最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ



 昨年暮れのツイッターから転載。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アマリリスを株別けした。三つだと思っていたら四つに増えていて植木鉢も土も足りなくなったので、とりあえずいちばん小さいのを新聞紙でくるんで眠らせる。あした土買って帰って植えてやるから待て。
Dec 28th, 2009

球根と根っこでプランターがほとんど埋まっていた。鉢底石のかわりに敷いていた発砲スチロールにまで根がびっしり。
Dec 28th, 2009

ほとんど「隙間に土が挟まっている」ほどの状態だったのに、それで今年も咲いたのだからエラいものだ。
Dec 28th, 2009

可愛がらないのが咲かせる秘訣、とか書くと、なんか淫靡。
Dec 28th, 2009

帰宅。アマリリスの鉢別けを続行。夜中に道路脇で植木鉢並べて土いじりすると、ゴミを出しに行く人たちにビクっとされるのだが、これが私の日常では夕刻なのだ。ちなみに昼ご飯はデフォルトで17時である。仕事の日も、そうでない日も。
Dec 29th, 2009

まあ。ふだんからグラサンのアメリカンバイク乗りとして認識されているので、花をいじっているのがいかにもな妻ではなく実は私のほうだというのが、恐ろしいのかもしれないが(笑)。
Dec 29th, 2009

twitter / Yoshinogi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 妻の実家が花屋なので、家族は年末になるとしめ縄売りの手伝いにかり出され、しかしわたしはわたしで年末も休みのない仕事なため、ひとりで長い夜をすごすことになるのだが。
 この冬には、やっておきたいことがあった。

 我が家のリリスのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『幽閉のリリス』の話。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 プラスチックのポットから巨大鉢に植え替えて十年ほど。
 七年目の春にようやく一輪の花をつけたアマリリスは、その後、咲き乱れるようになった。
 それはもう、激しすぎるくらいに。
 どう見ても、生えるところがなくて曲がった位置から飛びだして親を泣かせる親知らずな歯みたいに、鉢のあちらこちらの不自然な位置から葉がのび茎がのび、窮屈な様子なのだ。

 どうやら、球根そのものが増えているらしい。

 球根植物の増殖は、子供というよりは、クローンである。
 花が枯れたあとにタネもできるので、そこから増えるというのがまっとうな子孫繁栄の方法のはずなのだが、咲き乱れたあとに、球根を太らせるために茎を切られたリリスは、そのタネを蒔くことはできない。

 花を斬られ葉だけになったリリスに水をたっぷりやり、球根を太らせる。
 来年また、茎と花を愛で、斬りとり、種を朽ちさせるために。
 その姿に私がなぐさめられるために。
 幽閉のリリス。

 というのが、数年前のお話でしたが。
 生みかけたタネを何度も斬られているうちに、幽閉のリリスは、ついに自分自身の分身を生みだすことで、牢獄のなかに仲間を、家族を、創りあげたのです。しかし、ひとりではゆったりと暮らせた牢獄も、数人の自分自身と暮らすには狭すぎる。見る間にリリスは、やつれてゆきました。

 まず物理的空間がない。
 そして食事が減り、太陽も遠い。
 自分自身の影に、リリスは痩せていく。

 わたしは。

 えらぶことができる。

 リリスの分身を、リリスと認めるか、どうか。
 アマリリスが花を咲かせたあとにできる種子は、まだ芽をふいていないのだから、それを斬り朽ち果てさせることに痛みは感じない。それはたんなる、タネだ。タネは個人ではない。
 だが、リリスの分身たちは。

 葉をのばしている。
 茎をのばし、花まで咲かせている。
 それは、もう、タネではない。

 とにかく、掘り起こすことにした。
 年の瀬、ひとり。
 リリスを引き抜き、床にひろげる。
 土をはらう。
 その恥ずかしい部分が見えてくる。

 いびつだ。

 中心の大きなリリスに、添うようにふたりのリリス。
 変形し、丸い球根の形さえ成していないが、それでも茎をのばし花を咲かせた。
 手をのばす。
 私のリリスから、リリスの分身たちを引き剥がす。

 みしっ、と音がする。

 つながっている。
 怖いほど、ひとつになっている。
 力尽くに剥いで大丈夫なものなのか。
 けれど、わたしに迷いはない。

 ぱきり、と折って剥がして。
 それでもしも逝くのは、クローンたちだ。
 わたしは、痩せゆくリリスを、ふたたび孤独にしたいのである。
 ああ、そうだとも。
 力尽くでも。

 ぱきり。
 ぱきり。

 剥がした。
 ふたつに思えた分身たちは、剥がしてみればみっつだった。
 ひとつは、ひどく痩せている。
 まだ、茎も出したことのない、幼い丸みだった。

Amaryllis2010a

 そして、しばし考える。
 リリス増殖。
 正直、何鉢も欲しくはないのだった。
 燃やすか。
 それとも、朽ちさせるか。
 思いつつ、見つめて。
 けっきょく、わたしのリリスは陶製の黒い大鉢にのこし、リリスの分身たちを、プラスチックの安価な買い置きの鉢たちへ移すことにした。
 それぞれの部屋をもてば、待たず、分身たちも大輪の花を咲かせることだろう。
 けれど、部屋の大きさは、わたしのリリスがいちばん大きい。
 特製の牢獄。

 そして春。

 わたしのリリスが咲いた。

Amaryllis2010

 分身たちは、育ちこそすれ、いまだ、つぼみ。
 分身たちが咲き誇るころ、わたしのリリスはすでに、わたしに今年もまた、斬り捨てられていることだろう。

 なんらかわらない。
 孤独なリリスを愛でる。
 増えたところで無駄。
 クローンも、やはり、他人。
 個人を個人たらしめるのは、関係性である。
 わたしの目には、たったひとりのリリスが映っている。
 もう、十年になる。

 アマリリスの花は、咲けば三日ともたない。
 すぐにお別れ。
 リリス。
 また来年。

 春が来る。
 土の牢獄の鍵が開く。
 当たり前のように、扉を開ければそこに立っている。
 わたしを、どう見ている、リリス?
 成長はとめられない。
 また、斬る。
 笑顔ではないな。
 ため息をついているかもしれない。
 それでも、なにもかわらない。
 
 リリスが教えてくれたこと。
 くりかえす。
 季節というのは、美しいよな。



 これは、映画や小説のなかのことではありません。
 ゲームコンソールを使って実際に起こっている、
 サイエンスフィクションの現実化です。


 ピーター・モリニュー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今年もはじまった。
 Electronic Entertainment Expo
(エレクトロニック エンターテイメント エキスポ)
 通称、E3。

 新型Xbox360、発表。

XBOX

 いやこの安さは在庫整理なんだろうなあ、ということを前回書いたところだったのですが、来週、新型が出るそうです。おーけーおーけー、納得ずくで買っているのだからいいんですが、これでわたしはXbox360を発売と同時に、そして新型に移り変わる直前の最後の旧型を購入したわけで、感慨深ささえおぼえます。

 (しかしまさかこんなに早く新型が発売されるとは……本体アカウントの移行は年一回しかできないし、RROD三年保証もあるし、おそらく、わたしがこの新型を所有することはないと思われる。Xbox360のデカさも愛していて、無線LANを信用していないわたしにとっては、新型に対する憧憬というものは静音性というところにつきますが、初期型からエリートに変えた時点で、まったく無音に感じている私には、なんのことだが理解さえできません。ただ、今後、周辺機器が新型にあわせたツヤテカ『リキッドブラック』に統一されてしまうのだとしたら、つや消しブラックエリーターの身としてはさみしいことですけれども)

 海の向こうでは、新型が出ることで旧型を在庫限り値下げするという発表があったそうで。それが日本でもおこなわれるなら、そこにだけは、ちょっと涙目。まあ、日本ではそもそも流通量が少ないですから、わたしのようにたんに壊れたタイミングで買うひとや、なに新型のてかてかエリートのマットででかい黒が好き、というひとや、横腹にファンがついているって立て置かなくちゃダメってこと? ずっと横置きで使っているのに、というようなひとたちが、いまの価格で充分在庫を処理してくれることでしょう。

 なにより、新型ではハードディスク無し本体の選択肢がなくなったというのは、わたしのような初期型20GBからの乗りかえ組とは違い、すでに大容量HDDでプレイしていたかたたちには、なにおう、というところじゃないですか。本体が壊れたらアーケード(旧型のハードディスクなしモデル)を買うという流れは、確実に存在していましたもの。

 とはいえ。
 なんにせよ、モデルチェンジというのはそういうもの。
 というわけで、わたしはぜんぜん満足なんですけれども(クドい(笑))。
 前回、旧型をオススメしたのは、訂正しておこうかと。

 いまからXbox360を新しく買うあなたなら、新型を選ぶべき。

 ちょっと高価いように見えるでしょう。
 でも実は、旧型ではあったいろいろな問題を、すべからく解決した素敵マシンなのです。初期型から、あれを足しこれを足し、けっきょく壊れてエリートコースなわたしから見れば、選択肢一択というのは、うらやましい限り。
 安心感が違います。

 ゲーム機に、安心感て(笑)。
 そういうことを、何気に言ってしまうくらいに、発売からの五年は、まだまだ実験期間でした。ファミコン以降、こんなに長いスパンで、ひとつのブランドを育てあげたゲーム機は存在しません。これは、高機能な21世紀のゲーム機が、はじめてなしえた、熟成というやつです。

(PlayStationからPlayStation2まで5年、PlayStation2からPlayStation3まで6年。XboxからXbox360までが4年でしたから、五年を越えていまから新型でさらに継続というのは、コンシューマゲーム機というもの自体の熟成といってよいかもしれません。Xbox360が完全ではないもののXboxへの下位互換を持っていることや、Sega WestのMike Hayes社長がXboxLiveに向けてドリームキャスト時代の作品を大量配信するという発表をおこなったことなどをあわせ見れば、現在のXbox360が立つ歴史的位置は、ほとんどひとつの「時代」と呼んでよい)

 新型Xbox360。
 ファンのひとりとして、太鼓判を押す。
 あれだけの犠牲をはらったのだから、この新型が、すばらしいものになっていないはずはないのです。犠牲者のひとりが褒めちぎるのだから、信用するがよろしい。

 いっしょに、HALOをしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Halo3ベータテストと仮想うつつ』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HALO

HALO

HALO



Bungie.net : Halo Reach



 というわけで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『生機必滅会者定離、Xbox360、RROD』の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Xboxのサポートにハードディスク転送キットを申し込んだのですが。
 いつも感じるのですけれど、なぜあそこは、最終的に電話でなければ受けてくれないのだろう。

 最初はメールで問い合わせてみるようにしている。
 私自身も客商売をしているし、メールという手段があるのならば、そちらを使ったほうが早くて正確という場面は、多々ある。

 たとえば、今回のように。
 古いハードディスクから新しいハードディスクにデータを移すための、専用ケーブルがマイクロソフトから無料提供されているのだけれど、だれも彼もが申し込んでくることを防ぐため、申し込みサイトは存在せず、サポートに電話して「転送キットくださいませ」と言ったうえ、新しく買ったハードディスクのシリアルナンバーまで伝えなければ、もらえないというようなとき。

 住所も、名前も、電話番号も、メールアドレスも、シリアルナンバーも。
 電話で正確に伝えるのは、非常にむずかしい。
 なぜメールで「電話してください」と返信することができるなら、メールで住所を訊いてくれないのか。

 しかも、いつものことだが、マイクロソフトの上品なサポートの嬢さまは、メルアドを間違えないように、みょうな復唱をする。

「ヨーロッパのワイですね?」
「……ああ……はい」
「オクトパスのオーですね?」
「……はい」
「シンガポールのエスですね?」
「ええ、ええ、はいっ」

 Yoshinogiのあたま三文字目で、イラっとする。
 ちなみに電話を録音していたわけではないので(むこうは録音している。録音しますという断りも最初に入れられている)、並べられた単語のひとつひとつをおぼえているわけではなく、うえの三つもそんな感じだったという程度の正確さなのだが、いつも、うっすら思うことがある。

 たぶんそのマニュアル、アメリカのマイクロソフトのを日本語直訳したんでしょう?

 単語のセレクトがそういう感じなのである。
 やたら国名とかが多い。
 日本なら、ふつうに考えて、

「ヨモギモチのワイですね?」

 のほうが伝わると思う。
 ちなみにさすがXbox本部の嬢。

「ゲームのジーですね?」

 そこは絶対にゆずらない。
 ええ、ヨシノギのGはゲームのGですとも。
 間違いない。
 ゲーマーで、オンラインが売りのXboxの本体を何台も買おうというユーザーに向かって、幼稚園児向け英会話教室みたいなことをやる意味が不明。メールを送らせろ。ていうか、そのあたりがツメが甘いなあと感じるのだが、こっちは新しく買った本体にデータを移すためのキットを要求しているのである。ということは古い本体があるのであって、ならば言わずもがな、私の個人情報は、マイクロソフトの製品登録にいくらでもあるはずなのである。年間、マイクロソフトからいろいろなものを送ってもらっている。LiveIDをなぜ訊いてくれない。それで済む話なのに。

 たぶん、メールだと行き違いになって、いやオレは受けとっていない、いえそれはたぶんお客さまのメーラーの設定が……なにおう、貴様オレのほうが悪いってのかぁあっ、みたいなことが起きるからだと推察するのですが。
 しかし、マイクロソフトなのに。
 電脳世界の王が、

「生声が聞こえないと不安なの」

 なんていうのはなんか……失笑です。

(で、いつもだが、最終的に復唱してもらうと、何カ所か間違っていて、それを訂正するのに、また時間がかかるのであった。まったくもう)

 それはそうと、昨日の話。
 大阪物流センターができてから、我が家には新作ゲームがちゃんと発売日の午前中に届くようになったAmazonさんのメール便によって、届きましたよ、

 『グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ』

GTA4

 (あまりに近所から本日発送しましたのメールが新作発売日前日にとどくので、もしや発売日前に届いてしまうのではと期待するのですが、そこはちゃんと翌日まで届かないものなんですね)

 本編とは別会社から出るからどうなるんだ、実績は?
 なんてツイッターでもつぶやいていましたが。
 あら不思議。

 Xbox360本体では、ちゃんと『グランド・セフト・オートIV』としてインストールされ、実績も「追加」という形。実質、本編を発売したカプコンさんとちゃんと連動したダウンロードコンテンツ的あつかいになっているのでした。
 みならえオブリビオン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『対戦オブリビオン』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (追加パックとしてリリースされるはずだったので本編を貸していた友人に返しやがれとメールを送ったくらいに楽しみにしていた『The Elder Scrolls IV: シヴァリング・アイルズ』は、延期の果てに追加パックではなく、本編と抱き合わせで発売というおののくような決断が下されたのでした。なんとセーブデータが引き継げないという。本編をまたイチからプレイしろと。ふつう、追加パックって、本編をしゃぶりつくしたヒトのためのおやつだと思うのだけれども。技術的にいろいろあったらしいにせよ、長大なるRPGで、育てた自分をゼロに戻されるくらいなら追加パックなんて欲しくない、という感情的購入拒否者は、わたしもふくめ多数いただろう。逆説的には、あなたが『The Elder Scrolls IV:オブリビオン』を未プレイなのであれば、本編と追加パックをひとつにあわせたコヤツは、お詫び価格で安くもなっているし神さまのおぼしめしです。ぜひさわってみて)

XBOX

 ところでこのカタチだと『グランド・セフト・オートIV』をプレイしていない人の本体ではどうなっているのでしょうか。
 本編の実績は、なし?
 鳥インフルエンザの鳩は狩れないの?
 追加パックだけでプレイできるというのは、いろいろ謎です。

 『グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ』の日本語訳は、まだ冒頭さわったばかりですが、おおむね良い感じ。ときどき、訳しかたよりも「見れる」のような日本語表現として「おいっ」という部分が目につく程度。文句はない(ただ、ゲーム起動した直後の警告文の改行位置がおかしなことは、毎回目につくので気にはなる。全体として、最終的に日本語のスペシャリストが通してプレイしてはいない感が否めない)。

 あ、そうだ。
 XBOX360ハードディスク転送キットについても、ひとこと書いておこう。

 わたしも申し込み前はネットでの感想などを読み、転送に数時間かかるなどという方もいらっしゃったので、万全を期して転送元にパッケージソフトのインストールは残さず、なるべく軽い状態で挑んだのですが……

 結果的には、10分もかかりませんでした(笑)。

 ものすごい身構えてスピアータックルったのに肩すかし。
 よろめきます。
 いまさら少ないとは思いますが、20ギガバイト程度を転送しようと画策されているかたの場合、シャワー浴びているあいだに終わってしまう程度の時間しかかからないはずです。ただし転送中に、向こうから質問を投げかけられる場合がある(転送先のハードディスクに、なんらかのデータがあったりした場合)ので、答えないと転送は途中停止したままになりますから、五分に一回くらいは、作業の進行状況を覗いたほうがよい。
 という豆知識。

 というような。
 どうということもない話でした。
 あたりまえにゲームができる、このしあわせ。
 しかし、からっぽになった初代360ハードディスクが寂しげ。
 考えてみれば、壊れてもいないのに使うのをやめるハードディスクって、はじめてかもしれない。
 なんとか紅三瞳死亡のヤツを生き返らせたいな。
 でも、エリートを知ってしまうと、初代の爆音に慣れていた自分が怖くなるくらいで。
 必要ないのにアーケードとかに手をのばしてしまいそうです……

XBOX