトの夢をのせた二匹目のドジョウも用意されています。

kinect

 コナミさんは、全身で『ダンスエボリューション』させるってことで、こりゃあダイエット記事にする雑誌が現れないはずがないでしょう。



kinect



 それにしても、あのエロプロレスで培われた技術が、このように花開くとは……つくづく、プロレスが描ければ、世界のすべてが描けてしまうということですね。私もがんばってきれいなトペコンヒーロが描けるように精進したい。ゲームの出来うんぬんとか以前に、この娘、普通にデビューさせたほうが儲かるんじゃなかろうか。ポリゴンなんだから「ダンスエボリューションでこんなに部分痩せっ!」べこっ、と二の腕のふくらみ消すことだって簡単なわけだし。これだけの雰囲気があれば、ノリでkinectもXboxも売ってくれそうな気がする。

(エロプロレスは話題になったが、なにせプロレスファンの数が限られていたうえに、プロレスファンこそ女子プロレス嫌いとかいう層もいたから……世界地図を塗り替えるほどいる新種ダイエット狂信者たちが一人一台kinect買ったら……という計算を、マイクロソフトは真顔でやっているはずだ。ダンスエボリューションというよりも、そっちで革命的な気がしてならない。他社も盗んだ技術で「裸体で操作できるセンサー」商圏に追随してくる前に、マイクロソフトはビリー隊長とひなことコアリズムを確保しておく必要がある。私のまわりだけでも、コアリズムのkinect版が出れば絶対買うに違いない女性が数人、確信を持って思いつきます)

 あんまり注目されていないが、個人的には、犬や猫ではなく、リアルな猛獣たちと戯れようという『Kinect アニマルズ』が、大化けする可能性があると思ってる。



kinect

 しかし、このソフトでも、プレイヤーの女性が一緒に跳ねようと飛び跳ねているのに、アニマルは宙返りしている、というような場面があった。手入力のコントローラーであれば、コマンドでそれが「昇竜拳」なのか「サマーソルトキック」なのか指示できたが、カラダを使うとなると、本人はジャンプのつもりだが跳んでいると認識さえされないとかいうことは当たり前にあるはずで、残念な運動能力で表現される「昇竜拳」をkinectはそれとどうやって認識すればいいのか、という点が、疑り深い私は、まだ心配。

 それでも、これは。
 まぎれもなく発明である。
 なにも身につけず、裸体で複雑な指示をマシンに与えられる。
 その技術を、たとえば手指にクローズアップして使えば、手話ならぬ文字通りの手操作も可能になるはずで、そういった使い方であるならば、手話が複雑な会話をきちんと伝えられるように、ゆくゆくは世界共通のマシン身体言語のようなものが策定されることもありうるだろう。

 小指と親指をくっつけて、中指で空中を三回ひっかく。
 それが、世界共通の車のエンジンスタート方法になるかもしれない。

 コントローラーがいらないということは、あらゆるリモコンのたぐいが必要なくなるということであり、指づかいをマシンの側が見て正確に認識してくれるのならば、ブラインドタッチのできる人であれば、キーボード自体は、いらないことになる。画面のなかの動物を愛撫することができるのなら、こちらの指先の動きで、ネット回線の向こうのなんらかの器具を操作することもできるわけで……

 それはまさに、Xboxに関して以前話した、そこに戻っていく流れだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SeXbox』のこと(増量中)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 技術は、愛し愛される人間の営みに新たな潤いをもたらすものであるべきだと信じてる。
 ヒトが感動するのに、完成度はそれほど必要ない。
 安っぽい、オモチャでいいんだ。
 遠い土地にいる、画面の向こうのそのひとと、見えているし話しているけれど触れあえない、そういう状況で。たどたどしくても、こっちが動かした指の動きで、向こうのテーブルの上のぬいぐるみでもいいから、かわりに触れてくれたら。

 感触なんて、心で感じられると思う。
 たぶん、それは飽きないゲームになる。

 Kinect。
 神様はなにも禁止なんてしていない。
 世界、ちょっと変えちゃってみて。

kinect